Calendar

<< 2016/6  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

キリストの修道院としてのモンサンミシェル

2016.06.20 (月)

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

この岩盤の孤島に干潮時のみ、それも、硬い足を取られない砂洲の上を資材を運び込むか、満潮時に筏で資材を運ぶかの方法しかなかったのです。

それも、満潮時は潮の流れが速く、難儀をしたことでしょう。
このような理由で、建設に800年もの歳月がかかったことでしょう。

日本人はこんなに気が長い壮大な工事をされた歴史がないのです。

モンサンミシェルの教会の屋根はフラン産の
玄昌石が使用されています。
日本では、宮城県産の玄昌石が東京駅に使用されているのです。
とくとごらんください。

ファイル 1562-1.jpg

海風が強く防止が飛ばされないように光子

ファイル 1562-3.jpg

かっこをつけてモンサンミシェルをバックに
ファイル 1562-4.jpg
人力の荷揚げ用のエスカレーターです。
この岩盤の細い道を荷揚げするのが大変なので1000年前に考えたものです。
人知とはすごいものですね。

ファイル 1562-5.jpg
こんな粋な水栓があるのです。
この辺りは真水が出るのですかね。
でも、この岩盤に井戸を掘ること自体大変ですね。
もし、送水管で送るとしても圧力の関係でとても大変ですよ。