Calendar

<< 2018/2  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

記事一覧

グランドキャニオン最終回『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.01.02 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                         
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
グランドキャニオン最終回『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

小学時代から仲良しだった青木君夫妻と初めての海外旅行です。
今まで、何かと出無精だった青木夫妻を連れだした。

グランドキャニオンは雪景色だった。
飛行機が乗れない時代、グランドキャニオンには馬か鉄道しかなかった。

今は、飛行機、バス、ヘリコプター、乗用車と色々な形態があります。

私達は4人のツアーでしたので観光タクシーと決め込みました。
ログハウスの駅舎があってとってもロマンチックでした。
駅員さんも、オーバーをはおってとてもアメリカンでした。

汽車はジーゼルのカッコいいスタイルでした。

見渡せば雪景色。
カモシカも現れ、大自然の中居る素晴らしさを満喫致しました。

明日からイタリアに行ってきます。
しばらくブログは休みます。
宜しく お願い致します。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 751-1.jpg
グランドキャニオン公園内のログハウスの駅舎
駅員さんがとってもカッコいいですね。

ファイル 751-2.jpg
グランドキャニオン内を疾走するジーゼル機関車

ファイル 751-3.jpg
雪のグランドキャニオン

                           
ファイル 751-4.jpg
青木夫妻と私と光子

ファイル 751-5.jpg
広大なグランドキャニオン

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

グランドキャニオンのすごさを体感して下さい。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.12.29 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
グランドキャニオンの素晴らしさは、人を感動させ、途方もなく大きな夢を抱かせることです。

軽飛行機に乗って、自分がいかに小さく、自分の存在が、いかに瞬時なのかを悟らせてくれる。

自分がちっぽけで、己の命が小さいか分かります。
しかし、このちっぽけな命も、このテーブル台地を我がもののし、
そして、多くの人たちが、この素晴らしさを分かち合えることは、
この巨大な大地も、われわれの小さな懐に入ってしまうものだと考えました。

この偉大な渓谷を征服、鑑賞できるのです。
飛行機で3時間以上の搭乗も、眼下の移りゆく景観に見惚れていました。

移りゆく景観のすごさは、日本にはどこにもありません。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 744-1.jpg
このどこまでも続くテーブル台地の元に、想像もできない激流が、縦横無尽に時の流れの中で、作り出した素晴らしい景観なのです。

ファイル 744-2.jpg
あちこちに山を造り出し、小さいように見えても筑波さんくらいの高さはあるのです。
そんな山が無数に見る事だ出来ます。

ファイル 744-3.jpg
何億年前は、平らな大平原を想像して下さい。
底のコロラド川が、長い長い時をかけて、その大平原を流のごとく暴れまわり、刻んでいった渓谷の美しさなのです。

                           
ファイル 744-4.jpg
深い森を何億年の歳月をかけて、高低差2000m及ぶ深い大渓谷を刻んでいます。

ファイル 744-5.jpg
ツンドラのようなテーブル台地です。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

 

グランドキャニオンは空路・鉄道・バスの3の行き方があります。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.12.28 (火)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
グランドキャニオンは空路・鉄道・バスの3の行き方があります。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

グランドキャニオンには渓谷にロバで下り、激流下りがあるのですが、さすがに物好きな私でも、全て英語のツアーには参加できませんでした。

それは、危険が迫った時、ワンテンポ遅れると、命にかかわるからです。

もうひとつ、理由があります。
8日間と言う長期の川くだりだからです。

2000m下から望み見る渓谷の断崖は素晴らしいと思います。

2000mとは言わなくとも700m位下った中腹と言うのか、よく解りませんが、インデアンの居住区があるのです。

インデアンもそうですが、シェルパ族もあるいはエスキモーも、
インデオもそうなのですが、
皆白人に住む所を追いやられ、到底人の住むような場所でない
高地や寒冷地、狭小な大地、砂漠地帯に彼らは安住の地を求めたのです。

日本のアイヌ人も、奈良時代以前には、関東地方のどこそこに住んでいたんのです。

その人たちの名字が安部(阿部・安陪・安倍)さんなんかは、祖先をたどるとアイヌに行き当る人もおるはずです。

もともと、阿部は阿場と言う湿地・萱の生えていたところを現すそうです。

そんなことより、グランドキャニオンの雄大さ、筆舌の値致します。

広大さは東西350km、南北30kにも及ぶ大渓谷です。

この広大さは、上空から俯瞰しなければ到底、理解しがたいものです。

また、この渓谷のど真ん中を縦断する鉄道に揺られ、時間のたつのをたっぷりとお楽しみください。

この渓谷は、多彩な生き物と、多彩な景観、しかも砂漠地帯から
雪の降る極寒の地域まであるのです。

正月に行ったせいか、ビューポイントの一つに行った時、
巨大な氷柱に驚かされました。
グランドキャニオンは行ったものに優しく、広大な景観を見せてくれます。
とても、写真やTVでは表現できません。
是非、行って堪能して下さい。
出来れば、グランドキャニオン内のホテルに1泊して、朝日、夕陽を堪能して下さい。

残念ながら、私は3度とも日帰りで見る事が出来ませんでした。

今度行く時は2日~3日ぐらいゆっくりして、いろいろな体験をしてみたいと思います。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 741-1.jpg
右端に白頭鷲が羽を広げ、今にも飛び立ちうとする岩肌が見えます。
ウエストリムからの撮影。
バスツアーで行きました。

ファイル 741-2.jpg
コロラド川が2000kmにも及ぶテーブル台地を深く刻んでいます。

ファイル 741-3.jpg
荒削りの岩山が俯瞰できます。
                           
ファイル 741-4.jpg
刻まれたテーブル台地の渓谷美です。

ファイル 741-5.jpg
テーブル台地に太古のままの森がしげり、大地の長い時間の中での景観がよく解ります。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

 

ルーズベルト大統領が絶賛したグランドキャニオンはすごい!。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.12.27 (月)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                         
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
ルーズベルト大統領が絶賛したグランドキャニオンはすごい!。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

全長400kmにも及ぶ広大な、しかも、果てしなく広がるテーブル大地に、何億年と言う時流れが造り出した、大地キャンバスとした広大な渓谷美です。
それは、芸術以上の心を打つものがあります。

朝日、夕陽に真っ赤に染まる岩の美しさは、筆舌を絶します。

そこに広がる景観は、コロラド川を堰き止めた人工湖沼あり、死の灰が表面を覆ってる様に見る人に感じさせる、白い岩肌。

人工湖は光と影の芸術作品を造り出し、
岬と湖面のコントラスト、これも見逃すことが出来ません。

島の陰影は、エイに見えたり、双頭の鷲に見えたり、見る者を飽きさせません。

低空の空からのグランドキャニオンは、景観もさることながら、
見るものを威圧致します。

ルーズベルト大統領を感嘆せしめた、素晴らしい渓谷です。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 740-1.jpg
コロラド川の人工湖は多数の入江と群青色に輝く湖面を輝かせておりました。
切り立った山々が人工湖に吸い込まれておりました。

ファイル 740-2.jpg
白い砂漠とそれに連なる緩やかな峰々が深淵な緑に融和しておりました。

ファイル 740-3.jpg
日本の古刹、竜安寺の庭園を想起させる風景が懐かしさを覚えました。
波形の美しさに、思わずシャッターを押しておりました。
                           
ファイル 740-4.jpg
まさにこれぞ渓谷美。
切り立った岩肌が、見るものを威圧してました。

ファイル 740-5.jpg
雪のように見える大地も雪でなく、死の恐怖がよぎる荒涼たる白い大地です。

人も、鳥も、緑の木々さへも、寄せ付けぬ風景です。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ラスベガスのエジプト、ルクソールホテル。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.12.16 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
ラスベガスのエジプト、ルクソールホテル。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

TEL0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
ご連絡お待ちしております。

ファイル 727-1.jpg
カジノの入口にでんと構えるラムセス2世の石像
カジノ入口の人物と比較して下さい。すごいでしょう。
これがホテルの中なのです。

ファイル 727-2.jpg
アルシンベルの小神殿の妃の石像そっくりです。
足元にスフインクスも配置されています。

ファイル 727-3.jpg
アルシンベルの大神殿内部の戦いの彫刻の復刻版です。

                           
ファイル 727-4.jpg
ハンサムなスフインクスですね。
チョット軽がるしいですね。

ファイル 727-5.jpg
ルクソール神殿の壁画と見違いますね。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

もっともテキサスらしいのが、このダンタウンのラスベガスです。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.12.16 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
もっともテキサスらしいのが、このダンタウンのラスベガスです。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

ラスベガスにはコロラド川をせき止めた人工湖で発電する電力を全部使い、確かネバタ州全体で使用する電力に匹敵するか、それ以上の電力消費電力だそうです。

すごいです。飛行機から見るラスベガスは、まさにダイヤモンドのきらめきです。

話は飛びますけれど、ラスベガスは何と言っても、ストリップとダンタウンです。

ストリップと言ったって、いやらしくもなんともなく、ホテルが集まっている中心的な通りのことです。
銀座通りと同じようなものですよ。
ダンタウンは、まちはずれですよ。

実際はずれでなく、中心地が2箇所あると思えばいいんですよ。
私はダンタウンの方がアメリカらしく好きです。特にフリーモントのカウガールの夜景は何とも言えませんね。

ダンタウンは絵になりますよ。
ストリップはあまりにも有名すぎます。
大きなホテルがあって、24時間カジノが回り、これ以上の遊び場はありません。

面白いですよ。
特にカジノで儲ければ。
ラッキーそのものです。
ラスベガスの空港からスロットがあって、最後の帰国時も、
スロットでお金を使い切って帰って下さい。
そんな雰囲気の町なのです。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 726-1.jpg
最もアメリカらしいフリーモントのカウガールのネオンサイン

ファイル 726-2.jpg
ビックなコークの中をエレベータが上下してるんです。

ファイル 726-3.jpg
日本の提灯のような形をしたネオンサイン

                           
ファイル 726-4.jpg
人通りの絶えないダウンタウン

ファイル 726-5.jpg
ロンドンを再現したストリップのホテル

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

 

白雪姫が小人さんに囲まれ踊りを踊っておりました。ビッグなビッグなラスベガスで。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.12.15 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
白雪姫が小人さんに囲まれ踊りを踊っておりました。ビッグなビッグなラスベガスで。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

深い深い森の中に捨てられた白雪姫は、7人の小人に出あい、
この森の中で、一緒に住まわせて下さいと懇願します。

小人は喜んで、大きな大きなおとぎのお城を立てました。
継母の魔女は怒って、猟師たちに鉄砲で撃ち殺すように命令を下すのですが、余りの美しさに見惚れ、漁師たちは、撃ち殺すことが出来ませんでした。

なんかおかしいですね。
こんなおとぎの国のお城もあるんですよ。
そればかりではありません。

踊る噴水。音楽に合わせ、舞い、走り、跳ね上がる、人間が音楽に合わせ、バレーを踊るように、強弱をつけて、首を振ったり、トウシューズで跳ねる、素晴らしい演技を披露してくれます。

目をそらすと、摩天楼に自由の女神がアメリカのシンボルのごとく天を付いて林立しております。

その間を、ループを描いたジェットコースターが天に向かって疾走してます。
豪快に。全てがダイナミックです。すべてがビック。
それがラスベガスです。

その裏側で、人生の縮図が存在している奇妙な町なのです。
金、欲、おとぎ話、夢、笑い、悲しみ、
人の感情が、同時に、同時刻に渦を巻いて居ているのです。

しかも、立派な工業地帯でもあるのです。
ダンタウンには立派な会社が沢山あって、流通がよくて、飛行場が6箇所もあるんです。

考えられないような町なのです。
一般に紹介されているのは、ごく一面的でしかないのです。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 725-1.jpg
白雪姫だ出てきそうなおとぎの国のお城のホテル。
中は子供さんが喜びそうな、グッズでいっぱい。
中は全て外観に合わせてあるのにびっくり。

ファイル 725-2.jpg
踊る噴水

ファイル 725-3.jpg
銃の女神と摩天楼。
ホテルの中は、ノスタルジックなオールドニーヨークの場末が
街並みになって連なっています。
戦後の浅草のような景観が再現されています。

自分が、インデアンと対峙しているような錯覚の陥ります。

                           
ファイル 725-4.jpg
踊る噴水です。
見ごたえのあるショウです。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

 

ページ移動