記事一覧

楽しきかな高校時代

2010.12.23 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

高校時代の最も楽しい思い出にひとつ、それが私達にとって修学旅行でした。

高校2年の11月の記憶です。
東京駅を夜行列車、確か11時ごろ出発し、京都に付いたのが5時ごろと記憶しております。

当時は、まだ汽車の旅でした。
がやがや騒いでいて、2時間以上も走ったころであろうか。
丹那トンネルに差し掛かりました。
急いで窓を閉めましたが、締めるのが遅れた車両は、汽車の掃き出す黒煙が入り、車輌中に油のにおいがする煙が立ち込め、咳をするも、目頭を押さえるもの、昔は難儀な旅でした。

列車のの座席もかたくい、乗りごこちはお世辞にもよいと言えるものでありませんでした。

しかも、東京~京都まで6時間の旅です。
考えられますか。

それでも、高校生にとっては、まだ見ぬ異国の遠い土地のように思われた時代です。

京都に付いて、駅前で待っている観光バスに乗って奈良に向かいました。

それはそれは、日本の故郷、古都奈良です。
バスの車窓から入ってくる、古都の姿は見るもの、ガイドさんの説明するもの、全てが興味をそそられました。

こんな時代の中に生きてきたのです。
青春の楽しさを、高校時代の最後も旅、楽しくて仕方がありませんでした。

また、恋心を抱いていた彼女の姿が見えると心がワクワクしました。

昔のカメラは隠し撮りなど出来ませんでした。
それでも、何とか淡い恋の彼女を写そうと焦っていた自分が思い浮かばれた、苦笑しえいる所です。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 733-1.jpg
同級生の仲間と想いでのスナップ。
今は病んで、外出もままならぬ方もおります。

ファイル 733-2.jpg
今は登ることさえ許されぬ、興福寺5重の塔の最上階の
高欄にて。
古都奈良の景観が一望できました。

ファイル 733-3.jpg
東山の金さん、こと、東山先生と舞妓さんを囲んで。


                           
ファイル 733-4.jpg
浴衣姿の高校生。
この修学旅行に、お米を袋に入れて持参した記憶があります。
まだ、お米は統制品で配給でした。

まだ、ヤミ米があって。自由に買う事が出来なかった時代です。

ファイル 733-5.jpg
奈良公園の一角にて、
清楚な高校生ですね。
太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/733

トラックバック一覧