記事一覧

100年前の日本の風景が古代4大文明のアナウ丘にあった

2017.10.11 (水)

世界4大文明といえばエジプト・メサポタミヤ・中国・インドです。そして、中央アジアのアナウ遺跡に来るまでは私自身もエジプトが1番早く文明が興ったと思っておりました。
添乗員の話しでは、このアナウ遺跡が世界最初だそうです。あまり有名でないのは、日干し煉瓦の遺跡のため7000年の風雪に耐えられず、元の大地に帰ったからなのです。
この遺跡は、トルクメニスタンの首都アシハバードから25km東に行ったところあるのです。
この周りにはメルヴの遺跡・テペの遺跡など多数の古代遺跡があります。
世界最西端の仏教遺跡「グーズ・カラー遺跡」もあり、100平方kmに及ぶ日干し煉瓦の城壁と掘割の遺跡で、人骨なども出土し当時の状況で散乱しているのです。
また、トルクメニスタン国立博物館を見学したときに驚きの連続でした。紀元前3000年~2000年栄えた古代マルグーシュのコーナーには女性の土偶やゾロアスター教の神殿跡からの出土品、4輪戦車の車輪(アルシンベルのファラオ・ラムセス2世の壁画は2輪車)などが展示されているのです。紀元前3世紀に栄えたニサの遺跡ではミロのヴィーナスそっくりのヴィーナス像があったのです。女性の魅力は何処の国も『くのいち』なのです。
かって、ソ連の支配下にあったトルクメニスタンのドライブインでランチを取った時に、星と月の刻印のある壺を見ので思い出に写真撮ってきました。
日本の100年前の風景は、小高い山の上の神殿跡で出会ったのです。
65年前の1948年イラン大地震で崩壊した日干し煉瓦の巨大な青龍の刻まれた柱と屋根のある祭壇に、何かお願い事をしている若いお嫁さんと義母の姿でした。
きっと子供さんが早世し、男子の世継ぎの出生を願い、願掛けの巡礼に来ていたのでしょう。
遺跡のテーブルの周りを7回まわるとお願い事がかなえられるそうです。100年前の日本の嫁と姑の姿でした。
戦前の神社にあったお百度参りのようなものですね。また、何処の国も手を合わせ、神・仏に向かい、お願い事をする光景は同じだと思いました。
また、7回まわるこの数字も何処の国でもゲンを担ぐのでしょう。
願い叶って、お子さんの誕生を心の中で願ったのはこの旅友で私だけでなかったと思います。
歴史の中の喜び悲しみ、そして早世した赤子の鳴き声が風の音に交じって聞こえそうな、この高台も砂漠での村を流す豪雨にも耐えたのです。しかし、大地震の前に崩れ去りながら、今でも亡くなった子供への信仰は続いているのです。
撮影に夢中になっていたのか、尿意を模様し青空トイレと思ったのですが、神聖な信仰の地を汚してはと思いとどまり、添乗員に聞いて、バスの止まってる事務所に急いで駆け下りてトイレにやっと間似合いました。
今夜のホテルはアシカバードで4星ホテルです。私たちのルームメイトは若くて可愛い2人組でした。日本人はめったに来ないなので話しかけてきたのです。ゼスチャーと下手な絵をかいての国際交流です。
笑顔があればみな友達。美人ちゃんに囲まれて撮影。笑顔で眠りにつきました。