記事一覧

悲しみの鳴子のこけし

2019.07.10 (水)

 最近、野田市で父母による虐待で10歳の栗原心愛ちゃんのニュースがあり、両親は逮捕されましたが行政の対応が遅れたことに憤懣やるかたない思いと思います。

 日本の歴史の中に埋もれだけであって、子殺しは過去の歴史たくさんあるのです。鳴子のこけしもお土産として売られておりますが、東北地方は寒冷地のために飢饉に見舞われることが多く、生まれたばかりの乳児は「間引き」されたのです。
 日本は儒教精神がいきわたり、尊属殺は重罪だったことを考えれば解ると思います。特に江戸時代は三大飢饉と呼ばれているのが、元禄・宝暦・天明の飢饉です。浅間山が噴火した天明の飢饉は関東・東北に被害を出しました。

 私の推測するに、天明の飢饉の後「参勤交代」のまたは陸奥(みちのく)に往来する人、行商人などが買い求め、あるいは湯治客などがお土産として買い求め、故郷へ持ち帰って土産になったと推測します。
 鳴子のこけし「悲しみのこけし裏」にあった話と思っております。

 現代は尊属殺・卑属殺も同等になり、すべて個人として人権が守られています。そんなことを思いながら、社員旅行で鳴子温泉の湯に浸ったのです。朝起きて、下駄をしながらこけしの工房を覗きこけしを6本ほど買ってきました。桜井工房・国崎斉司氏・松子氏他3店工房のです。
 こけしの歴史は、江戸末期と言われております。天明の飢饉後と重なる気がいたします。明治は「富国強兵」列強に肩を並べる如く殖産に政治が舵を切ったのです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1941

トラックバック一覧