記事一覧

未来につなげる「絆」三陸路3日間の旅に参加しました。

2013.05.20 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
埼玉の屋根工事店です。上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 埼玉の屋根やのおっさんから。

大宮駅東口を出発し、那須高原着く少し前から、雨模様が
みぞれになり、大粒の雪になり、高速道路は閉鎖されました。
雪のために、一般道に切り替わりました。

どの車も、閉鎖された東北道をしり目に、国道4号線に
かじを切り替えた途端、渋滞の渦に
巻き込まれてしまいました。

最初の目的地「陸前高田市」に着いたのは
2時間遅れのPM4時ごろになってしまいました。

途中、車窓から眺める風景は
瓦礫はかたずけられ、仮設の商店や
また、コンビニ・しまむらといった大手の対応が早く
多少の活気を取り戻しておりました。

しかし、「震災の語り部」新沼さんの話で、
いろいろ考えさせられることが沢山ありました。

地元のスーパーは7か所あっても
死者は1名も出していない。
たった道路を挟んで
市役所の職員は数人の死者を出したという。

当日、新沼さんは確定申告に訪れていた時震災に
遭遇し、高台の自宅に戻り助かったとのことです。

もう海岸線は津波による被害で、
跡形もなくなりました。

この「道の駅」のみ形がのこったそうです。

                                                                     
ファイル 984-1.jpg
立ち並ぶ仮設住宅

ファイル 984-2.jpg
遥かかなたに向きを調節する「奇跡の1本松」
でも、この工事に1.2億円かかり、上部の
松の部分は強化プラスチックで再現されて
居る為、紫外線、風雨、潮風などにさらされ
7年の耐用年数しかないそうです。

住民の意見で、税金の投入は避けろ!
ということで現在は寄付が1億円集まったそうですが
7年後はどうするんでしょうね。

おそらく立ち枯れの運命ではないのですか。

ファイル 984-3.jpg
被害にあった素晴らしい道の駅ですが、
壊すにもお金が2000万円くらいかかるのではないですか。

どうするんでしょう。

ファイル 984-4.jpg
復興の慰霊モニュメントです。
手を合わせてきました。
ファイル 984-5.jpg
ビル・橋梁・店舗などを解体した時に
発生した鋼材の山です。

すごい量ですね。

さいたまの屋根やのおっさん『ルーフ』
瓦は1400年の歴史があり、耐久性があって、メンテナンスが楽なのです。
3/11の東日本大震災でも復旧工事は早く、15か月くらいで
修復作業が完了したのです。
重いと思っている方もおると思うのです。
そうではないのです。建物のメンテナンスの問題なのです。
なぜ、歴史の中で消えなかったのか。
良いものは残る。ここなのです。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
エコは安いよ。住宅のメンテナンスはエコですよ。
連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

*****************************************************

1.建物の基本は屋根と壁と出入り口があれば、住居です。
2.現在は基礎部分がなければ、固定資産の対象から外れます。
3.窓なくてもOKです。倉庫などは無窓住宅の時代も有ました。
4.たかが屋根や。されど屋根屋です。
故郷の 色は何色 来待色(石州の方ならこんな光景が頭に浮かぶことでしょう。
沖縄の方なら赤瓦でしょう。能登の方はカラスの濡れ羽色でしょう。
やっぱり、日本人なら瓦屋根でしょう。

*****************************************************