記事一覧

高速道路を平然と牛の行列

2017.10.10 (火)

 中国の「新シルクロード」は西安から約5000km工程にあるのです。そして、前後の旧シルクロードにはロマンあるのです。楼蘭美女をはじめに敦煌・莫高窟・火炎山・孔子の末裔が観光案内してくれた20mの大仏寺、ジンギスカン終焉の地六盤山、張騫が駿馬を求めた突厥、天にも届くと言われる黄土高原、黄河の景勝地炳霊寺、地層の美しい張掖丹霞、雷台漢墓、嘉峪関、三蔵法師滞在したトルファンなどの見どころ一杯の旧シルクロードです。

 新シルクロードには、日本ではあり得ない風景が何処そこあるのです。しかも高速道路を牛が平然と隊列を組んで通行しているのです、その数20頭以上です。
 牛ばかりでなく、羊、ヤギもそうなんです。こんな風景が、野生のリンゴのなる菓子溝と呼ばれる所なんです。流石の暴走運転手も困惑しています。なぜ、こtんなことが起こったかです。

 元々は旧シルクロードは放牧の牛、羊,ヤギの群が渡れたのです。それをつぶしてまで建設をしたのが新シルクロードです。トンネルと高架の橋で渡し、28kmにも及ぶ新シルクロードの建設なのです。
 日本であれば高架の道路に旧道をトンネルで横断できるように設計します。しかし、中国は違い猛スピードで先進国の日欧を抜き米国と対等になり、経済で世界2位に上り詰めたのです。中国は共産党の独裁のお国柄です。
 何も文句はいえないのです。生活道路を、失ったカザフ族は生活のために抵抗をしているのです。
 もちろんカザフ族等の遊牧民族は、毎日馬に乗って新シルクロード通過しているのです。遊牧民族は平然と馬を引き連れ、牧草地に通っているのです。
 日本では笑っちゃいますが彼らにとっては死活問題です。また、この辺まで来ると街路樹も変化し、仏教遺跡からイスラム教に変化し、風景が変わってゆくのです。
 そこに住む人々の食べ物、住まい、帽子、服装までが変化し、人口の70%はイスラム教徒なのです。
 しかし、中国の統治下なると国民は無宗教化にさせらられたのです。
 こんな辺境地で地も、大きなレストランでは日本の袢纏を着用したお寿司屋さんがあり握り寿司が出るのです。
 まさかと思い写真を収めたのです。それも、職人さんの背中の文様は紺地の勾玉でした。
 かわいい3人姉弟がポーズを取ってくれたので撮影し、デナーも終わりバンドが大音響で演奏されるとみんが踊り出し、われわれの女性軍もリズムに合わせ踊り出しました。
 笑顔があればみな友達です。国際交流は人と人なのです。旅に出れば素晴らしい出会いと国際交流が叶うのです。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「1234」と入力してください。(スパム対策。)