記事一覧

マサイ族の知られざる日本人

2017.12.05 (火)

マサイ族はケニア・タンザニアに20~30万人が住んでおります。もともとは、タンザニアに住んでいた先住民族をことを言うのです。
私たちが、2010年8月にあるアフリカ専門のツアー会社でケニアに行った時です。ジープで国道らしき道路をマサイ・マラの国立公園に向けて飛ばし、原っぱに座って、雑談している女性たちのカメラを向けて撮影したのです。そうすると怒ったように、手を横に振ってお金をせびる振りをしたのです。
撮影代をよこせと言っているのでしょう。車は疾走しどうにもならないとあきらめた様子です。ホテルにつきました。コーテージにプールまであるのに驚きました。洒落たホテルです。花壇にはサボテンの様な植木が一面に植えられ、花をつけているものもあって、日本の豪華なホテルを想像させるのです。
格コーテージには、風呂まであるのです。夕方6時ごろサファリの時間になったので、香港で合流した5人が迎えのジープに便乗し出発です。
田村さんの話を聞くうちにこの人は何だと思ったのです。国会議員や都の行政の人々を、彼らは馬鹿そろいとか、くせ者とかけなすのです。
自分は天才と自慢するのです。それも、我々初対面なのです。
恐る恐る田村さんに探りを入れたところ、環境大臣の小池百合子さんの
諮問機関を拝命しているそうです。また、栃木県で8社を経営している社長で、日本カメラ協会に副校長も歴任していることが解り納得したのです。
そんな話をしているうちに、シマウマ、ダチョウ、オリックス、インパラが目の前に姿を現し、妻と二人で驚きの連続です。ジープは屋根が開閉式でカメラの撮影に恰好でした。
しかし、ケニアは国全体が2000mくらいの高地にあって、8月というのに風を切ると寒いのです。乾燥していて、気候は快適そのものです。
チーターが現れたのです。運転手があそこあそこと指をさすのですが、ミツコが双眼鏡を除くのですが見えません。木の上に2頭いて、周囲を見渡しているのですが。
驚くことにマサイ族は裸眼で4.0の視力だそうです。これには驚きました。やっと見つかりましたが、400mmの望遠レンズでやと撮影できる距離です。田村さんは、コネクターをつけて、撮影です。
やっと、撮影できて、ジープは移動しました。象の群れが通り過ぎようとした時です。ヌ~の群れの1頭が突然走り出したのです。時間が止まり、あたりの空気が一変したのです。ヌ~は安全な場所に行って止まり、チーターはブッシュに肩を落とし、元の時間に戻ったのです。象の群れは、何もなっ方ように小象を囲みかえって行きました。
日が暮れ、今日のサファリを終え、興奮冷めやらぬまゝホテルに帰りました。
ロビーにアフリカの画集が何冊かおかれており、パラパラと除きました。そこにはマサイ族の戦士と結婚した永松真紀さんの写真集がありびっくりしました。
マサイ戦士はジャクソンというのです。真紀さんは、一目惚れしたそうです。
マサイ族はほとんどの人が出生日を知らないそうです。時間の感覚がなく、子供、戦士、大人、長老そんなくらいの時間感覚なのです。
彼らは、牛、ヤギの所有棟数で貧困が決まり、また、どれだけ高く飛べるか、またはライオンの脳天割をどれだけしたかで、決まるそうです。
マサイ女性のファッション感覚は素晴らしくびっくりするぐらいです。
また、子供たちは目が済んでいて、無邪気です。また、驚くことに英語のできる青年がホテルに自分の来村するように営業に来るのです。
しかも、契約が決まると携帯電話で村のものとやり取りするのです。
村に太陽光発電で携帯電話を充電するそうです。貧しい村は、歩いて1時間かけて充電所があって、そこまで行って充電するのです。各家庭は電機はなく、土と牛糞を練り固めた1間の10畳くらいの住まいに5~7人ぐらいが住んでいるのです。
また、あたもの良いマサイ族はホテルに勤務し、私たちに食事を運んできた女性は、教えた日本語をすぐに覚えたのです。どこのも頭脳明晰な人はいるのだと感心させられたのです。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「1234」と入力してください。(スパム対策。)