記事一覧

屋根職人のたわ言と屋根の文化論

2017.12.13 (水)

今でこそ屋根さん、瓦屋さんと呼ばれますが、今から1400年前、、板葺きの都「藤原京」から平城京遷都にあたって多分火事で焼けない西安の都を模したのでしょう。
今の韓国から3人の瓦を製造する人たちを招聘にあたって、瓦博士の称号でした。戦後間もないころ、東京が戦災から復興にあたって瓦屋根を施工する人を葺き師さんと呼ばれていたのです。
瓦屋根が一般化するに従い瓦屋さんになってしまったのです。
全瓦連の役員やブロック長の中には紫綬褒章受章者や国宝級の屋根の復元にあたる屋根工事を進める人々の中には、学者級の人材もたすう存在します。
薬師寺の西搭の復元にあたった文化勲章受章者「西岡常一」氏は職人はなのもないところから原寸お越しをして、建立するのや、学者は我々が作ったものを評論するるだけだ、西搭は300年後に東搭と木のやせ蟇股の隙間のチジミが止まった時に合うのだと言っていたそうです。1300年の歳月はこの姿を保つのだと述べていたそうです。
このように職人の中には、物つくりが好きでたまらない人たちもいることを脳裏に納めていただきたいののです。
こんなたわ言も、ここだけだと思うと寂しいのです。世界遺産を守り受け継ぐのは職人なんです。
東京駅も初めの姿に戻したのも職人たちなのです。残念なのは正面の駅長室の出入り口は、ラストエンペラー「愛新覚羅溥儀」を昭和天皇が御出向かいした場所であり、2.25事件の銃墟がある歴史の生き証人の場所が新しくなってしまったのは残念です。
ところで、私が日本、世界の屋根を見渡して、和形棟を飾る文化は、日本独特のものです。だんだん和風の住宅が洋式に変化していく姿に寂しさを覚えるのです。特に東日本大震災を境に軽い屋根を求める姿は、日本の故郷が消滅の危機にさらされているのです。
スイスで天然スレートの村落、上丸・下マルのスペインの街並み、フランスなどの平らな、石灰岩の豊富なスペインンの白い住宅、みな統一した町並みを形成し、美しさを誇っているのです。
外国人にとって、茅葺屋根は、奇異に感じまた、美を感じることでしょう。川越の蔵作り誰の目から見ても美しいのです。京都の二年坂、三寧坂の町屋は瀟洒に映ることでしょう。また、清水寺や出雲大社や厳島神社の檜波葺きの建物は日本人にも美しさを感じさせることでしょう。
皆、屋根屋の仕事です。ところがです。私たち職人を見る目は全員とは言いませんがさげすんだ目で見ることが多いのです。だけど「たかが屋根や、されど屋根や」のです。私たちが受け継がなければ、日本の故郷は破壊され、世界遺産も消滅するのです。日本の各地に、いろいろな祭りがあります。祭りの衣装は職人の作業着姿なのです。
皆さんが使う言葉にどんぶり勘定というのは、職人が前がはだける着物姿を覆う為に帯の代わりに袋のついた前掛けを見ると思います。あれを下どんぶりと言って、袋からお金を出し入れしたりしていたのです。それからどんぶり勘定が来ていたこと知ってましたか。