記事一覧

氷雨降る熊野古道と最南端の潮岬と橋杭岩

2017.03.21 (火)

100条委員会、ストリーありきの感がして、百選錬磨の石原さんを攻めきれなかったですね。

卸売業者は過去より未来を見据えてくれ。そんな意見ですが、これだけ風評を悪化させては、問題があって、豊洲は難しいですね。

石原さんも、小池さんに不作為の問題を提起してます。オリンピックのカヌー競技場の問題も元のさやに納まり、これも、迅速さをを欠きました。

石原さんと小池さんは、選挙の因縁ですかね。オリンピックの選手村への道路、どうなるのでしょうか。
線も可委員会の結論は地上の市場は問題なしの結論ですが。科学根拠より政治問題ですね。

************************************************************

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

ファイル 1686-1.jpg
那智の滝と那智神社

ファイル 1686-2.jpg

雨の中の熊野古道

ファイル 1686-3.jpg
バス停付近の熊野古道。
杉木立でないと絵になりません。
平安時代から信仰の場所で神社と仏教の神仏混交です。

ファイル 1686-4.jpg
何も見えない風のすさぶ潮岬灯台。

ファイル 1686-5.jpg
どんより曇った橋杭岩。かってトルコ海軍が嵐に遭遇して、村人たちが必死になって乗組員を助け、オスマントルコまで届けたのです。

その恩返しに、イラン・イラク戦争状態になった時48時間以内にイラン在住外国人に対しフセインは48時間以内に国内退去命令を下したのですが、日本人は、自国民を助けるためにどこの国の飛行機も満員で乗ることができず、パニックになったのです。

日本尾官邸の危機管理の欠如で民間の航空会社は拒否、日本射特別機もなく万事休すの時のトルコ航空機が飛来し、1時間15分前にイラク国内を脱出、216名は救助されたのです。
100年前の恩返しを忘れなかったのです。
トルコの歴史の教科書には掲載され、トルコの国民は皆知っているのです。知らないのは日本人だけですって。

夜のイスタンブールの城壁を散歩しているときに日本人かと聞かれ「そうだ」と答えると歓迎され、光子と5人で野外パーテェイをして、親交を深めたのです。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「1234」と入力してください。(スパム対策。)