記事一覧

一人ぼっちの桜見学、贅沢でしょう。

2019.06.09 (日)

昭和38年5月1日のことです。桜の名所、弘前城に東北一周の切符を購入して、旅好き私は一人旅に出たのです。
当時はやっと日本が戦後か脱し、アジア大会、オリンピック、万博に涌き始めた頃で「オーモウレツの」言葉の言葉出始め、豊かさを感じ始めた時代でした。
特急寝台車でいった記憶です。特急と言っても今の急行より遅いのです。

最初の降りたった場所は記憶になく、松島、浄土が浜、十和田湖、そして、奥入瀬を3・5里半歩いたのです。浅虫、青森で青函連絡船見た記憶は残っています。

当時の環境は桜見学など不謹慎の環境で誰も居なく、ぽつねんと見学をしている所に弘前高校生がスタスタと通学する姿を見受けただけでした。

2度めに妻と行ったときに凄い人した。弘前の武家屋敷垂れ桜は時期がみちかいので未だ見たことがありません。

武家屋敷の城代家老の蔵に微かに顔が写るの驚き、撮影したら注意をされたのです。
一度はと思いましたが今は叶わぬ夢で終わりそうです。

何事も即実行で無ければチャンスは力で呼び込まないダメなものです。アパホテルの元谷
社長の言った事なのです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1883

トラックバック一覧