記事一覧

鉄腕アトムの誕生と鷲宮神社境内の鏡里(横綱)巡行

2021.02.27 (土)

 鉄腕アトムは私が小学4年生のころ雑誌「少年」に鉄腕アトムと小松崎茂の空想未来に憧れて、毎月のこずかいを持って久喜町(久喜市)の温古堂へ自転車で買いに行ったものです。
 毎月、発行日になると心をワクワクさせていのです。

 宝塚劇団100周年時のアトム鉄腕アトム記念館ある事を知り驚きました。きっと、Tさんも思ったことでしょう。
 宝塚劇団はもともとは温泉街で阪急電鉄の小林一三の知恵によって集大成し、関西商工会の不動のモノにしたのです。

 小林一三の系譜錚々たるものです。サントリーの創業者の鳥居一族親戚関係なのです。
 小林一三は今の戸建て建売を考えて、土地の沿線土地を買い、開発したそうです。のどかな時代だったのです。誰もきずかない時がチャンスです。いつの時代もそうなのです。今も、イノベーションを巻き起こすもの言動がそうですね。GAFやテスラの社長の言動が世界を動かしています。

 話は変わりますが、太鼓腹の横綱鏡里一行が鷲宮神社で巡行興行をやったのです。今では考えられないことと思います。よく覚えていないのですが多分鳥居の横の駐車場だと思います。昔は部屋単位の巡業で地元の興行師が呼んだのでしょう。私の小学生時代の話ですが。子供でお金を持っていないのです。仕方なくテントで張られた隙間から覗いたのですが何も見えなった記憶しかありません。

 今は、四回地方地方巡行がありますが本場所同然でTV中継もやっております。時代の変遷です。当時の鷲宮村は800戸位の寒村です。1戸5人家族として4000人の人口なのです。隔世の感があります。まだ、釣べ
井戸の家もあった時代です。戦後の復興期で精米所・酒屋・各商店威勢がよく、魚さんが御用利きを雇っていた時代です。