Calendar

<< 2018/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

地球の裏側、パイネ山群

2018.11.22 (木)

 開拓のための囚人列車が壊れたエンドレスの観光案内を耳の痛いほどする。騒音の極刑である。
 荒涼とした開拓の牧場は開ける。極寒の寒さと飢えで死んでいった極悪でも仏は救い、アウシュビッツの有様であったろう。囚人たちの霊がとりついた白く残った切株も彼らのシャレこうべのように映ってくる。
 今は、弁慶号の様な列車もドル稼ぎの観光列車だ。命のすごさに驚き数十億万年の時を刻み、人間が地球の頂点に君臨し、環境破壊で己の子孫を死の淵に追いやる輪廻転生だ。
 幻のパイネ山群、我々の前に全容を現し、鋭鋒がそそり立っている。森の樹木の幹の白さを際立たせ異様な光景が広がる。環太平洋造山活動でできたので硫化水素であるわけがないのです。
 鋭角にとがった「TORRE」2880m、赤い御影の火成岩と水成岩がガチンコ下したです。快晴といっても風は日本の北風より冷たく、岩陰でランチ、幻の山々を見ながら、極上の気分です。マントル対流のすごさを目のあたりにしながら翌朝AM4:00南極に向かってバスの旅。
 saint exupery 25583m、poincnot 3002m、fitz roy chalten 3405m
これが世界のクライマー引き付けて、ハーケンを握らせるのです。
 南極の暴雨圏、風速70m世界、冒険家、正体不明の人物像。三浦雄一郎、植村直紀、星野道夫、いろいろ命がけの群像が存在するのです。
人間って不思議がいっぱいで判りません。AIでも解析できないでしょうね。それともともできるのかな? 

パイネ山群で道に迷って。

2017.08.10 (木)

パイネ山群といっても何処の国あるの分からない人の方が多いと思います。南米の地図を想像してください。マゼラン海峡やフォークランド諸島のあるアルゼンチンです。
そこには、頭がラクダで体が鹿の「グアナコ」や飛べない鳥でダチョウのような「レア」・別名マウンテンライオンと呼ばれる1~1.9mの大型猫「ピーマ」などの珍しい動物の生息地です。
そして、この不毛地を誰が詐欺まがいに売りに出し、移住が始まったのですが、人は住めず農作物は育たず、故郷に夢破れて戻ってしまったのです。
そんな秘境に鋭角の山々が林立しているのです。遥かな恐竜が生息し絶滅の危機にあった2億年以上の、日本列島がぶつかり合ったり、50km及ぶ火山の爆発、富士山が3つの山がくっつきあってできた時代に環太平洋造山活動によって、ヒマラヤ、ローキー山脈、アンデスの峰々が隆起したのです。
アンデス山脈は隆起した山々の峰が直角にぶつかり、南米の南端では赤い花崗岩と白い花崗岩の鋭い峰を作り3000m級の山脈が出現、他の安山岩の山々は噴火によってできているのです。赤、白、黒の神のなせる世界の奇峰が造山されたのです。鋭鋒は雪も積もらないような針山です。太陽が出ていても氷河湖、雪山によって、アンデス降ろしの風は冷たく風邪を遮る陽が当るところで、皆ランチを取り、休憩をとっての帰り道です。
私は、小川の橋の付近で足が疲れのためツレ、光子にもんでもらい、同行の2組の人に漢方のツレの緩和剤をもらって、びっこを引きながら歩き出したのです。ところが、レンジャーが2人いたのですが、途中から、下山した人がいてその人とレンジャーが同行したため、先頭を行くレンジャーだけになってしまいました。1本道で帰れるということが先入観があって、二股に分かれるところに標識があったのですが、ポルトガル語は理解できず何も迷わず登りの方に行ってしまったのです。前後に人影見えずドンドン行ってしまいました。
行けども行けども誰も見えませんでした。もし、この時レンジャーが私がいないことに気づかず、戻ってこなかったら今の自分はなく間違いなく凍死していたかもしれません。夏といっても夜は、氷点下のアルゼンチンの最南端の出来事です。
凍死をしていたら今の子供達の生活もないのです。そして、探しに来たレンジャーが私のカメラの入ったリックを持ってくれたのでが、足は上がらず牛歩のような歩みでした。もしも、この時ブッシュの株に足を取られ、倒れたら怪我をしていたのです。
 レンジャーが携帯で合流をした事知らせようと鳴らしましたが、ホテルのレンジャーの繋がないのです。
2時間遅れでホテルについて、ツアーの同僚の目の冷たかったこと自分の犯した間違いで起こった事です。土下座下のです。生涯忘れることのできないことでした。、頭を下げ謝罪したのですが許してもらえず、南極行きの船の中で妻と悩みました。
 船中での食事は仲間と取るできず、大勢の知らない人と会話ができたのです。世の中面白いものですね。この時知り合ったのが33次越冬隊長です。南極の帰りの航路は楽しい時間を過ごしパイネ山群のいやな思い出も今は楽しい思い出です。悩む前に、チャンスを力ずくでつかみ取ることが素敵にむすぶのです。
人間万事塞翁が馬です。

教訓:何事も悩むな。チャンスは訪れる。七転び八起。人生すごろくです。万事塞翁が馬と思へ。

搭乗機の右翼がめくれて。

2017.08.10 (木)

 私たちが南極に行った時のことです。シアトル発ブエノスアイレス行に搭乗したのです。どの位乗った時かは覚えておりませんが4~5時間は乗ったことでしょう。機内のアナンスがあったのですが、スペイン語のため私たちの日本人のガイドすら理解できずウロウロする始末です。
 乱気流に飲み込まれ30分くらいでしょうか、機体が大きく揺れ、一度も経験したことない長時間機体はガタガタと揺れ続けたのです。
妻はは、生きた心地がしないと話してくれたのです。しかし私は屋根葺き師です。家が鋸目を入れても揺れることになれているのです。そんなこと意にも介さず文庫本を読んでおりました。
瓦葺き師として職業柄いつも危険にさらされているのです。その私ですらどうもおかしいと気付いたのです。どうも飛んでる時の状態が平常でないと思いました。そのうちどこの国だかも理解せず飛行機は緊急着陸したのです。
 搭乗機が滑走路に安全に着陸し停止しました。乗客は、ガヤガヤと立ち上がるもの、みんな右側の翼の方を見て、驚く人や指をさして説明をする人など驚きを隠さない状態です。他国へ乗り継ぐ人たちや困り顔の女性などが不安を増幅させ機内はどよめいてていました。
 やっと日本から同行した添乗員も理解したのか私たちに説明を始めました。南米のどこかにの国へ緊急着陸したです。エアポートに着陸したかそれでも分らず誘導されるままに下乗したのです。。
やっと、ウルグアイの田舎の飛行場に緊急着陸したことを知らされました。とうとう飛行場の名前は解らずじまいでした。
待つこと、2時間ぐらいでしょうか、アルゼンチンのブエノスアイレスに向かって飛びたち、日本から来た南極行きのツアーの人々の顔に安堵感が戻ってきました。
 乗り継ぎでブエノスアイレスの飛行場に降り立ち、迎えのバスに乗って市内観光です。私たち夫婦は、2度目のブエノスアイレスです。マチュピュチに行ったときに立ち寄ったのです。
 だれが見つけてきたわかりませんが新聞を手にして私たちが乗った飛行機の右翼がめくれた写真付きでした。早速、私も購入してハプニングの思い出として持って帰り、今はスキャナーで取り込み印刷できるようにしてあります。
これも、思い出の一コマです。人生ハプニングがあるものですね。

教訓:機体もろとも墜落していたらどんな人生だったでしょうね。
何時も人生完全燃焼。振り返れば、皆素晴らしい旅の思い出です。悔いは残すな。人生は映画の一コマと思へ。

アザラシに追いかけられて。

2017.07.30 (日)

世界の秘境、早朝のパインネ山群の空はブルーに低い雲がたなびきいておりました。
パイネ山群は鉄分を含む赤身かかった石灰岩と三葉石やプランクトンの白い石灰岩が地球の自転や遠心力によって垂直にぶつかり合ってできたのです。

バスは1度撮影ポイントに停車し、南極航路の出航地ウイシュアイアに向けて走り続けました。
周りは不毛の大地で何もなく、ウイシュアイアは南米一の安全な観光地です。
ホテルに入り、沢山のツアー客と合流したのです。
また、南極のお土産も最後とあって、妻は息子や嫁さん達に沢山買い買い、それでも足らないともう一度出かけて行きました。
翌日の午後、砕氷船のような船に乗り込み、アンデス山脈も海に溶け込む景観を船窓から静かに見入っていると船は滑るように出航しました。
アンデスの山々が見えなくなるまで、船窓から見入ってやっと南極に来た実感がわいてきました。白夜のため午後11時にになっても空は白々としているのです。寝入って午前3時ごろでしょうか船が大きく揺れ始まりました。
気だるくて、カーテンも開ける気がしません。船は、ぎーぎーときしみながら進んでいます。暴風圏を通過しているのかと今までの凪が信じられません。白夜の中、うとうとと眠りに引き込まれました。
朝の船内放送によれば早朝暴風圏を通過したそうです。すごいシケだったそうです。妻は、酔い止めの薬を飲んで床に就いたにですがの頭が痛く朝食が咽喉に通らなかったそうです。そんな船酔いの方が10人以上いたのです。
甲板に出るとひんやりした夏の南極の冷風が顔を通り過ぎてゆきます。
海は凪、空は日本の秋のような雲がたなびき、南極の季節の早いうつろいが眼前に現れてきました。誰彼となく。カメラのシャッター音が周りから聞こえてきます。
遠くにペンギンも見え始め海鳥が飛んでゆきます。
島には観測用の色鮮やかな建物も見え、流氷に乗って蟹食いアザラシが現れてきました。シャチ・アホウドリの出現を船内放送が知らせます。
南極大陸上陸2日目の事です。
パラダイス湾でとんでもないハプニングが起こったのです。
見晴らしの良い頂上部をトレッキングし、降りて湾近くに来た時のことです。周りにクルーズの添乗員が何人か配置され、ロープもあり当然、南極の植生を荒らさない為のことと思っておりました。
私が、少し右側の道よりを撮影の為ロープぎりぎりに寄ったのです。岩が突然動き出し「どさり、どさり」と大きく動くのです。南極象アザラシだったのです。
私は、恐ろしくなって私は駆けだし飛びのいたのです。飛びのいたところにも、大きな岩がありました。その岩も、私に驚いたように動いて襲ってくるではありませんか。
こちらも南極象アザラシです。大きいのですと6m、重さ4トンもあるのです。雌でも4mの体躯で重さが1tはあるのです。
まさか岩が動くとは思っていませんでした。南極象アザラシに取れば、昼寝を邪魔されたとばかり怒り狂って襲ってくるのです。
周りにいたスタッフがどうしたかは知りません。南極象アザラシも静止されて、象アザラシも落ち着いたのでしょう。追いかけてくるのをやめたのです。
私もやっと落ち着きを戻し息を整えました。
今度は、別の海の方に行きました。突然、鳥が飛び立ちました。昨夜南極講座で講師の方です。そちらはナンキョクアジサシの営巣地です。いけませんときつい言葉で制止られたのです。一瞬とムッとしましたが、南極の生態系を守らなければいけないと自分に言い聞かせ、オットセイのいる方に行って写真を撮影しました。
今日は、象アザラシに驚いたり、アジサシの営巣地に行って制止されたりめったに味わえない南極の一日でした。
日本に帰ればこれも旅の恥は捨て去り、良い思い出だけが残るのです。

教訓:南極は岩のように見える象アザラシに気を付けよ!!。おこると猛スピード追いかけられるのです。大きなこげ茶色の物体にキオツケよ!。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>