記事一覧

地球の裏側、パイネ山群

2018.11.22 (木)

 開拓のための囚人列車が壊れたエンドレスの観光案内を耳の痛いほどする。騒音の極刑である。
 荒涼とした開拓の牧場は開ける。極寒の寒さと飢えで死んでいった極悪でも仏は救い、アウシュビッツの有様であったろう。囚人たちの霊がとりついた白く残った切株も彼らのシャレこうべのように映ってくる。
 今は、弁慶号の様な列車もドル稼ぎの観光列車だ。命のすごさに驚き数十億万年の時を刻み、人間が地球の頂点に君臨し、環境破壊で己の子孫を死の淵に追いやる輪廻転生だ。
 幻のパイネ山群、我々の前に全容を現し、鋭鋒がそそり立っている。森の樹木の幹の白さを際立たせ異様な光景が広がる。環太平洋造山活動でできたので硫化水素であるわけがないのです。
 鋭角にとがった「TORRE」2880m、赤い御影の火成岩と水成岩がガチンコ下したです。快晴といっても風は日本の北風より冷たく、岩陰でランチ、幻の山々を見ながら、極上の気分です。マントル対流のすごさを目のあたりにしながら翌朝AM4:00南極に向かってバスの旅。
 saint exupery 25583m、poincnot 3002m、fitz roy chalten 3405m
これが世界のクライマー引き付けて、ハーケンを握らせるのです。
 南極の暴雨圏、風速70m世界、冒険家、正体不明の人物像。三浦雄一郎、植村直紀、星野道夫、いろいろ命がけの群像が存在するのです。
人間って不思議がいっぱいで判りません。AIでも解析できないでしょうね。それともともできるのかな? 

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「1234」と入力してください。(スパム対策。)