記事一覧

1000人風呂と酸ヶ湯湿原の散策して

2019.07.11 (木)

 ガキ大将の一人旅、日本一長い路線バス、酸ヶ湯に近づくに積雪が2m近づくいたので、室堂の雪の大谷も知らないガキ大将は驚きの連続でした。酸ヶ湯一帯は小さなスキー場です。初回の旅は、横目で見ながら浅虫に向かいました。

 光子と行った時は、湯治客の平屋の建物を左手に見ながら1000人風呂のある本館に暖簾を潜ったのです。仲居さんの差し出すお茶に渇きを潤し、ゆったりした気分を味わいながら、明日の旅路を語り、ひと風呂浴びようと手ぬぐいを肩にかけ、光子に誘ったところ、躊躇していた心を背中を押して、1000人風呂に行きました。
 湯治客は年寄りが多かったのです。しかし、心配は吹き飛んだのです。さすが1000人風呂です。湯気で入ってるおばちゃん・おじちゃんの姿が微かにわかるくらいで陽炎のごとしです。2人でくつろぎながら湯けむりを頬に感じていました。気持ちはゆったり、気分は大船に乗った人魚姫です。体中のほてりを、雪国の冷気に覚ましながら仲居さんの用意した膳に山の幸をほおばったのです。

 朝飯を平らげ外に出ると青森大学をの学生さんがボランテアで湯治客の若者を集めて酸ヶ湯の周りの八甲田湿原の散策の誘いです。私たちも加わり8人ぐらいのトレッキングです。木道を散策しながら1輪草や食虫植物のモウセンゴケを説明してくださいました。その他も説明があったのですが記憶から消えてしまいました。前方に見える八甲田山系は早春のときめきを表現しておりました。1時間ぐらい散策し、若者の好奇心をかりたってくれました。良い酸ヶ湯の思い出を残してツバメマークの路線バスに揺られながら、浅虫温泉に向かいました。