記事一覧

血塗られた土曜日 鶴見列車火災事故&炭鉱の火災事故相次ぐ

2021.03.23 (火)

 汽車から電車に変わり時代は益々スピードを上げながら変わって行ったのです。
 「オー 猛烈!」などの言葉がはやり、ボウリング場もピンスポッターで手作業から自動化になり、誰もがボウリング場へ押しかけ3時間待ちの状況でした。ハイカラ気分を味わい味わったのです。

 しかし、鶴見で列車の火災事故が発生し、死者161名負傷者120名を出したのです。当時の列車は扉を開けることができず、上下に上げる小さな窓に押しかけ、東京大空襲の神田川に飛び込んだ心理とおなじです。
 私も能登へ行ったとき芳光が他人の後追いして、降りたとき窓から飛び降りようとしたが出来ませんでした。もし、飛び降りたら死んでいたかもしれません。光子も駅で停車したらホームがなく剣を背負って、目線3mから飛び降りたのです。相当怖かったそうです。
 能登の旅行は色々ありました。次の駅で急行列車で折り返し駅名忘れましたご夫婦で駅員やっていました方が泣き顔の芳光あやしておりホットのです。

 大牟田の三井炭鉱で458人が落盤で亡くなり新聞で「血塗られた土曜日」報じられたのです。

 3年ぐらい前、軍艦島に行ったときに思いを新たにしました。今は上陸もかないません。思った時に実行しないと観光でさへできないのです。小笠原の父島も同じようです。米軍の機銃掃射受けた座礁船は70年の歳月で海の中に消えてしまったんです。
 人間も同じで寿命で亡くなり、忘却促す為に戒名あるのです。
 私が屋根リフォームをした蓮田のAさんの奥さんは生前の名前にしてくれと遺言を残し亡くなったのです。遺族はどんな気持ちでしょうか。でも、忘却は訪れる事でしょう。