Calendar

<< 2019/8  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

アメリカのリンカーン

2017.02.26 (日)

第4次産業革命がはじまり、世界経済はポピュリズムに翻弄されそうです。
グローバルから自国主義に米国をはじめ英国も国民投票によってユーロ離脱が決定し、スッコトランドが国民投票で英国から離脱を模索しております。
また、ビットコインが拡散の勢いを増してきております。ビットコインが実体経済を揺さぶるようでしたら、でも、揺さぶる時代が来ることでしょう。

**************************************************************

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

************************************************************

埼玉県の川越は、東京から近く小江戸の情緒が粋に感じられる蔵の街です。もし、蔵の街でなく今の片流れレの金属屋根材の街並みであったならインバンドも他に流れ75万人の外国人観光客の消費はないことでしょう。

ファイル 1667-1.jpg

リーンカーンの祭られている「リンカーン大聖堂」です。

ファイル 1667-2.jpg
オベリスクと後方に国会議事堂が建っております。

ファイル 1667-3.jpg

リンカーンの座像
ファイル 1667-4.jpg

リンカーンの座像の前で光子
ファイル 1667-5.jpg
リンカーンの大聖堂の前でツーショット

ロックフエラービルより望む摩天楼

2017.02.25 (土)

金 正男氏殺害で中国と北朝鮮が石炭の輸出入で険悪になってきましたね。また、アセアングループもマーレシアを中心に大使召還の動きが出てきました。匡いる開発を急ぐでしょう。早くトランプ政権とトップ交渉が肢体と思いますが。ロシアも動けず。暴動が起きなければよいのですが。韓国が政財界ともトップが動けず。そんな状態です。

**************************************************************

疑問に思っていたのですが遣隋使は新羅の白村江の戦いで日本は北路と言われる朝鮮半島沿岸を航行することができなくなり、やむなく南路という薩摩~種子島~沖縄~台湾~景徳鎮そして陸路を西安まで行ったのです。この間1年以上かかった大航海で8回の内2回ぐらいしか成功せず海の藻屑になり遣唐使の歴史は危険を伴いすぎたため使節団は幕を閉じたのです。

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。

素敵な写真が沢山ありますよ。
ぜひご覧ください。

ファイル 1666-1.jpg

ロックフェラーセンタービルから望むエンパイヤ―ステイとビル

ファイル 1666-2.jpg
ロックフエラービルにて撮影

ファイル 1666-3.jpg

マンハッタンの対岸より望む摩天楼
ファイル 1666-4.jpg

ロックふえらーセンタービル屋上より
ファイル 1666-5.jpg
同上

************************************************************

国連本部とロックフエラーセンタービル

2017.02.24 (金)

豊洲の問題が100条委員会で石原さんは大変ですね。
でも古だぬきはあるときは記憶にございませんで逃げ切るでしょう。

自殺者が出なければよいのですが。大きな事件につきものですから。
死人に口なしです。
もういい加減でと行きたいところですが、都民ファーストなる党を作って国政に打って出るのでしょう。
何しろ東京都の予算はヨーロッパの小国、ハンガリーやオランダの国家予算に匹敵します。権力も閣僚4人ぐらいの力を発揮します。
しがみつきたいですよね。

***********************************************************

瓦には新品の持つあの燻し銀の美しさと古びて「侘び錆」の世界を
映し出す2面性を持ち合わせているのです。

また、新聞紙上に時代考証を証明する和瓦の出品の数々、連弁模様
に見る各時代の特徴、あの有名な井上靖の「天平の甍」(鑑真和上)
はご存知でしょう。織田信長が建立した濃姫の黄金の館も発掘の
きっかけは瓦の出土なのです。
日本の瓦屋根。瓦万歳。 久喜・蓮田・白岡・幸手・加須・宮代・伊那・古河のみなさんよろしく。

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

何年か前に正月のロックフェラーセンターの世界最大のクリスマスツリーを見に行った時でした。
小雪舞い降るとてつもなくさむかった記憶があります。
でも、世界の金融市場、いつ行ってもいいですね。
ツインビルが爆破された翌年でしたのでタイムズスケアも閑散としておりました。
ばきは跡が「グランドゼロ」と言われ、工事現場のように囲われておりました。
JTBの社員がお正月に日本に帰国できて、あまりにも観光が減って、JTBをやめようkと思ったくらいですとぼやいていた記憶がよみがえりました。

ファイル 1665-1.jpg
万国旗の並ぶ国連本部

ファイル 1665-2.jpg
道路を挟んでの国連関連施設

ファイル 1665-3.jpg
世界最大のクリスマスツリーのロックフェラーセンタービルのカフエ

ファイル 1665-4.jpg
万国旗と金色のモニュメント
ファイル 1665-5.jpg

マンハッタンクルーズを満喫

2017.01.30 (月)

ファイル 1664-1.jpgファイル 1664-2.jpgファイル 1664-3.jpgファイル 1664-4.jpgファイル 1664-5.jpg

トランプさんのイスラム教徒の国々人々がアメリカの空港で280人も入国できずに足止め。
飛行機に搭乗するときには大統領令が出されていなく、査証まで持っている人が足止め。前代未聞です。
グーグルやアップル・ツイッターのCOEがこぞって反発。我々も移民でアメリカの経済を潤して、貢献しているのに、アメリカは多様性生んだアメリカンドリームの国です。

**************************************************************

最高の快晴の中のマンハッタンクルーズ

摩天楼から自由の女神へクルーズ

2017.01.29 (日)

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。
屋根の施工・住まいの点検・鬼瓦の色々・世界の瓦屋根のフォット・ガイドイン工法・全国瓦工事連盟・埼玉瓦工事組合連合会の活動・見ても面白い写真集があります。ぜひご覧ください。

ファイル 1663-1.jpg
ブルックリン橋をくぐるクルーズ客船

ファイル 1663-2.jpg

マンハッタンの摩天楼

ファイル 1663-3.jpg
ニューヨークで1番高いビル。エンパイヤステートビルより高いのです。
ファイル 1663-4.jpg

フランスより送られた自由の女神

ファイル 1663-5.jpg
自由の女神
今は冠の開口部までは登ることができません。
ツインビルがアルカイーダのジェットに崩落前は登ることができたのですが。

マンハッタンクルーズに乗り込みます。

2017.01.26 (木)

トランプさんがメキシコ国境に壁を作る大統領令に署名しましたね。
日本の自動車産業は苦境に立たされそうですね。トヨタも日産のアメリカに雇用を増やすために880億かけて工場を追加で建設して400人の雇用を生み出そうとしておりますが、自動車産業は10年先を見据えて、計画を立てるそうですね。4年でトランプ政権が終焉したと戦々恐々です。
世界中がトランプさんに振り回されております。

日本政府も貿易戦争になって、円が69円まで行き、就職氷河期、早期退職が平常に行われた時代を彷彿します。薄気味悪いです。円高がじわじわス進んでいます。ロン康の時代や繊維戦争の時代に逆戻りが怖いです。

**********************************************************

アメリカのダウンタウンとマンハッタンを観光しました。廃線になった高架の下の公園や飲食街の活況は日本も見習うべきですね。

マンハッタンには今も帆船が並びまた古い良き時代のブルックリン橋が
写真で掲載され、エンパイヤステートビルが帆船の遥か奥に垣間見えます。我々も晴天のマンハッタンから自由の女神に向けてこれから乗り込みクルーズを楽しみます。
ファイル 1662-1.jpg
廃線の高架下利用の飲食店街

ファイル 1662-2.jpg

帆船

ファイル 1662-3.jpg

古き時代のブルックリン橋
ファイル 1662-4.jpg
現在のブルックリン橋

ファイル 1662-5.jpg
帆船とエンパイヤステートビル

ニューヨークの観光

2017.01.24 (火)

すごいですね。反トランプのデモが世界に拡散して、パリ・ベルリン・フイリッピン・アメリカの主様都市で100万にのデモになったとか。
メデアもトランプさんに挑戦状を突き付け「言論の戦闘状態」・・・・。

*********************************************************

ニューヨークの観光の集合場所のヒルトンホテルに行った。今日はアッパー・ウエストサイド・メトロポリタン美術館・ワシントンスクエア・ダウンタウン観光。
皆、面白いモニュメントがあって、雄牛のチャージング・ブルはウール街にあってかって株が暴落したときにARTURO DI MODICA氏が自費で日本円にして4680万円の巨費をかけて、ウオール街の人々を元氣つけ様と設置しのだそうです。
触ると縁起が良いのでブロンズ像はピカピカです。
弧のブロンズ像に触って景気が良くなった人は数知れず?
ニューヨークには数知れないモニュメントが街のあちこちで見られます。
このレッドキューブもその一つで地震の多い日本ではきっけん極まりないと撤去されそうな代物です。
岩盤の島の上に建つこんなモニュメントも許されるのです。

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。
屋根の施工・住まいの点検・鬼瓦の色々・世界の瓦屋根のフォット・ガイドイン工法・全国瓦工事連盟・埼玉瓦工事組合連合会の活動・見ても面白い写真集があります。ぜひご覧ください。

**********************************************************

ファイル 1661-1.jpg
ヒルトンホテルの丸い噴水

ファイル 1661-2.jpg

レッドキューブ

ファイル 1661-3.jpg

縁起の良いチャージング・ブル
ファイル 1661-4.jpg
廃線の高架下の若者の集まる観光拠点で大きな伊勢海老などの海産物が安く提供されておるのです。
生きているエビを茹でてもらって3000円です。
日本で食べたら30,000円位するでしょうかね。

ファイル 1661-5.jpg
アメリカのビジネスマンも来ていましたよ。いろいろなお店の名前が入っていました。

ページ移動