記事一覧

江戸無血開城の裏話

2014.05.20 (火)

http://blog.with2.net/link.php?720512
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
今、東日本大震災で国民の意識が変化している。
1400年の瓦の歴史に、故郷の風景に、変調を感じるのは、私「屋根屋のおっさん」だけなのでしょうか。
瓦は1400年の歴史に中で、このままでは、技能者が育たない。震災。戦災。火災。多くの災難を乗り越えて、瓦が日本の街並みを支えたのです。そして今があるのです。
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

///////////////////////////////////////////////////////////

江戸の無血開城は、色々な意味で暦史の渦中にあって、
必然というべきものだったのでしょう。

15代将軍・慶喜は、旗本の中で一番嫌いな勝海舟を、
官軍総司令官西郷との「三田の会見」望ませたのです。

1週間ぐらい前の日経新聞に西郷と勝は、
日本橋の若松や(現在の東京港酒造)で
酒を酌み交わす気のおける、友であったのです。

また、若松屋は、薩摩屋敷に出入りする御用商人でもあったのです。

勝と西郷は貧乏侍で、現在の東京港酒造に
彼らが飲み代の代金代わりに書いた看板が
現存しているのです。

その他、山岡鉄舟・高橋泥舟などの明治を動かした人物が
酒を飲みながら、新しい日本を激論したことでしょう。

西郷は、島津斉彬のかわいがられ、島津分家の
篤姫(天璋院)の将軍家嫁入りの総指揮者だったのです。
島津斉彬の死後、島津家の当主、島津久光に疎まれ、
西郷は、2度の島流しに逢うのです。

この2人の舞台役者によって、政治の転換点おいて、
無血開城が実行されたのです。

三田の会見に先立ち、2人は薩摩藩邸で、根回しをしたのです。
日本の政治が大回転する前夜に、慶喜は千住の
大橋を渡り、振り返りつつ、水戸の母のもとに足重く
数少ない従者を従え、千住に別れを告げたのです。

こんな明治前夜の光景を光子と一緒に歌舞伎で鑑賞したのです。

これも、縁というしかありません。

///////////////////////////////////////////////////////////

ファイル 1234-1.jpg
勝海舟と西郷隆盛の江戸開城の会見が行われた、
政治的意味合いに重要な場所です。

ファイル 1234-2.jpg
ビルの鏡に投影された、会見の碑を見る
今回の東海道膝栗毛の人たち。

ファイル 1234-3.jpg
高輪の大木戸。かって、江戸には江戸市中と郊外の
境に簡易関所(大木戸)3か所ありました。
東海道の高輪・甲州街道の四谷の大木戸(ここには、
江戸城内に引きこまれていた玉川上水の水管理も
兼ねておりました)・中山道の板橋の大木戸の
3か所がありました。

中山道・甲州街道の大木戸は明治9年ごろ、東京の
道路整備と鉄道建設のために、撤去されました。
この高輪の大木戸も、ほんの一部を残すに留め、
鉄道建設のため、撤去されたのです。


                           
ファイル 1234-4.jpg
現在残る江戸の錦絵の風景の一部、高輪の大木戸
かっては、高札がありました。

この一帯は、東海道の往来も多く、茶屋・酒屋、遊郭などもあり、
出入りは厳しく制限され、特に「入り鉄砲・出女」
は厳しかったのです。

夜間になると、大木戸が閉められ、江戸市中と
隔離されたのです。

ファイル 1234-5.jpg
歌舞伎で有名な、浅野家の菩提寺泉岳寺の
山門の重厚さをご覧ください。

これもまた、瓦の持つ「日本文化」があればこそなのです。
瓦の屋根の美しさを皆さんは素通りしていることと思います。

時代劇の中で、瓦の持つ意味は大きいのです。
NHK大河ドラマ「新撰組」の中で、「京の町屋の瓦鐘馗」に
こだわり、当社に電話をしてきたのです。

それで、んHKに瓦鐘馗を販売致しました。

埼玉の屋根屋さん「住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。」
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
瓦は歴史の生き証人です。
鬼瓦はネパールのカトマンズの神聖な寺院に源を発し
水の神様で、住まいを火事から守っておるのです。
魔除け・火伏の大事な役を担っています。

屋根リフォーム・屋根修理の名人「新瓦博士」。

連絡先は埼玉県久喜市
FD 0120-58-9901 


http://blog.with2.net/link.php?720512
クリックをお願いいたします。

コメント一覧

コメント投稿

  • コメントを入力して投稿ボタンを押してください。
投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
投稿キー
投稿キーには「1234」と入力してください。(スパム対策。)