記事一覧

ウィシュアイアからビーグル水道を抜け、ドレーク海峡を南下し、大陸に向けて出航

2014.07.10 (木)

ご連絡お待ちしております。

*****************************************************

南極行の船旅の出発港で「シーアドンベンチャラ号」
2014.1.25(土)白夜のウイシュアイアから、乗り込んだのです。

夕食後、3時間ぐらいの間に、最後のお土産を買うことに
なったたが、白夜の関係で、
相当日が暮れておりましたが、
太陽が天空にあると、昼の錯覚に日本人は
陥ってしまうのです。

それを知らずに、店だ閉まっているのに
何の不思議もなく、入っていくと、店員さんい「TOMOROU」
と言われて気づく始末です。

とうとう、大したものを買うことができませんでした。

シーアドベンチャラ号に乗り込んで、
自分たちが宿泊したホテルや、雪をかぶったアンデス山脈を
眺めたり、至福の時を過ごしました。

当然ながら、アルゼンチン船籍でした。

船室で、ベットに横になって微睡んでいますと、
船内アナンスが流れて「南極講座」とのことでしたので、
聞きに行きました。

ああ、やっと南極に行けるのだという
実感がわいてきました。

*********************************************************

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
7/9 埼玉県行田市の足袋と足袋蔵の話をNHKが放映しておりました。

日本人は、なぜ、蔵つくりの街並みにあこがれて、
川越・喜多方・倉敷・真岡なども小さな旅に
出かけるのでしょうか。

日本人の故郷の甍の波にノスタルジアを
感じるからではないでしょうか。

甍の波は、日本の瓦屋根が、あるからできるのです。
もう一度見直しませんか。
瓦の良さに、健康に良い、断熱性があって、
遮音性に優れた屋根材はないのです。

もう一度、振り返って、屋根を見てください。

hhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh

スゴイ台風が日本全土を縦断すそうですね。
長野県南木曽町で。土石流で家屋が流され、
12歳の男の子が命を亡くしました。

家族3人は意識があり、助かったそうですが、
母親は回復した時に、悲しみに包まれることでしょう。

自然は、いつ牙をむくかわかりません。
人間が忘れたころにやってくるのです。
東日本の震災・津波も同じです。

まだまだ、これから被害が広がることでしょう。
余り被害が出なければよいのですが。

*****************************************************

ファイル 1266-1.jpg
ウイシュアイアを出港して、ビーグル水道を通り、ホーン岬を通過、
ドレーク海峡に入ると船はすごい揺れに入ったのです。

船はサウスシェトランド諸島のキング・ジョージ島を見ながら
南下いたしました。

光子は船酔いに苦しめられ、翌日の南極講座によれば、
ハリケーン並みの暴風の中を南下したそうです。

他にも数名船酔いに苦しめられたそうです。

ファイル 1266-2.jpg
南極特有の切り立った岩肌を露出した、島々を眺めながら、
南極大陸に向けて南下を続けました。

この風景を見て、南極に来た実感がわきました。
この辺りでシャチ・アホウドリ・クジラに遭遇しましたが
シャチは見ることができましたが、アホウドリとクジラは見落としてしまいました。

ファイル 1266-3.jpg
初めて見る雪に包まれた南極の島々。

                           
ファイル 1266-4.jpg
暴風圏のドレーク海峡進むアドベンチャラ号

ファイル 1266-5.jpg
白夜の中のヤンキー波止場のあるクリ二ジ島付近の
夕焼けです。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
日本の風土に合った瓦が健康にもよいこと知ってますか。
全瓦連のホームページも見てください。
屋根の知識に素晴らしい情報が満載。
連絡先は埼玉県久喜市  ㈱オオギヤです。
FD 0120-58-9901