Calendar

<< 2018/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

サバンナの大自然の中を気球に乗って・・・・・。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.02.21 (月)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
サバンナの大自然の中を気球に乗って・・・・・。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

遮蔽するものが無い、サバンナの夜明けは速い。
冷え切った冷気の中に、轟音をあげて、怒り狂う
龍のように、真っ赤な炎を、大きな大きな
得体のしれない、袋に吐き付け
満杯になった時に、我らが乗ったゴンドラは
大きく横ゆれをして、宙に浮いた。

自分の影を映して、天高く、雲雀のような点になった
サバンナは、陽を受けて明るさを増してゆく
ヌーの群れが、眼下を過ぎてゆく
シマウマの群れも後に続く
自分は鳥の気分だ

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 804-1.jpg

ファイル 804-2.jpg

ファイル 804-3.jpg


                           
ファイル 804-4.jpg

ファイル 804-5.jpg

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

沈まぬ太陽を求めて『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2011.02.20 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
沈まぬ太陽を求めて『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

真っ赤な太陽が地平線の彼方に登り
野生動物の影を長く引き、光源をましてゆく
見る見るうちに、野生動物の影は
どんどん小さく、照りつける太陽が
うとましくなる。

昼下がり、けだるさを増す
肉食獣とサバンナの大木は
惰眠をむさぼる

太陽が西に傾き
でも、太陽の輝きは
衰えを見せず、灼熱の日差しだ

サバンナの数少ない木々の影が
長く伸びる。
草食獣は肉食獣に、身構える
生を受けた此の命を
集団になって、陣形を短め
子供の命を守る

肉食獣は、けだるさを残し
ゆっくりと動き出す。
伸びをして、屈伸して
大きな太陽が、沈みかけたとき
草食獣は安どして
草をはむ

沈みかけた太陽は
大きさを増し、ゆっくりと、ゆっくりと
昨日と同じように
遅い眠りに付く
草食獣は、暗くなるまで、
草をはむ
キリマンジャロの頂天だけ
うっすらと赤みをさし
満天に星空が輝きだす
太古のとばりと同じように

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 803-1.jpg

ファイル 803-2.jpg

ファイル 803-3.jpg


                           
ファイル 803-4.jpg

ファイル 803-5.jpg

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

 

サバンナの大草原を気球に乗って空中散歩『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2011.02.19 (土)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
サバンナの大草原を気球に乗って空中散歩『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

ライト兄弟が始めて飛行機を飛ばして140年になる。
レオナルドダビンチも飛行機の原型の模型を書いた。

その昔、大きな羽をつけて、飛ぼうとした者もいた。
何時の時代も、人は大空に飛ぼうとする

光子も同じだ。気球に乗って
アフリカの大地を見たい。
夢だ。夢だ。それが今現実化しようとしている。
自分の体が浮いて、
大地をしっかり見つめて、
鳥のように遠くを見つめて、

青い空、動物の群れ
姿を現す太陽の眩しさ
太古の時代に、地球がわかれ、ぶつかり
大地を作った
何億年もかかって、
今の大地が出来た。

気球が大地へ下りた。
肉食獣のいない
安全な大地で、
美味しい美味しいシャンペンと
命の息づく有精卵で
目玉焼きを作ってくれた。
いままで食べた味にはなかった
美味しさが、口に中に広がった。
幸せをかみしめた。
生きててよかった。

人間バンザイ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 802-1.jpg
薄暗い内に飛しょうした気球はゆっくりと大地を離れて高度を上げてゆきます。

ファイル 802-2.jpg

バルーンは大きな大輪の花を咲かせてその全容を露わにする。

ファイル 802-3.jpg
素敵な食材で、シンプルな目玉焼きに驚く光子。
黒人のコックさん

                           
ファイル 802-4.jpg
アフリカの大地に長く動物の飢えをいやす水飲み場を形成する
地球の傷跡、大地溝帯。
自分たちの乗る、バルーンの影を映して、サバンナをゆっくり進む。

ファイル 802-5.jpg
夕暮れに遊ぶシマウマとヌーの群れ

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

 

見せてあげたい。日本の子供たち、この大自然の営みを『埼玉の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.02.18 (金)

   http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
見せてあげたい。日本の子供たち、この大自然の営みを『埼玉の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

見せてあげたい。大地の躍動
勉強・勉強と疲れ、家に帰れば、塾通い。
周りを見れば、子供がいない、大人の世界。
TVとゲームで仮想の世界。

冷ややかな、陰湿極まりないいじめの世界。
猫の額の宅地の中で
何時も一人で遊んでる

兄弟、姉妹一人っ子。
自分ひとりの天下様
ちやほやされて
気がつきゃ、大人になって
就活・婚活、苦しんで
挙句の果てに、派遣になって
歳を取ったら、無年金

こんな人生つまらないこと有りますか。

アフリカの大自然。
草食獣が草を食み
肉食獣が襲い掛かる

草食獣は群れをなす。
集まって命を守る。
子供を育てる

巨大な象といえど
肉食獣に集団で襲われる
家族で守る
大自然の中で、命の輪廻はまわる。

大きな太陽が
サバンナを照りつける
雨季にはイネ科の植物が
花を咲かせ実をつける

草食獣が移動しながら
子育てと共に
イネ科の植物を食む
種は草食獣のお物と共に
大地に落ちる
それを栄養に芽を出す
こんな繰り返しが
毎日行われている
昨日と同じように

人間もアスファルトのジャングルの中で
毎日同じ営みを続ける。
昨日と同じように

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 801-1.jpg
シマウマの親子

ファイル 801-2.jpg
ホテルに遊びに来る猿

ファイル 801-3.jpg
宿泊したコーテジ
立木は全てサボテンのような棘があり、多肉の葉をしています

                           
ファイル 801-4.jpg
孤高の走者ダチョウ

ファイル 801-5.jpg
草をはむヌーの群れ

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

命を紡ぐサバンナ・アンボセリ『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.02.17 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
命を紡ぐサバンナ・アンボセリ『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

乾季のサバンナは過酷だ。水に苦しみ
死にいたる。
水のかすかな匂いを嗅いで
広大な遠い彼方から集まってくる
キリマンジャロの伏流水の湿地帯に
そして、命を紡ぐ

動物の世界は、雌のヘロモンを求めて
オスがオスとたたかい
傷つき、倒れ、また、次のオスとたたかう
やっと自らの「個』を次の世に残すことができる

人間は男同士の戦いをやめ
知識、経済力で誇示する。
昔は男が結婚相手を選んだ
今は違う。男は選ばれてしまう。

男には戦闘のDNAが隠されている
戦え。自らの個を残す為に
そして、結婚し、命を紡げ
命の大切さ、遥か遠い世界に
君の祖先は、輝いていた

苦しみ、嘆き、喜び、
大きなうねりの中で
生きてきたのだ。
もし、君の遥かな祖先が
義経や聖徳太子と解った時
喜び、驚き、自分に俺はと
思い起こすでしょう。

私の妻の祖先に侍大将がいた。
ある時は、世の栄華を謳歌し
或る時代の先祖は
京の四条河原で
一族郎党さらし首になった

でも、私は妻の家系に
驚いている。
同様にサバンナで
命を紡ぐ難しさを
この厳しいサバンナの丘に立って
遥かな地平線の乾ききった
大地を見つめて思った。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
ファイル 800-1.jpg
ブッシュの間から身を隠し、獲物の匂いを風の間かかぎ取ろうとするチーター3兄弟

ファイル 800-2.jpg
母象か小象を守りながらねぐらにの向う象の集団

ファイル 800-3.jpg
母親象からおっぱいをねだる子象

                           
ファイル 800-4.jpg
3頭の子象を連れる姉妹象
象の世界は、父親象は、一切子育てに関与しません。
象の集団は、子象と母象だけなのです。

ファイル 800-5.jpg
生と死を分ける水辺とどこまでも続く瓦礫砂漠の世界。
2頭の親子象がよく見ると居ります。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

命の息づくアフリカ『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2011.02.16 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
命の息づくアフリカ『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

サバンナの朝は冷え込む。
秀麗な澄んだ空気に
チーターが動き出す。
大きな木の枝から
ゆっくりよ四方を見渡す。
些細な風の動きを捉え
風下から少しずつ、体型をサバンナに隠しながら、
ゆっくりと、ゆっくりと餌を育む
インパラに近ずく

至近距離の定置に付く
すかさず走り出し、
息付く暇もなくインパラを追いかける
インパラが跳ねる、インパラが旋回する
インパラが棘の生えたブッシュに駈けこむ
チータも陣形を縮め、必死に追いかける

その陣形の中にインパラを追い詰める
死と生の必死の攻防だ
死力を尽くし、インパラは逃げ切る。
今日も繰り広げられるサバンナのドラマだ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 799-1.jpg
マラ川の主的存在のカバ。カバは鈍獣のように見えますが、700Kの巨体で獲物を求めるときは時速40KMの早さで獲物を求めます。

ファイル 799-2.jpg
我先にとマラ川を渡河するヌーの群れ

ファイル 799-3.jpg
アンボセリの大木の枝から早朝獲物の風を嗅ぐチーターの雌雄

                           
ファイル 799-4.jpg
華麗な体型のチーター。
サバンナの最強の走者。

ファイル 799-5.jpg
朝日を受けて、獲物の匂いをかぐチーターに兄弟

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

人は朝日に向かって手を合わせるが、夕日は美しいとと思うだけです。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.10.18 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
人は朝日に向かって手を合わせるが、夕日は美しいとと思うだけです。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

人は朝日に向かって手を合わせ、神々しさを感じる。
夕陽は美しいと思って眺める。

アフリカの朝日は地平線から登り、本当にこれが同じ朝日なのか。と思うのです。
まして、地球誕生の大地溝帯の割目、その遥かかなたから昇る朝日は天孫降臨の話や、天岩戸の話がダブってくる。

そして、朝日はアフリカの大地において、
生命のは始まりなのです。

地平線に朝日が昇り始めるころ、
肉食獣は、草食獣を求めて動き出す。
十分なうウォーミングアップをして、
そして、3頭のチータは、風の匂いを嗅いで
四方に目を凝らし、耳を張り詰める。

風の中に、気配を感じ、ゆっくりと、ゆっくりと
間合いを取って円陣を組む、

そして、草食獣を仕留めはぐると、
明日まで我慢しなければならない。
これがアフリカの掟だ。

そして、そして、神のもとで最後に誕生した
ヌー、夕暮れとともに
陽炎のように、大草原の安住の地に戻る。
満天の星が、アフリカの大地に輝くとき
キリマンジャロの峰は姿を消してゆく。
アンボセリの大地は眠りに就くのです。

ファイル 662-1.jpg
大地溝帯の彼方の地平線より昇るアフリカの朝日

ファイル 662-2.jpg
サバンナに光さす、アフリカの太陽

ファイル 662-3.jpg
アフリカの大地を染める夕陽
                           
ファイル 662-4.jpg
朝日を受けて、獲物を探すチーターの兄弟

ファイル 662-5.jpg
陽炎のように群れをなして帰ってゆくヌーの一群

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ページ移動