記事一覧

ストーンヘッジの巨石の謎と素敵な村コックウオルズ

2017.11.08 (水)

エジプトのピラミッドと同年代にイギリスの巨石文明ストーンヘッジは建設さたです。メキシコにもピラミットはあります。また日本も仁徳天皇のなどの巨大な古墳があります。
日本の地方にはそれよりは幾分小さな豪族の古墳が多数あります。

 どの巨石文明もなにかしらの謎を秘めております。今回エジプトのピラミッドの内部を明らかにしようと特殊な飛行ロボットにて解明する試みが計画されております。このストーンヘッジも謎だらけです。
太陽崇拝の祭祀場か暦としての天文台説、農作物の季節を占う神聖な場所、ケルト族の祈りの場所等の仮説が立てられましたが、どれも適切な説明がつきません。それは、ブルースストーンと呼ばれる、石英・長石のを含む鉱石が火山活動によって火山灰と流紋岩、当然に銅、ピライト、カルシュウムからなる粘板岩なのです。

 私は、粘板岩は水成岩と思っておりましたが、長い何万年という時間の中で火成岩が粘板岩になることを初めてり知りました。
このブルーストーンは、病気の治癒能力を持っていると言われております。そうすると、今の治療機関の様な権力者の設備だった事の仮説も立てられのです。
 このストーンヘッジに使用されて、いる巨石は、現在地より400Kmも離れた、西ウエールズのプレセリ山地のみに産出する奇石なのです。私が観光したブルーストーンの見学場所に修羅という橇状の現物が展示されておりました。
 しかし400KMもの距離をコロを敷き(丸太)詰めても、運搬不可能と思っております。
 1個の巨石が40トンもあり、その数も30個以上に及ぶのです。今の地形と違い、きっと6000年も前は地形的は湿地帯が多く大河もあったと思います。
現在の利根川のように関宿から掘割を建設し、流れを銚子の太平洋に流れを変えたのと同様に湿地帯に掘割を建設したのではないかと思われます。同様に水運で有ればいかだを汲んで運搬が可能です。
 それは、今の皇居に潮見坂といわれる場所があります。太田道灌は築城当時、釣り糸を垂れて江戸湾で釣りを楽しんだとか?。
 その後、徳川家康の時代に江戸湾に堤防を作って、干拓したのです。その結果、新田によってコメの増産を計ったそうです。現在の江戸800家町ができたのです。
干拓によって、260万石の農地の確保ができ、幕府の石高が増し食料確保が得られたと考えられます。
この仮説は、いかがですか。私はこの仮説の方が現実的かと思います。
また、このストーンヘッジの周りには幾つもの古墳が存在しておりました。現在の地形と同じで考えるとつじつまが合いませんが、6000年の時間を考慮しなければ説明がつきません。
万葉集の時代、熊谷市の隣の行田市には「小崎ヶ沼」という川の津(港)があり、武蔵の国から防人が筑紫の国へ赴いたのです。

埼玉(さきたま)の 津に居(を)る船の 風をいたみ綱は絶ゆとも 言(こと)な絶えそね

また、映画「のぼうの城」は400年前の忍城は別名「忍の浮城」と呼ばれ、湿地帯に孤立した堅固の城だったのです。
また、埼玉の地名も前玉だったと言われております。この神社格式が高く、古事記・日本書紀などが編纂された時代に遡り「式内式」神宮として、埼玉古墳群に向かって建立されております。

 コックウールズは、古いイングランドの田舎町で貴族たちが荘園を守っていた時代の石造りの美しい村です。小川にはブラックスワンや白鳥がヒナと泳いでおり、小路に沿って花の生け垣に囲まれ、壁には蔦や苔が生え、窓べに花が垂れて下がり、窓越しに中国の兵馬俑の置物があったり、気の利いた品々が置かれて観光客の目を楽しませてくれます。
 色々な個性豊かな庭と石造りの家、そして石畳、素晴らしいガーデングッツが置かれ、何気ない気品の高さを醸し出しておりました。女性にとっては、夢心地のお伽の村に舞い込んだ錯覚に浸れることでしょう。
 私と妻で、散策してある工房が目に入ってきました。何か異国でのお気に入りの物でもと思ったのです。
もちろん、素敵なものが沢山ありました。ご主人に話しかけ「工房を見せてください」とお願いしたのですが断われたのです。
私は、持ち前の気楽さで懇願するとしぶしぶ見せてくれました。工人は奥さんとのことでした。釉掛けのツボ、登り窯、乾燥中の作品などが所狭しと並んでおりました。工人のお気に入りの釉薬は、マンガン釉のフリット(ガラス成分)使用しない無光沢の作品でした。
 私も、女性が胡坐をかいたヌードをケガイた平たい花瓶の作品を買い求めました。お店に日本で出版された作品集もあったのです。
別れ際に、みんなで思い出のショットと思いお願いいたしました。ご主人が笑った顔とても素敵でした。
 妻は子供たちにお土産を骨董屋で買い求め次の村に行きました。
中央広場の噴水と小川が流れ、犬と戯れたり、赤ちゃんを囲んで家族で春(6月)を楽しんでる微笑ましい姿が何組もありました。
 とても楽しい、イギリスの新緑とさわやかな1日を心から楽しんみました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1842

トラックバック一覧