記事一覧

赤穂浪士の眠る泉岳寺・浅野家菩提寺

2014.05.21 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年の2月の大雪は、関東地方から東北にかけて、
南極から帰った私たちを驚かせ、あまりの寒さに、
成田からの岐路、ジャンバーの襟を立て、チジコマリました。

そして、その雪の被害の修復工事、雪止め、
樋の修復工事、カーポートの
取り付け工事も終わりに近づきました。

皆様に、多大のご迷惑をおかけいたしました。
誠に申し訳ありませんでした。

日本は美しい四季があり、変化に富んだ景観を楽しめますが、
その裏を返すと、自然災害の多い国なのです。

地震・津波・竜巻・雪害・豪雨、噴火、落雷・洪水など、
身近に自然災害があるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1235-1.jpg
赤穂義士で有名な城代家老「大石内蔵助」の立像

赤穂浅野家は、秀吉の御台所「寧々」の実家の分家です。

寧々の実家の浅野長政は、秀吉が寧々と結婚したことによって、
また、秀吉が天下人になって、安芸の国・広島藩42万6千石の
城主となったのです。

浅野家3男の浅野長重は、分家して赤穂50,000石の城主になるのです。
3代目の長矩は、短気で重税を課し、赤穂の領民からは暴君と嫌われておりました。

長矩・切腹の報が赤穂の領民に伝わると、領民は赤飯を炊いて
お祝いしたと言われております。

長矩が、殿中で刃傷事件を起こし、犬公方綱吉に即日切腹・赤穂藩の取り潰しが命じられたのです。

なぜ、長矩は吉良に切り付けたのか疑問がわいてきます。
1.指導役の吉良にわいろを贈らなかった。
2.赤穂の塩の製法を教えなかった。
3.赤穂の塩と三河の塩の経済戦争

といろいろ言われておりますが、どうも近松門左衛門の
創作の部分が多く、腑に落ちないことが多いのです。

吉良は三河では今でも名君で吉良の乗っていた赤毛の馬が、
民芸品として売られております。

私の三河に行った時、買って来たぐらいです。

これでは、芝居になりません。
長矩を善、吉良を悪玉にしたのは、近松なのです。
当時、赤穂藩には300名ぐらいの武士団がいました。

徹底抗戦派と開城派がおりました。
ところが、広島の宗家・浅野家、親せき筋の三次藩・浅野家から
自分たちに罪が及ぶのを嫌い、開城の説得にあったたのです。

大石もまた、抗戦派に対し開城の説得をしたのです。
大石がなぜ、癇癪持ちの暴君に吉良の首級を挙げることに
意思を固めたのか。

たぶん、即日切腹の為、なぜ、刃傷したか原因がわからなかったのでは。

大石は浅野家と、親せき筋であったのです。
武士は主君のためにあって、ことあるときは命を捨てる。これが武士道だったのです。
武士は、理由はともあれ、義に生きることが当時の武士道だったのです。

大石は、吉良の首級を挙げた後、お家再興を願っていたのです。
それと、吉良には何のおとがめなし。
が耐えられなかったのでしょう。

後は、みなさん、ご存知の事と思います。

原因は、一説には長矩の正室阿久里の横恋慕と浅野家秘蔵の
茶器を勅使供応の指導料として欲したのでしょう。

また、長矩は、ストレスがたまると、胸が苦しくなるほどの、
精神異常者だったとも言われております。

ファイル 1235-2.jpg
泉岳寺の説明立札

ファイル 1235-3.jpg
江戸時代の末期・天保年間の再建(大塩平八郎の乱の時代)
山門の龍の彫金・日本の 彫金の元祖 関 義則の作
                           
ファイル 1235-4.jpg
大石内蔵助の墓

ファイル 1235-5.jpg
赤穂浅野家のお墓(浅野長矩の墓)

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
㈱オオギヤは塗装・内装・改装・解体・舗装工事もやってるよ。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1235

トラックバック一覧