記事一覧

「賽は投げられたリ」のルビコン川を渡って

2017.10.24 (火)

ルビコン川は、イタリア北部の十和田湖の面積ぐらいの小さな共和国(サンマリノ)の北側にあって、運転手も現地添乗員も初めて訪れるほど有名な割に誰も知らなかったのです。

旅友の織田さんの発案で行くことになったのです。今回のシルクロードの旅でルビコン川を知らない人はおりませんでした。
 9月というのにヨーロッパの冬が近づき、牧草地にはロール状に巻いた牧草があちこちに点在しておりました。いかにも晩秋の風景を映し出しておりました。

 ポプラの防風林が北イタリアの畑の作物を守っていました。ルビコン川を地元の人に聞きながらバスは南下したのです。途中、初めて見るイスラム教のお墓を車窓から眺め、空は、雨上がりのせいでしょうか厚い雲間から太陽光線が放射状にどんよりしたアドリア海に吸い込まれる光景が広がっておりました。何かルビコン川の観光によく来てくれたと歓迎しているようにも思えました。
 約1時間ぐらいしてルビコン川の橋に到着したのです。川幅30mもしない小さな川でした。海に近いせいですかモーターボートが多数係留されておりました。訪れる人もいないのでしょう。何の変哲もなく、公民館のような建物と民家があるくらいでした。
土産物屋もありません。このルビコン川も数千年に及ぶ歴史の中で氾濫、埋め立てなどの河動があり、シーザーが渡河した地点は現在論争の的ですが不明です。

 しかし、25km足らずの流域です。川幅も、狭いところですと3mぐらいだそうです。私たちが行ったルビコン川は、海岸線まで1kmくらいのところでしたので比較的広かったのです。当時のローマ帝国では、北はルビコン川、南はブリンディシュを前に軍を解かなければ謀反者とみなされ、法を犯すことになるのです。

 その時のシーザーは7万~8万の軍勢を統率していました。
ところが、シーザはあまりにも優れた軍人であったため、元老院が政敵とみなし、追い落とそうと画策していたのです。
 シーザーはそれを見抜き、自軍の兵に名演説を行ったのです。それが有名な「ここを渡れば人間世界の破滅、渡らなければ私の破滅。神々の待つところ、我々を侮辱した敵の待つところへ進もう、賽は投げられた」でした。

 ところが彼に付き従ったのは、1師団(500人~1000人)のみでした。しかし、彼の行動は早く、1日でローマ入りを果たし、ポンぺウスが軍団の編成もままらぬうちローマを制圧したのです。
その後シーザーは、ローマが執政政治になり皇帝になるのです。

 彼は、文学者としてもすぐれ、「ガリア戦記」(現在のフランス)での7年に及ぶ戦いを三人称の立場で書いて、真実性を持てせて執筆しいるのです。その記述は正確で、現在は歴史の記述として価値が認められているのです。
 その後、我々は東ローマ帝国コスティフタアンスの開いたの最初の都、ラヴェンナに向かったのです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1828

トラックバック一覧