記事一覧

城ヶ島、横須賀、荒崎海岸の思いで旅行

2019.07.02 (火)

私が大学生の時、一人でノコノコ出掛けて城ヶ島の大橋下の歌碑を撮影したのは白黒の時代でした。2回目は城ヶ島に土産物店が軒を連ねてビックリ!。私の中のフイルムを巻き戻せない状況の変化です。

淡い恋心抱いた整備課で、中由さんとのプラトニック・ラブです。車の運転もおぼつかない時行ったのです。荒崎海岸にドライブと洒落混みました。萩原課長のオンボロ車、今では廃車です。
私と彼女は人影ない荒崎の岩に隠れ話すことしきり、彼女は、当時流行りのトレンチコートです。私は毛糸のセーターに実を包み、彼女にキスをしたのです。
おっぱいを愛撫したのです。当時は童貞、処女が当たりまへででした。
帰りです、横須賀海岸通りは、曲がりくねった坂道でした。坂の途中でエンスト、今のようにオートでは無く、ギヤチエンジです。車が下がるかと思うと冷や汗です。困ったことこの上なしです。

この荒崎海岸は、富士山や天城連山を見渡せる、海と山の織り成す景勝地です。
2度目は、結婚まで約束した光枝と塚田君、近藤さんの4人で行ったのです。冬の寒い海風が吹きすさぶ日で寒かったことしか覚えておりません。彼女の髪が乱れオーバコートの裾を押さえて撮った白黒の世界でした。

横須賀は日露戦争の東郷元帥と戦艦三笠くらいしか知りません。ロシアのペテロス.ブルグで第3バルチック艦隊を見に行き交差点でジプシーに囲まれ、妻の大声で難を逃れた記憶を思い出しております。
また、海部首相の時、「荒井屋」で生け簀の美味しい遅い夕食で光子が怒られたのです。栗橋のHさんの招待で芳光、村瀬、野村、石川さんの6人が横須賀の基地で護衛艦に乗船し、海上自衛隊の訓練の凄さを見たのです。乗船した艦は先頭でスゴさがバッチリ。
驚いたことに、招待者の階級でランチも違うのです。艦内で乗船艦の盾を記念に購入しました.今でも我が家の宝物です。
この日は快晴で富士山が大きく見えました。\(^o^)/(^○^)。
今は、観艦式も日米韓でしかも中国の制服組参加しているようです。おのろけ話で申し訳ございません。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1927

トラックバック一覧