Calendar

<< 2019/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

沈まぬ太陽を求めて『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2011.02.20 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
沈まぬ太陽を求めて『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

真っ赤な太陽が地平線の彼方に登り
野生動物の影を長く引き、光源をましてゆく
見る見るうちに、野生動物の影は
どんどん小さく、照りつける太陽が
うとましくなる。

昼下がり、けだるさを増す
肉食獣とサバンナの大木は
惰眠をむさぼる

太陽が西に傾き
でも、太陽の輝きは
衰えを見せず、灼熱の日差しだ

サバンナの数少ない木々の影が
長く伸びる。
草食獣は肉食獣に、身構える
生を受けた此の命を
集団になって、陣形を短め
子供の命を守る

肉食獣は、けだるさを残し
ゆっくりと動き出す。
伸びをして、屈伸して
大きな太陽が、沈みかけたとき
草食獣は安どして
草をはむ

沈みかけた太陽は
大きさを増し、ゆっくりと、ゆっくりと
昨日と同じように
遅い眠りに付く
草食獣は、暗くなるまで、
草をはむ
キリマンジャロの頂天だけ
うっすらと赤みをさし
満天に星空が輝きだす
太古のとばりと同じように

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 803-1.jpg

ファイル 803-2.jpg

ファイル 803-3.jpg


                           
ファイル 803-4.jpg

ファイル 803-5.jpg

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

 

人は朝日に向かって手を合わせるが、夕日は美しいとと思うだけです。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.10.18 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
人は朝日に向かって手を合わせるが、夕日は美しいとと思うだけです。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

人は朝日に向かって手を合わせ、神々しさを感じる。
夕陽は美しいと思って眺める。

アフリカの朝日は地平線から登り、本当にこれが同じ朝日なのか。と思うのです。
まして、地球誕生の大地溝帯の割目、その遥かかなたから昇る朝日は天孫降臨の話や、天岩戸の話がダブってくる。

そして、朝日はアフリカの大地において、
生命のは始まりなのです。

地平線に朝日が昇り始めるころ、
肉食獣は、草食獣を求めて動き出す。
十分なうウォーミングアップをして、
そして、3頭のチータは、風の匂いを嗅いで
四方に目を凝らし、耳を張り詰める。

風の中に、気配を感じ、ゆっくりと、ゆっくりと
間合いを取って円陣を組む、

そして、草食獣を仕留めはぐると、
明日まで我慢しなければならない。
これがアフリカの掟だ。

そして、そして、神のもとで最後に誕生した
ヌー、夕暮れとともに
陽炎のように、大草原の安住の地に戻る。
満天の星が、アフリカの大地に輝くとき
キリマンジャロの峰は姿を消してゆく。
アンボセリの大地は眠りに就くのです。

ファイル 662-1.jpg
大地溝帯の彼方の地平線より昇るアフリカの朝日

ファイル 662-2.jpg
サバンナに光さす、アフリカの太陽

ファイル 662-3.jpg
アフリカの大地を染める夕陽
                           
ファイル 662-4.jpg
朝日を受けて、獲物を探すチーターの兄弟

ファイル 662-5.jpg
陽炎のように群れをなして帰ってゆくヌーの一群

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>