記事一覧

小樽~余市ニッカウイスキー~積丹半島の男旅

2019.07.05 (金)

 男3人、不精旅の話ですみません。
 1970年代の小樽は、今のような活気はなく申し訳ない都市でした。故照さん、塚田君、私の3人の旅です。
 当時は、石狩炭田の積出港とニシン漁の漁港でした。いつ頃から今の様な裕次郎や運河の倉庫群、海鮮丼の居酒屋はなく観光自体行った記憶がありません。

 当時は、私の青春真っ盛りでTVから森進一の「襟裳岬」やピーナツ姉妹の歌声が流れていったけ。こんなノスタルジアも喜寿の爺になったせいですか。

 夜の函館本線を、余市の駅頭に降り立ち木賃宿でまで行き一泊し、夕餉を取り、朝飯を頂く、女将が照さんを見て「家のせがれによく似てるね」とのです。そして「洗濯物があるだろうからニッカの工場でも見てきな。その間に洗っといてやるよ」と言って尻をたたかれニッカの蒸留所を見学に行きました。
 あいにく、その日は日曜日で工場は見学できたのですが、工場内は見学できず帰ってきました。
 連続ドラマで有名になった「マッサン」のドラマの舞台です。マッサン事、竹鶴政孝氏は威の養子に入り京都大学のエリートです。
 今は、蒸留所の全面に糸杉やヒマラヤ杉の巨木が生い茂り、以前のような美しい赤い屋根と石積蒸留所が撮影できないのは残念です。

 宿に帰ると洗濯物は洗って畳んでありました。昼食を済ませて積丹半島に出かけました。
 岩内駅に降り、路線バスで雷電海岸に行って降り、フクロウのような岩やU字型の岩のトンネルを抜け、ろうそくの様な岩を右手に見ながら凄いなの気分でした。
 バスの乗客は5~6人で大丈夫ですかと思い、海岸通りを歩き雲丹の殻が積みあがってるそばまで来ると汐の香りが強烈でした。
 そう言えば、チョット先の寿都町の原野を私は230,000円で1000坪くらい購入したのです。
 光子には、金策で苦労かけたなと思っております。よく私を支えてくれたなと思っております。今の230,000円ではありません。当時の月給は40,000円くらいだと思います。
 こんなことも、若き日の良い思い出です。
 人生いろいろですね。
 

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「1234」と入力してください。(スパム対策。)