記事一覧

アンカレッジのタワーホテルと越後屋

2017.11.27 (月)

1964年3月27日アラスカ大地震が発生、マグニチュード9.2と計測さえたのです。
東日本大震災は、マグニチュードは9.0でした。アラスカの大震災は、人口密度が低いので被害は死者131人に止まったのです。震度では0.2上回ったのです。この地震で、アンカレッジのタワーホテルは被害がなっかたのたのです。
私たちは、今回もインターネットで予約して、息子と落合い、宿泊したのえす。
余談ですが、アラスカ鉄道は、黄色とブルーの列車で、食堂車は、ガラス張りでデナリ山がよく見えるのです。
また、車掌さんは、カッコよくて、ハンサムで女性なら一目ぼれをするほどです。
1日1往復のためデナリ山がよく見えるところで30分も写真撮影のため、停車するのです。
アンカレッジのタワーホテルはキッチン用品や電子レンジがあって自炊ができるのです。また、キャンドルがあらゆるところのあって、北極のホテルの雰囲気がとっても良いのです。
また、徒歩5分位のところに、越後屋という日本のスーパーがあって、生け簀にカニや北の海魚介類泳いでいるのです。
店内には箸や紙の皿、醤油、みりん、お酒、お米は何種類も所狭しとあるのです。
生け簀の蟹、魚を指定すると料理や茹でてくれるのです。私たちは蟹を茹でてもらい。みりん、醤油などで食したのです。
生きたカニをその場でゆでて頂いて食べるおいしさは格別です。
最後に軽飛行機をチャーターし、デナリ山々や氷河、雪原また、断崖絶壁に生息するヤギの群れや点のような海の生き物のラッコ、シーライオン、パフィン、トナカイを機上から垣間見たのです。
3人で、アラスカの大自然を満喫したのです。
息子と過ごした幸せの時間でした。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「1234」と入力してください。(スパム対策。)