記事一覧

蔵町古河の散歩

2019.08.22 (木)

 古河市は関東領管、足利成氏が鎌倉より移り住み、古河公方として130年間古河領内の発展に尽くしました。しかし、深谷上杉氏と対峙し、戦で敗北し川越上杉氏を頼って争ったのです。。世の言う川越の野戦です。ここで嫡流の息子が討ち死にし、越後の長尾景虎を頼って、京への上洛を促したのです。
 古河には、民族歴史館や篆刻美術、街角美術館、直木賞作家永井路子の実家(資料館)や石畳の粋な小道や多く、白壁の土蔵があって散歩がてらに歩いて見たくなる風景が佇んでおります。
 また、他の街と違う明治のレンガ作りの蔵や小道、塀もあります。他の川越,喜多方、行田とはちょっと異なります。隣の野木町に日本屈指のホフマン窯あるせいでしょう。
 野木町のホフマン窯は、深谷市の渋沢栄一の東京駅や帝国ホテルなどのレンガを作った炉跡のホフマン窯より立派で乗馬クラブもあって、今でもファッション雑誌などの撮影に来ております。
 乗馬姿に緑青の屋根のホフマン窯、煙突、ゴールデンウイークにはからふるな熱気球の競技も観られます。
 これらのレトロな街は旧4号の沿線にあります。また、古河市の小道は城郭都市や人頭税の関係で間口が狭く、4メートル道路が多いのです。
 かって古河市は、猿島茶の産地であちこちの商店で猿島茶を売っております。
 川魚の甘露煮も有名です。正月のおせち料理に1品加えてみてください。歴史を感じる甘露煮のお店も沢山ありますよ。
 一度足を運んで見てください。驚きの自分を想像してください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.yane-pro.com/diary-tb.cgi/1951

トラックバック一覧