Calendar

<< 2018/4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

雨漏り奮闘記 野生馬のいなかったペルーに『ペルー馬の文化が生まれた。なぜだ*****。

2010.04.09 (金)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 野生馬のいなかったペルーに『ペルー馬の文化が生まれた。なぜだ*****。
 
インカ帝国時代皇帝アタワルパは馬と鉄砲の前になすすべを失い、預言者の白い巨人が現れることを信じ、インカ帝国はその白い巨人、つまり、スペイン人ピサロ達の前に、生け捕りになり、インカ帝国は傀儡政府になり、はてには処刑されてしまった。

スペイン人が持ち込んだ馬だと思いますが、その後ペルー馬が歴史の中でスペインから渡ってきた人々が、女性、高貴な方の渡来によって、鉄道のない時代、長時間馬の背中に乗って旅をすることは、非常に難儀だったと思う。
ヨーロッパ大陸のように、平地の連続であれば、馬車という交通手段も良かったのですが、インカは海岸線から7000mの高低差のある国土で、南北に長い国でした。

その為、馬の背中が上下しない、しかも、揺れない交通手段が必要でした。
その為、生まれたのがペルー馬だったのです。
ですから、ペルー馬の脚は背中を上下させないためにも、足が横に出るのです。

日本でも、大名行列で、殿様などが乗る馬がペルー馬と同じように調教されたそうです。

このペルー馬の牧場主は、ドイツよりわったてきて、牧場、農業などをやって、今はペルー馬のダンスやレストランなどもやって、一代で財をなしたそうです。

ペルー馬に関しての博物館的要素も兼ね備えております。
ちょっとの時間でしたが、至福のひとときを過ごすことができ、
また、町のレストランで味わえない、田舎料理にも美味しかったです。                                           
ファイル 422-1.jpg
ペルー馬の美人ダンサーとフォーショット。

ファイル 422-2.jpg
ペルー馬の独特の走り方に注目して下さい。
馬の脚が両サイドにせり出しているのが解ります。

ファイル 422-3.jpg
素敵な噴水とレトロな人力車、素晴らしいですね。
ドイツから渡ってきて一代で財を築いたそうです。


                           
ファイル 422-4.jpg
ユーモラスな走り方のペルー馬

ファイル 422-5.jpg
光子お気に入りの、笛を吹く少女の噴水と素敵なお庭が気に入っていました。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301

雨漏り奮闘記 リマ郊雨漏り奮闘記 リマ郊外のプレ・インカ遺跡と恋人岬外の恋人岬の驚きました。

2010.04.08 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 リマ郊外のプレ・インカ遺跡と恋人岬

                                            
ファイル 420-1.jpg
美少女の館前で南米最後の光子との『ツーショット』

ファイル 420-2.jpg
皇帝に献上する美少女達が起居していた美少女の館。
雨が少ない地域なので、日干しレンガで建造されている。
プレ・インカ時代の代表的建物

ファイル 420-3.jpg
征服者ピサロ達の征服を早めたインカ道の起点です。
インカ道はインカ全土に4000Kに及ぶ流通網を築きあげていました。


                           
ファイル 420-4.jpg
恋人岬のおおらかな接吻の彫刻

ファイル 420-5.jpg
プレ・インカ時代の太陽の神殿。
日干しレンガで造られている為、劣化が激しい。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301

雨漏り奮闘記 南米のスペイン『リマ』

2010.04.07 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 南米のスペイン『リマ』

征服者ピサロ達はインカの都「クスコ」から13代皇帝アタワルパを処刑するとスペイン風の町を高度の低い、しかも海岸線に近く、雨の降らな『リマ』をペルーの首都と決め、スペインでかなわなかった夢の実現にセルビア風建物と街並みを作っていった。

アルマス広場を囲むように、カテドラル、教会、宮殿を形成していった。

当時本国を追われたならず者たちが、あわよくば一攫千金を夢見て、南米のあちこちでたむろしていた。
ただ、スペイン国王から、キリスト教の布教を厳命されていた。

当時、スペインはオランダと戦争をしていたが、インカの黄金が
ヨーロッパに流れることでヨーロッパ全土でインフレが起きたという。

いかに、インカの黄金がアタワルパの命乞いの為に使われたか、計り知れない。

そんな現実とバルコニーを持つ素晴らしい宮殿造営、また、アルマス広場のインカの屈辱の彫刻を今のインカの末裔たちはどう見ているのだろ。

狭い額のような、山の斜面に不法占拠の住まいを建て、生活の不便を何百年も虐げられているのだ。
ペルーに旅するものは『インカの富』のすごさの前で驚き、そしてまた、現在のかれらの生活状況を見るにつけ、忍びがたい物こみ上げてきます。

文字を持たぬ民の行きつくところ、日本のアイヌも同じ歴史をたどったことでしょう。

 
                                            
ファイル 419-1.jpg
サン・マルテイン将軍の指示によりアルマス広場のコロニアル建築のひとつでセルビア風(スペイン)の外観でバルコニー付きの素晴らしいトーレ・タグレ宮殿

ファイル 419-2.jpg
ピサロがインカ皇帝『アタワルパ』を処刑後、首都をクスコから
リマに移しスペイン風のイベリヤ様式に作り替えていった。
アルマス広場を中心に街並みを形成していった。

ファイル 419-3.jpg
アルマス広場の中心にあるカテドラルでキリスト教を布教し、
インカの民をキリストに改宗し、このカテドラルの陰で悲劇の歴史が刻まれていった。


                           
ファイル 419-4.jpg
スペイン皇室の双頭の鷲のエンブレム

ファイル 419-5.jpg
旧市街の最も美しいサン・フランシス教会

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301

雨漏り奮闘記 ペルーの首都『リマ』へ 一路帰国の準備

2010.04.07 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 ペルーの首都『リマ』へ 一路帰国の準備

 
                                            
ファイル 418-1.jpg
ペルー国旗の掲揚
なかなか見ることができません。

ファイル 418-2.jpg
観光用の馬車

ファイル 418-3.jpg

南米の沈みゆく真っ赤な太陽

                           
ファイル 418-4.jpg
大統領官邸の衛兵

ファイル 418-5.jpg
ペルー史の悲劇の象徴、『美少女の館』の美少女が征服者『ピサロの仲間たち』に強姦されている様子を擬人化して、アルマス広場の噴水の周りに配したものです。
ペルー最大の屈辱の歴史の一端をのぞかせています。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301

雨漏り奮闘記 さようならマチュピチュ!感動のマチュピチュ

2010.04.04 (日)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 雨漏り奮闘記 さようならマチュピチュ!感動のマチュピチュ

素晴らし遺跡でした。
ピサロの軍隊に破壊をまぬがれて、インカの文化の高さを見ることができて、感動致しました。

日時計、天文台、食糧貯蔵庫、カラオケのできる音響効果の施設あり、薬草園、そして、皇帝の訓示を与える広場あり、物見台ありと、多彩でした。

小さい中に最低の生活が営める施設があるということは素晴らしいです。

しかも、コンドルが羽を広げているという。
よく考えたものですね。

さようなら。マチュピチュ
 
                                            
ファイル 414-1.jpg
マチュピチュの唯一の城門です。石のヒンジがはっきりと見ることができます。

ファイル 414-2.jpg
マチュピチュの排水路

ファイル 414-3.jpg
皇帝の避寒の離宮でさすがに皇帝の住まいは磨きの石が使用され、工人、農業従事者、神官などとは違いが解る作りになっております。
飾り窓・明りとりに窓などあって良くできております。


                           
ファイル 414-4.jpg
マチュピチュの痛んだ処を補修していた職人さんがおりました。
ご苦労様です。

ファイル 414-5.jpg
町の高台よりクスコの夜景と南十字星を見てきました。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301

 雨漏り奮闘記 天空都市へのロマン

2010.04.01 (木)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 天空都市へのロマン
天空都市マチュピチュを観光すること、2時間以上飽きることなく写真を撮り続けた。

いつの間にか、同行のツアー仲間と外れてしまった。
撮影ポイントで撮影しては、速足で進む。
人影のない美しい写真を撮影する為に、忙しい行程を自分なりに作ってしまい、大変な思いをした。

本当に疑問だらけだ。
水飲み場にしたって、1400人もの人々の渇きを、この岩山でどうしたのだろう。

何種類もの食料をどのように、どの時期に、収穫したのだろう。
いつ、この都市は廃墟になったのだろう。

病気か、水か、食糧か、伝染病か廃墟と化した原因は何か。

素直に素晴らしいと、観光した方がいいのか、
雲の湧く、この天空都市、快晴であった。素晴らしい観光日和で
雲ひとつなく、これ以上の撮影条件はないと思った。

欲を言えば、夕陽か、朝陽か射し、石造里の建物群が、
陽を受けて、真っ赤に染まる光景は、ほんの一瞬かもしれないが
見ることができたならば、この世の天国かもしれない。

わが人生に悔いはなし。
マチュピチュに来れて、自分の人生幸せだった。
素晴らしきかな、人生。
生きること、素晴らしいかな。
わははは・・・・。                                          
ファイル 412-1.jpg
インカの民が集う広場。
皇帝がインカの民にいろいろな下知を与えたのでしょう。

ファイル 412-2.jpg
うら若き女性が何かに向かってひたすら神へのお祈りをしていたようでした。
教祖様かしら。

ファイル 412-3.jpg
広場で家畜のアルパカが草を食んでいました。
のんびりした有し日の天空都市が偲ばれます。


                           
ファイル 412-4.jpg
この町の民の病の為に、常に薬草園には数種類の薬草が栽培され、
民の命を救ったことでしょう。
いかに、9代皇帝は善政を引いたことでしょう。

ファイル 412-5.jpg
今で言うカラオケ設備です。
楽師たちが民を慰める為に音響効果を最大限に発揮する
施設です。いろいろな設備があることに驚かされます。

他に水路、水汲み場、アルパカ・リャマ の飼育場などもあります。
太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
お問い合わせは0480-58-0301 よろしくね!。当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

雨漏り奮闘記 どのように誰が此の都市の設計をしたのか。文字もないインカの民が

2010.03.31 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 どのように誰が此の都市の設計をしたのか。文字もないインカの民が何万という民を総動員して、しかも、全体像はコンドルが羽を広げたデザインという。

何といっても,この山間の岩山に都市を築くなんて、
今の現代の重機のある時代でさえ、重機を運ぶ道路建設から始めなければならない。

黒四ダムの工事のように。
重機もなく、鉄器もなく、馬さえもいない、
石はアルパカなどに引かせたのかもしれないが、
それにしても、すごいパワーだと思う。

いかに、9代皇帝パクチャテイ・ユキンパがインカの人々の
信頼を得ていたことでしょう。
彼の信条はTV見たのですが、民を飢えさせてはならぬ。
インカの民が安心して、農作業に従事し、旅ゆくものが、食べ物で困ることがないよう、4000kの流通網を整備し、南極圏に近い地方から、熱帯地方まで、まして、高低差はなんと7000m以上の
地域から富を集め、黄金を集めたのです。

それもこれも、彼の類稀なる、民を思う治世があったことだからできた、素晴らしい人間性に基づく全盛の賜物と思います。                                  ファイル 411-1.jpg
天空都市の主な施設の一つ、天文台(右側)と時間を刻む日時計(左側)

ファイル 411-2.jpg
天文台(主神殿)三つの窓の神殿

ファイル 411-3.jpg
食糧貯蔵庫。下を流れる川はウルバンバ(?)道路も見受けられます。
この天空都市は幸運にスペイン人に発見されず、破壊をまぬがれ、
アメリカ人の考古学者に発見されたことが幸運にも、世界遺産になり、大勢の観光客を呼び、ペルーの経済に良い結果をもたらし、
誰もが一度は行ってみたい世界遺産でしょう。


                           
ファイル 411-4.jpg
いろいろな工区の一つ、職人たちの工区と言われております。

ファイル 411-5.jpg

この段々畑は、高度を利用して、いろいろな植生があり、
小麦、ジャガイモ、トウモロコシ、野菜、その他もろもろの、食糧が作付された。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301

ページ移動