記事一覧

アラスカ、カトマイの豪快な鮭釣り

2017.11.23 (木)

凍てつく大地アラスカは、野生動物をはぐくみ、そこの繰り広げられる植物・動物の連鎖は、アリュウシャン・マジックと呼ばれます。
アリュウシャン・マジックはプランクトンが大発生して、南の海で子育てを終えたクジラがなん百頭と集まり、また魚群集まるのです。
小魚を求めて、ハシボソミズナギ鳥が何万羽と集まり、最後に南鳥島から阿呆鳥が飛んでくる壮大なドラマです
私たちが、知り合ったトラッパー伊藤さんは、5月の連休にフェアバンクスの駅頭に降り立ち、みぞれ交じりの天候で、寒さを堪え乍ら駅のベンチで一晩明かしたのです。それでカトマイに向かったそうです。
私たちも、息子とともに、ヒグマが鮭とる瞬間が見られると、昨年の旅行でアンカレッジの旅行案内所で聞いたのです。
フェアバンクスから、アラスカ鉄道に乗って、さらに軽飛行機でカトマイに乗り継いだのです。途中の軽飛行機を乗り継ぎ、2度目の飛行場に降立ったときです。無数のカモメが騒いでおりました。見るとヒグマがいたのです。
突然ヒグマが、湖沼の鮭の群れに飛び込んだのです。鮭を咥えて出てきました。望遠レンズで撮影できたのです。一瞬の出来事でした。
アラスカは、ほとんどの家庭で軽飛行機(価格は中古機は250万円くらい)を所有しているのです。
なぜかというと、アンカレッジから北極海に抜ける国道が1本しないのです。
あれだけ広大な大地で、1500kmを超える東西の移動は、飛行機に頼らければならないのです。軽飛行機はフロートのついた軽飛行機です。
また、湖沼の数のほうが人口より多いのです。湖沼が飛行場にかわるのです。
また、乗り継いでカトマイにつきました。もう、降り立った場所からクマに注意の標識があるのです。説明文には鈴や話し声でクマが近づか無いようにでした。
飛行場には私たちのほか3・4人が釣りの道具を持っていまた。案内人がやってきて、ジープに乗って釣り場に行き、私たち3人もモーターボートに乗って、ポイントに行ったのです。
鮭があちこちで跳ねていました。気持ちは早く釣りたいと焦るばかりです。ポイント変えながら、2時間ぐらいルアーフィッシングでした。息子は、70CMくらいの鮭を釣り上げました。私は何度かの引きがあったのですが、ルアーフィッシングは、初めてで取り逃がしました。
キャビンに行、釣りり上げた鮭と一緒に撮影したら、キングサーモンも釣れるので72cmの鮭もメザシに見えてしまいました。
いかに大物が釣れるかです。
モーターボートを運転していた方、鮭を3枚におろしドライアイスを発泡スチロールのボックス入れて日本までもっ大丈夫のようにしてくださいました。
彼は、大学の教授で休みの時に、趣味で案内をしたり、ボートの運転手をしてるそうです。私たちは、カトマイの近くのヒグマのいる国立公園にいったのです。レンジャーの案内で、4mくらいの木製の展望台に行ったのです。
桟橋に差し掛かった時です。紅サケが、群れを成して泳いでいたのです。
撮影しようとカメラを構えました。すると女性のレンジャーが飛んできて、100~150mのところでヒグマが昼寝をしていたのです。
ヒグマは、寝ていても匂いで襲ってくるから危険です。指定されたところ以外は危ないです。」言ったのです。息子とレンジャーの話では
バンガロウに泊まったお客さんが、夜中に、トイレに行こうとしたらドアの向こうにヒグマがいて、一晩中トイレを我慢した話をしてくれたのです。
公園内といえど、ヒグマは野生の動物ですからいつ襲うかわかりませんと息子言ったそうです。
インホメイションセンターで、聞いたヒグマの餌場に行ったのです。高低差が5mから6mくらいの滝があって、釣り人がいました。鍵がかかり入れません。レンジャーに聞くと、鮭をを求めて朝早くクマが集まるそうです。ところが一般の人は、時間でしか入場できないそうです。入場許可証が必要で、プロカメラマンなどの特殊な人以外は無理なそうです。
でも、カトマイのあちこちで.クマは見られるのです。この滝のあるカメラのポイントは諦めることにしました。帰りの時間になったので軽飛行機を乗り継いでホテルの戻りました。鮭釣りの面白さを味わった1日でした。