記事一覧

第2次世界大戦で解読された日本の暗号とアメリカの暗号

2017.12.12 (火)

日本も戦争終結から70年が立とうとしております。日本は緒戦のみ華々しい戦果を挙げたのですが、実は米国は真珠湾攻撃を知っていて、不意打ちを装ったのです。
日本の経済は、破綻寸前だったのです。石油が枯渇し、当時の石油探査と重石油をトラッキングする能力がなかったのです。また、陸軍と国民は米国の物量と経済の豊かさを知らなかったのです。
そのため、インドネシアの原油と満蒙の豊かな開拓地が欲しかったのです。
しかし、フイリッピンを植民地支配していたアメリカが、海上封鎖をし、日本のインドネシアの油原を採掘できず、世界恐慌の経済の立てなをせず、また、米国の和解案の最後通告の「ハルノート」は日本人として、受け入れらない条件でした。松岡洋介大使も国際連盟を脱退する意見に傾いたのです。もちろん、天皇も東條英機首相も戦争回避を模索したのですが、チャーチルとトルーマン大統領の密約に米国も舵を切ったのです。そして、日本の連合艦隊は、陽動作戦と穏密行動で真珠湾攻撃を決意したのです。ヒトカップに集結し、北南へと別れ、その後は一切打伝せず、緒戦での攻撃は大成功に終わったのです。私たちがラスベガスからモニュメントバレーに行ったときに、インデアンの村の記念館に寄ったのです。アメリカの暗号がインデアンのナホバ族の言語を乱数表にし、文字は米国の文字を使用していることとは思いもせず、日本では今でも知られていないことでした。それにしても、日本軍の暗号は開戦7日前に解読されていたのです。ヒトカップ湾を出港した連合艦隊、および南仏印(ベトナム、カンボジヤ)の陸軍にも連絡取れず、解読されたまま大東亜戦争に突入したのです。
これでは、経済的格差だけでなく負けるべきして負けた戦争だったのです。
これも、アメリカのルート66に言ったおかげであり、個人旅行だったから知りえた事実です。通常のツアー旅行では行くことのない小さな記念館に立ち寄ったからです。もし、日本陸軍もアイヌ語を乱数表にしてら、でも、日本は敗戦によって、貿易の振興と湾岸地帯に経済の拠点を設けることが今日の発展につながったのです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1856

トラックバック一覧