Calendar

<< 2019/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

関根金次郎名人と将棋の駒の天童そして月山

2019.07.17 (水)

 子供が大きくなったので、妻と二人で開通したばかりの秋田新幹線乗って旅行したのです。山形で降り、駅レンターカーをかり天童に向かったのです。柘植の将棋と碁盤で有名な温泉地です。ダムのようなところに天に向かって吹き上げる噴水の景勝地で車を止めました。
 休憩し、元気も出たので月山に向かったのです。天童は将棋の駒と碁盤の産地くらいの知識がなく、通り過ぎたのです。
 とんだことです。東海道53次の浮世絵師安藤美術館、天道美術館、将棋資料館など見どころがたくさんあります。

今更名がら知識不足に驚いております。知識のないのは損をすることが多いです。
 出羽三山は、月山、出羽神社、湯殿山の合社です。立派な拝殿あり、過去、現世、未来を具現する仏の世界で、阿弥陀如来、滝などがご神体です。現世から隔離された世界感に浸れる神聖な場所なのです。

 天童市と言えば将棋の駒です。将棋と言えば浪速の縁台将棋師「坂田三吉」です。相手は関根名人です。その名人を飛車を用いて破ったのです。将棋の協会から和解後王将の称号を授与されたのです。
 対局の相手、関根名人です。彼の出生地が野田市関宿木間ケ瀬なのです。墓も関宿の駐在所の向かい側の墓地にあります。
 今は、訪れる人もないと思います。
坂田の人生は丁稚奉公に行った坊やをかけ将棋に夢中になり怪我をさせ、お払い箱になったり、関根名人には勝ったがその弟子の負けてしまい王将に成る事ができず自らが王将だ声を張り上げ、挑戦に応じ、最後にやっと認めてもらったのです。演歌、映画になった波乱万丈の人生を歩んだ人物です。

 その後車で酒田~鶴岡レンタカーを乗り捨て、日本海の夕日の美しさに足を止め温海温泉に宿を取ったのです。(酒田:鶴岡の観光は別のブログを参照ください。)

男鹿半島のなまはげと鬼伝説

2019.07.16 (火)

 秋田県:八郎潟(寒風山)近在にはなまはげの民族伝統行事があります。この行事は、ユネスコ無形文化遺産として登録され、TVで放映されます。
 なまはげの語源は囲炉裏に長く暖を取っていると低温やけどするのです。なまけ癖を剥ぐことを方言で「ナモミ剥ぎ」が訛ってなまはげになったのです。アイヌの阿弖流為の先祖たちがロシアからきたのです。このなまはげも、ロシア人が難破して、寒風山付近に漂着して、住みついた物となのです。現在は、なまけ癖を剥ぐ神ということで来方神になっています。
 日本に伝わる鬼伝説は丹後半島の酒呑童子が最初なのです。この酒呑童子は同じく黒潮に流され漂流した白人なのです。インド・アーリア系民族か大航海時代のヨーロッパ人です。
 日本海の村には鳥取県伯耆町の守り神の鬼伝説、青森県の岩木山の神としての鬼伝説があります。 戸内海には桃太郎伝説があります。吉備真備の吉備神社、香川県の女木島(鬼が島)があって女木島には鬼が財宝を隠した鬼洞窟や日本の各地の鬼が集まる鬼の間あるのです。何か本当に存在したようですね。
 吉備真備は俊才がゆえに大和朝廷から疎まれ、2度も遣隋使として渡航し帰国したのです。高麗と国交を断絶した南シナ海の航海は想像を絶するものでした。真備の怨念が鬼に変化したのでしょう。桃太郎は大和朝廷だったのでしょう。

 オニははおぬの訛ったものです。節分の鬼は不動明王の形相から鬼に仕立て、春の芽吹き、冬眠から目を覚ました動物たちを神の食卓、己の食卓に添えられる喜びを「福はうち、鬼は外」叫んだのです。暖かい春の日差し向かへ、寒い陰鬱な冬から去りたい気持ちの表れです。
 東京には雑司ヶ谷の鬼子母神、京の都の羅生門の鬼は、戦乱の世、住まいを焼かれ、食べ物がない人々が、行商人や行き交う人々に恵みを乞う姿で、もしくは戦争中、自給自戦を強いられた陸軍が戦友を食べ、村人に人肉を売った姿と酷似してます。
 人間も飢えには勝てないのです。

 なまはげは、見たことがありませんが、近くの船越町に土地を買ったり、モリによる漁法が存在したころ、おじいさんの漁師さんと一緒に写真に納まったころを思いました。昭和60年代このあたりの畑に櫓が立って、石油(原油)が噴き出ていたのです。八幡油田の看板がありました。信じられますか。

官軍の挟撃作戦に手貸した大内宿の村人

2019.07.14 (日)

 大内宿の村人たちは、幕府軍、新選組などが官軍の攻撃に敗走し、落城した白河小峰城から会津鶴ヶ城に逃げ込んだことをの近隣の村人から聞き及んでいたと思います。
 大内宿の村人は、寄り合いの講などで情報を共有していたのです。村民の長が勝ち目のない城主「松平容保」から離反して、官軍の手引きをして、集落を消失から守ったのです。今の、集落はその人たちのおかげです。

 今では、120万人が訪れるのです。この日光から檜枝岐村の通じる会津西街道(上州街道)は鉄道開通によって、街道としての役割を終え昭和21年町制が敷かれ、ランプから電気に代わり、遅まきながら近代化の道を歩んだのです。
 私も知らなっかのがすが、冬の茅葺屋根に積もった雪景色は飛騨の高山と同じ景観を作り出します。特に村の突き当りの子安観音安置されている丘の上からの素晴らしい景観を堪能されることをお薦めたいです。

 大内宿は浅草から東武伊勢崎線で塔のへつりに行って、会津鉄道に乗り換えると行けるところで便利です。また、途中、足湯に入れる茅葺屋根の湯之上温泉駅もあり、奥鬼怒の秘湯です。あまり知られていないので格安の由緒ある旅籠もあります。
 私も、来年の2月ごろ行ってみようと考えております。
 土井晩翠の荒城の月は落城した鶴ヶ城を歌ったものです。

  鶴ヶ城の戊辰戦争は大河ドラマにもなりご存知と思います。また、白虎隊は自刃し、逃げ行く会津の人々によって、鎧、兜、刀などの金品になるものは剥ぎ取られ、裸同然の姿をされしたと本で読みました。負けると哀れですね。戦後の日本も戦災孤児の浮浪児が上野駅などで毎日飢えで朝起きると死んだのと似ていますね。

龍飛崎と階段国道

2019.07.14 (日)

 石川さゆりさんの哀愁を帯びた歌謡曲、津軽海峡・冬景色で一躍有名になったt竜飛崎も私が大学生のころは、知る人ぞ知るマイナーの観光地でした。
 私が疑問に思ったのは、どうして竜が飛ぶ岬なのかです。どうもアイヌ語からきているみたいです。アイヌ語の「タム・パ」竜が飛ぶがなまった説と「突飛」がからきた節の2通りがあるのです。
 村民は、漁業で自給自足を強いられていました。アイヌが住んでいて、大和朝廷が何度となく戦いを仕掛け、アイヌは蝦夷地にのがれ、現在の祖先の人たちが入植したのです。

 もともとは、村道で街になると町道になり、あまりにも悪路のため行政も手をこまぬき、自衛隊のによって道路が作られ、観光バスが通行可能になると人の心理で突端まで行ってみたいと思う心に観光化したのです。

 もともとあった漁港に、降りる居住地から70mの落差があり階段を作ったのです。そして、弘前から津軽半島の漁港の階段まで、国道339号線になり、127kの行程になったのです。
 日本広しと言えど階段の国道は竜飛崎のみです。70mの落差は勾配がありすぎ階段になったのです。

 魚や漁具の荷揚げに難儀をしたでしょう...。私と妻も好奇心の塊、漁港まで階段を降りさらに下の回廊に回ってみたのです。先端部分で回廊は水没していました。反対側の回って急な傾斜地を岩につかまりながら高山植物の様な小さな花を見ながら降りたのです。当然ですが途中で波がしぶきを上げておりました。

以前は誰も知らない観光地「仏げが浦」

2019.07.13 (土)

 以前は、誰も知らない観光地でした。今は、脚光を浴び誰でも知る仏が浦です。7~100mに及ぶ岩の連山です。それは極楽の如く慈悲深い仏様が手招きをしながらの観光地です。

 仏が浦は1500万年日本列島が大陸から分裂した痕跡です。なぜ、白緑色かは凝灰角礫岩のせいです。尾瀬沼の燧岳が大爆発を起こし堆積したものらしいのです。あの尾瀬沼は火山のカルデラ湖と思います。外輪山がなどの燧岳・至仏山などの低山が出来たのと思います。

 仏が浦に淨子さんたちと大間崎から路線バスで行ったのです。乗客も少なく身重の光子と私は座ることができました。
 仏が浦を見たときこんなところが日本にもあるのかと驚嘆しました。
大湊(むつ市)に観光船で行きました。船中で彼女たちが美味しそうに温かい貝を頬張っていたので「幾らでした」と尋ねると10円です答えるのです。食べればよかった。後の祭りです。

 仏が浦の海が綺麗だったので、身重の光子に負ぶって透明な海を見せ
たのです。ウニとか貝が生息していたのです。私はウニを捉えへ割って
美味しいウニの生き作りです。若い時の楽しい一コマです。そして、長男が1か月後に生まれたのです。

知られてない凄い遺跡‼。日本のストーンサークル

2019.07.12 (金)

 大湯に着いたのは午後でした。当時は花輪町でした。今は、鹿角市(かずのし)です。東北本線を盛岡で花輪線に乗り換え、十和田湖に行く途中にあるのです。

 日本のストーンサークル、謎めいていて面白いと思って行ったのです。町中から少し離れている所にありました。大きさ4~5m位の円形の中に1m位の細長い泥状粘板岩の様な石が円形を描いていました。私はイギリスのストーンサークルを描ておりましたが、少しがっかりもしましたが縄文時代の遺跡だそうです。祭祀のための遺跡と聞いておりました。

 今、大湯のストーンサークルは世界遺産を目指すべく、広大な敷地に高床式の余市で見たアイヌ部落の高床式茅葺の住居のようです。相当の住まいが立ち退いて今の景観を作っているのです。それは壮観です。環状列石も本来の2重構造に戻してあるのです。
 これは、青森の三内丸山遺跡に匹敵する景観です。縄文人は文化の発達する以前から氷結した日本海を徒歩で渡ってきたDNAがそうしたのでしょう。民族学的にはイギリス~ロシアかけて住んでいた狩猟民族のようです。

 温暖化して、日本海が形成され丸木舟で物々交換の貿易をしていた加工したのです。前に宗像大社のブログで糸魚川のみで産出する「ヒスイ」を韓国で勾玉の紐を貫通させる技術を得るために運び、再び日本に輸入したことを書きました。
 縄文人は命がけで貿易をしていたのです。弥生人は南方諸島から黒潮に乗って、また、横断して沖縄の島伝いに日本来たことをNHKがTVで放映したのです。

 今なら、大湯温泉でひと風呂浴びて宿を取ったでしょう。貧乏一人旅は十和田湖にむかったのです。また、今は鹿角市から離れていて散歩がてらといかないのです。

浅虫温泉のパニック&夏泊半島

2019.07.12 (金)

 酸ヶ湯温泉で国鉄の路線バスに乗車し、と言っても、当時は浅虫に近づくまで集落がなかったので止まらず市内に入って停車が細かくなったのです。
 路線バスの旅は、安さが魅力です。十和田発荷峠から浅虫温泉まで100k以上あると思うのです。湯治客がほとんどでした。私たちが旅した時代は下北半島、津軽半島全て路線バスの旅でした。
 大きな駅に行って市内観光バスがあるのです。時刻のスケジュールを組む段階で旅の夢が始まるのです。今の様なツアーバスで集合場所と時間だけを気にすれば良いわけでありません。
 今より旅の楽しさがありました。いつも時刻表は持っていました。また、急に寄り道したくなると時刻表と相談していたのです。

 夜遅くに浅虫温泉につき、旅館に入ってボストンバックの荷を解き浴衣に着替えくつろいだのです。浅虫温泉は安さが魅力です。今でも安いようです。当時は、部屋食が当たり前でした。そこでハプニングが起きたのです。私が先に風呂に行き部屋に戻って、代わって光子が風呂に行ったのです。部屋名を確認しなかったのでしょう。

 旅館に着いたのが遅かったのです。夕飯もお風呂も遅くなります。11時過ぎだと思います。
 1時間たっても、1時間半経っても光子は部屋に戻ってきません。探しの行けません。募るイライラを抑えて待っていました。それでも帰らないのです。仕方なし、格子戸を開けて覗いていました。
 しばらくたって光子の顔が見えて安心しました。聞いてみると、部屋名がわからなくなってフロントに行ったのですが、フロントに誰もいなくて聞くこともでなかったので、記憶を頼りに部屋中を探したそうです。私の顔を見て安どして力が抜けたようでした。
 良かった、よかった。今、浅虫水族館が人気でアクリルの通路の上を魚群を見上げたりイルカショウは大人まで楽しめるようです。

 予定通りに夏泊まり半島を船で一周です。夏泊半島は火山の爆発でできた半島で玄武岩・安山岩で覆われております。北は北海道の恵山岳、南は八甲田山系の火山地帯です。黒い岩があちこちに露出して美しい景観を作っています。今では、青森に近いせいか交通の便がよくリゾート地になっています。

 青函海峡だか陸奥湾の平館海峡だか記憶があいまいなのですが、大型運搬船や小型貨物座礁し異様な光景があったのです。ぞっとするような光景です。今は、見ることさへできないでしょう。

ページ移動