Calendar

<< 2011/2  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

記事一覧

フエイスブックとブラックパワーのすごさに脅威に感じております。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.02.25 (金)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
フエイスブックとブラックパワーのすごさに脅威に感じております。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

チュニジアで起こったデモがエジプトのムバラク政権を倒し、今がカダフイ大差率いるりビヤにまで飛び火し、内乱の様相を呈しております。

りビヤは、石油産出こく第8位です。
それが、世界最大のサウジアラビヤにまで飛び火しそうな勢いで、
高齢のサウド王がモロッコの静養先から帰国して、バーレンの国王と急きょ会談して、不満の青年たちに色々有用な施策打ち出したそうです。

日本でも、この影響がガソリンの高騰として顕在化してきました。
ドバイ原油の高騰は食糧、特に小麦粉もすごい高騰です。

それによって消費者物価も上がってきます。
生活費は上がっても給与は上がりません。庶民は節約に走り、中小企業は、自分の商品に価格を反映できません。出来たとしても、タイムラグによって中小企業の倒産は増えるでしょう。

また、日本の政治も自分たちの事ばかりで、政治家でなく、政治屋が増えてしまったのです。

国民生活に此の政局では予算も通らず、混迷を深めるでしょう。
アメリカはアメリカで親米のムバラクだ追放されて、困惑しております。

次は中国が渦中になるのを恐れて、インターネットを遮断しています。
しかし、海外の華僑には何も通じません。
さすがの胡錦涛政権も天安門の鄧小平のように内政問題と片付けるわけにいきません。

海外の華僑に手を焼くことでしょう。
ロシア・メキシコ・インドネシア・ブルネイ・イギリスは「もっとやれ・もっとやれ」と手を叩いていることでしょう。

北方領土と言い、原油の高騰と言いこんな良い状況がロシアにとって有ったでしょうか。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
ファイル 808-1.jpg
今この中東の国々かインターネットの力を借りてチュニジア・エジプト・リビヤの独裁政治体制を倒し、また崩壊寸前に追い込んでいます。
バーレン・サウジアラビヤにまで飛び火しそうな雰囲気です。
世界はどうなるのでしょう。食料の高騰を叫んで、インドまで飛び火しました。

ファイル 808-2.jpg
食糧危機にビッグなソウセージはいかがですか。
左端の小鳥と比較して下さい。
ソーセージツリーと言われています。

ファイル 808-3.jpg
此の貧困から抜け出そうと若者が立ち上がり、一般庶民にまで拡大したのです。
かっての昭和35年の60年安保の日本の時も、おばちゃんまでがデモに加わり、羽田で、東京で100万にデモに発展して『樺 美智子』さんが圧死して岸内閣が倒れたのです。


                           
ファイル 808-4.jpg
どこに行っても富裕層は存在致します。
ブラックパワーもすごいです。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901