記事一覧

絹の道は今も昔も摩訶不思議

2020.07.01 (水)

 15000キロに及ぶシルクロードは、飛行機で行く点の旅では華やかな面のみが描き出され、ロマンをかき立てるだけで判らずじまいでしょう。
 古来からシルクロードは国家間の覇権争いの場であって、ロマンやほのかな香りはちょっことしかなく、中国が覇権国家になったのも、張騫、霍去病(カッキョヘイ)が歴史の表舞台に躍り出たからなのです。
 
 しかし、日本人にとっては無知の世界に存在した人物であって、高校の歴史にも登場しないのです。張騫は大月氏に行く途中、大宛(フエルナガ:ウズベキスタン東部)滞在し、王のもとに保護されていたが、匈奴の王様にとらえられ、10年の歳月を耐え抜いたのです。紀元104年の事です。アレキサンダー大王が癲癇(てんかん)で没して200年余りの年代です。
 ウズベキスタンの陵墓から出土した青銅のツバメに乗った50センチ弱の小さな馬が中国最初の国宝になったのです。
 秦の始皇帝陵の兵馬俑の焼成もだるま窯で還元焼成なのです。登り窯ではなく、ダルマ窯でした。
 長い歴の中に、日本人の足跡があるのです。明治33年チベット仏教に身を染めた川口永海もその一人です。
 シルクロードは奥深く、平山郁夫画伯も無機質の大地の中に群青の夜空と赤茶けた山々、ラクダの隊商、キャラバンサラエ、モスクなんでも書き残し、私も満月に隊列を組む絵を購入しました。
 すてきです。
 ハニウリの美味しかった思い出、1000年を経た桑の実から醸成したお酒を飲んだ思い出に瞑想に耽っております。1000年を耐えた桑は、日光街道の杉のように大木です。理解できないでしょう。