記事一覧

ササン朝ペルシャ時代にワープ

2017.10.15 (日)

 ササン朝ペルシャは、紀元2世紀ローマ帝国との戦いに敗れたパルテェアは国力が衰えシャー・アルダシ―ル1世がササン朝ペルシャを建国したのです。
 彼は、ローマを破ってアケメネス朝が取り入れたゾロアスター教を国教としたのです。200年以上続いた王朝も、トルコ系突厥の抗争とホスロー1世の死後、国力が衰へ滅亡したのです。私たちはイスハーンからテヘランに行く途中、高射砲の銃口が多数ある核施設の幹線道路を通過し、アビヤーネ村に立ち寄ったのです。
 アビヤーネ村は、イラン有数の観光都市「カーシャーン」から70KMぐらいに位置する観光地です。

 それでいて訪れる観光客はごく少なく、今回も私たちの他は4~5人ぐらいでした。海抜2000mぐらいの高地で、寒さから守るためにを開口部は東側にありました。2階テラスはに田の字を中央に9角形をデザインした素晴らし格子があるのです。天井はアシのようなものでもしかしたらパピルスが網代になっておりました。ミクロネシアのテラスを想像したのです。
 このアビヤーネ村は2200年の長い間、日本で卑弥呼が権勢を振るっていた時代からの慣習を守っているのです。途中、シルク・ヒルと村があって粋な村だなと感じたのです。ビヤーネ村に近づくにつれ、三角形の穴が土中にあって、ガイドに尋ねると食品の保冷庫だそうです。

 私が子供の頃、日本各家でも、もみ殻を敷き詰めた室が床下に在ったことを想いだし、母が、ジャガイモ、サツマイモ、サトイモなどを保存してことを思い出しました。
 アビヤーネ村は、酸化鉄を含んだ土と日干し煉瓦を積み上げ、塗り固め保温の室状の家なのです。
 もし、朝日の昇るころの観光でしたら、岩山の焼ける赤い街並みでしょう。
 この村は、独特のササン朝ペルシャ時代から続く古いイスラム語でしきたりも今でも古い時代を色濃く残しているのです。老婆たちの服装は、白地にバラの花柄の大きいスカーフをざっくりかぶり、スカートも独特のファッションでした。ここがイランなのかを疑うような光景です。彼女たちは、1日中他愛もない話にゆっくりした時を過ごしておりました。
 2000年もこの光景が続いているのです。またガイドの知人宅の部屋を見せていただきました。TVもないのです。床にイランの立派な絨毯が敷き詰められ時計だけの質素な部屋です。
 村に1台の車があったのみで、お店もあまり見かけなかったのです。
この村も、遠い昔の歴史の中にあまりにも悲惨な歴史が隠されているのです。多分、虐殺から逃れるために高地の寒村に逃げ込んだそんな過去を思いながらペルセポリスに向かいました。