記事一覧

コロナ禍による変化に庶民の経済的に立ち行かなく?。

2020.06.09 (火)

 新業態は発生し、採算が乗らず、撤退を余儀なくされる。残るのは借金と過労で倒れる親父殿、持って行き場のない苛酷さ待っているデビルの世界が襲う予感がする!。いやですね。

 昔なら、6月はアジサイが競い合い、雨・雨降れ降れ、かーさんが蛇の目で・・・・・。歌ですが、今年は懐が寂しくて、自殺をよぎる脳内出血が続出・困窮のどん底です。日本を代表する箱根町では25%引きのプレミアム券を行政が発行を実施、一発勝負の賭けマージャンの世の中ですね。

 テレワーク用のトップ・フアッションが流行、デザイナーも活躍、AI産業の本社移転、経費は1DKで社員の出社はなく、社長の出社ー1人のみ、経費は縮む、7分の1で済むそうです。お金を使わない世の中で、企業は消毒・検温経費で困り顔、つらいね外顔ニコニコ、腹は渋面、2重人格、時間はあっても世界感にひったっていられず、カーちゃん・娘にあたる深夜の決闘。OK牧場も顔負け。東京アラート暴力団も逆らえない、行政監視。入場は社員の入り口、後ろで飲み会、コロナは拡散どうしよう。自分を感染、おっかなびっくりの歩みは鈍い、見えぬ敵、敵もさるもの、手を洗う。ホストクラブで大量感染。都のコロナ感染、選挙は小池のおばちゃん圧勝予想。