記事一覧

最後のベルリン

2016.09.20 (火)

今年は台風の上陸が多い年です。
今日も台風16号が四国全域を暴風圏に包み北上しております。
九州・四国の被害をもたらし明日には関東地方の太平洋岸を通過することでしょう。世界経済の沈滞ムードにあって、フイリッピンのドッテル大統領は、何を考えているのかわからず、外資の投資が鈍り、南沙諸島のハーグ国際裁判所の判決にかかわらず、中国寄りの姿勢を鮮明に、中国から投資を引き出そうとしているのです。オバマ大統領を売春婦の子供呼ばわりをする感覚がわかりません。
世デえ界の均衡に釘をさしているとしか思えません。私が入院してる間にアメリカはオバマからトランプ変わり、世界は自国ファースト変化し、イギリスは国民投票結果ユーロ圏から離脱を決定しのは良いのですが金融の拠点を失うことが海外の投資を失い大きな犠牲を払ってまで難民問題と比べて損得を考え始めたのです。世の中、何を行ってもお金がないとダメなのです。ニクソンも兌換紙幣から不換紙幣にしてから先進国で双子赤字が増えてしまう結果を生んだのが1960年代でからです。日本では田中角栄の時代です。
大方の国民は理解せずに時代は流れ気が付いた時は遅いのです。メデアさえも世論を自分の都合のよいように書きたがるです。
ここでも金に縛られるのです。全てが金と思えば答えは明らかです。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。
屋根の施工・住まいの点検・鬼瓦の色々・世界の瓦屋根のフォット・ガイドイン工法・全国瓦工事連盟・埼玉瓦工事組合連合会の活動・見ても面白い写真集があります。ぜひご覧ください。

ファイル 1611-1.jpg

ベルリンの壁の跡地で、観光客の訪れる広場で、各国から観光客が訪れていました。

ファイル 1611-2.jpg
かってのベルリンの壁の映像などが上映されております公設資料館です。

ファイル 1611-3.jpg

ホテルの近くにあったモニュメントです。最初は意味が解らず、観光後ベルリンの壁が崩壊した後、壁の上を歩ける平和を表していることが分かりました。

光子もまねて、壁の上を歩くそぶりをハイ・ポーズ。
ファイル 1611-4.jpg
こちらも各国の言語で表記されております資料館です。

ファイル 1611-5.jpg
ベルリンの宿泊したホテルです。マスコットのシロクマ君とツーショット。

このホテルは、ベルリン市内を見て回れるように貸自転車が置いてありました。
英文のマップが読めればわかるのでしょうが、借りることもできず、もう少し英語を勉強しておけばよかったと後悔してます。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&