Calendar

<< 2018/4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

ハイブリッドな屋根材セキスイ S『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.14 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
ハイブリッドな屋根材セキスイ S『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ホームページよりご契約なされた行田市のTS邸さんです。
行田市は辛亥鉄剣で有名な崎玉古墳や今、のぼうの城で有名な忍城や古代ハス、足袋蔵、b級グルメのフライ・ゼリーフライで一躍有名になっております。

この行田は忍十万石の城下町で、町のあちこちに幕藩体制の面影を残し、よくよく見ると素敵な街です。

お施主様のTSさんは家内の実家、富田印店でハンコ作って頂いたそうです。

お施主様は新潟生まれという事で、とても温厚な芯のしっかりしたご夫婦でした。

セキスイSは積水屋根システムが耐錆30年保証をしている超耐久性のある製品です。

私たち屋根診断士の中までも、一番の人気商品です。
私も、このセキスイSは太鼓判を押しております。

お施主様のご選択でグリーンを選択なされました。
グリーンは凝灰岩という石を砕き、GL鋼板に圧着したものです。

内側も、GL加工がなされ、トップコートが塗膜として表面加工されております。

この製品は、日本と気候が似ておるニュージランド生まれです。

ファイル 689-1.jpg
セキスイSの軒先水切り板を施工しました。

ファイル 689-2.jpg

セキスイSを2段目葺きあげ雪止め金具を施工致しました。

ファイル 689-3.jpg
谷樋を施工し谷面戸を取りつけました。

                           
ファイル 689-4.jpg
2Fの東面、北面、西面の施工が終り、隅部分を立ち上げ、雨水の侵入を防いでおります。

ファイル 689-5.jpg
谷樋部分の加工を終わり、平棟仕様のスペイサーを取りつけました。
セキスイSの特徴は木材を使用せずGL鋼板による施工が特徴です。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

自然の石粒を圧着したGL鋼板のハイブリッドな屋根材 セキスイSSS施工 雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん

2010.11.13 (土)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 自然の石粒を圧着したGL鋼板のハイブリッドな屋根材 セキスイSSS施工 雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
TS 邸名住所 埼玉県行田市
1新規葺き替え商品名 セキスイSSS(スーパースチールストン)
 
2特徴  GL鋼板はアルミと亜鉛が表面処理されております。
ガルバー鋼板は切断面(小口)がアルミの伸びる性質を利用して小口がアルミで覆われます。その為の小口の腐食が防げるのです。アルミは当然錆ませんよね!
   
3.お客様のご要望  自分たちは新潟育ちで、雪の怖さを知っていますので、全面に雪止めをとりつけて下さい。との事でした。
もうひとつは、既存屋根材の撤去でした。

4.こんな工夫をしました。工事は、風の無い日を選びました。周りに飛散しないように配慮しました                                                                  
ファイル 687-1.jpg

既存コロニアルの全面撤去でしたので、棟板金を撤去致しました。

ファイル 687-2.jpg
防水紙が経年変化でコロニアルに張り付きバリバリでした。
屋根の地面を露わにいたしました。

ファイル 687-3.jpg
コロニアルの隅棟部分が隅切という施工がしておらず、その結果雨漏りを引き起こしておりました。
そのため、既存の雨漏りした野地面を撤去して、新しい野地を造り、構造用合板を施工致しました。


ファイル 687-4.jpg
天井裏の断熱材に雨漏りの痕跡を残しておりました。

ファイル 687-5.jpg
野地を施工し、最高級の3重のゴムアスシートを施工致しました。

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

屋根工事報告書 セキスイかわらSを重ね葺き工事

2010.11.10 (水)

屋根工事報告書 セキスイかわらSを重ね葺き工事

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みになります。
宜しくお願い致します。

 さいたま市中央区でセキスイかわらSを重ね葺き工事しました。
平成19年4月30日から5日間でした。

雨樋の交換を施工しませんでした。

ファイル 683-1.jpg棟板金・貫板を撤去しました。

ファイル 683-2.jpg防水紙(ゴムアスルーフィング)を施工しました。

ファイル 683-3.jpg本体瓦を施工しました。
ファイル 683-4.jpg平棟を施工しました。

ファイル 683-5.jpg完成です。

屋根工事職人ルーフ

セキスイの金属屋根で工事をしました 雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん

2010.09.22 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 セキスイの金属屋根で工事をしました 雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
 邸名住所
1新規葺き替え商品名 セキスイ メタル
2特徴  GL鋼板はアルミと亜鉛が表面処理されております。
         ガルバー鋼板は切断面(小口)がアルミの伸びる性質を利用して小口がアルミで覆われます。その為に小口の腐食が防げるのです。アルミは当然錆ませんよね!   

3.お客様のご要望  別荘地の高台にあるコロニアルの被せ葺き工法の為、大型レッカー車で荷揚げを致しました。
4.工事の特徴  ドーマーが2箇所有ました。棟で接続する為、計算して合わせるのに苦労致しました。
5.こんな工夫をしました。 既存のコロニアルが夏期にほてり現象に悩まされるという事で換気棟の施工を提案致しました。                                                                   
ファイル 626-1.jpg

ファイル 626-2.jpg

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

ニュージランド生まれの高耐久屋根材「セキスイM」工事 『雨漏り奮闘記』 さいたまの屋根屋のおっさん

2010.08.14 (土)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニュージランド生まれの高耐久屋根材「セキスイM」工事 『雨漏り奮闘記』 さいたまの屋根屋のおっさん
 邸名住所 野田市 K邸
1新規葺き替え商品名 セキスイS 
2特徴  GL鋼板+天然石圧着のコラボ屋根材
    ニュージランド生まれの高耐久性屋根材
    断熱効果もバックアップ材は洗濯板状になっていて
    通気性が良く、内部に熱が自然対流を起こしてくれるよ。

3.お客様のご要望  長持ちするもの良い
4.工事の特徴    勾配が強くしかも、屋根が多面体でした。
5.こんな工夫をしました。 玄関の真上が谷樋でしたので、玄関口の上にシートでごみくずが頭の上に落ちないようにしました。                                                                    
ファイル 586-1.jpg
棟板金を撤去しました。
雨水が毛細管現象で、防水紙の所まで、到達しております。
きっと、隅棟部分が雨漏りしていたことでしょう。

ファイル 586-2.jpg
棟の笠木(板金)を撤去して、野地面を平らにしました。
ファイル 586-3.jpg
ゴムアスシート(防水紙)を貼り、セキスイS(金属瓦)を荷揚げしました。


ファイル 586-4.jpg
セキスイSの棟部分に雨水が侵入しないように、棟部分を立ち上げました。
谷樋部分は、小口が綺麗に仕上げる為に、折り込みました。

ファイル 586-5.jpg
多面体の屋根が立派に仕上がりました。

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

すっきり、スマート・おしゃれな屋根材「セキスイMF」 雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん

2010.08.12 (木)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 すっきり、スマート・おしゃれな屋根材「セキスイMF」 雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん

 邸名住所      さいたま市浦和区 M邸
1新規葺き替え商品名  セキスイMF(断熱材入り) 
2特徴         GL鋼板はアルミと亜鉛が表面処理されております。ガルバー鋼板は切断面(小口)がアルミの伸びる性質を利用して小口がアルミで覆われます。その為に小口の腐食が防げるのです。アルミは当然錆ませんよね!   

3.お客様のご要望   2Fが夏になると非常の熱くなる。寝苦しくなるという事です。
4.工事の特徴     既存コロニアルの上にカバー工法の為、2階の寝苦しさが緩和されます。実験データーから本がわら並の数値が得られています。
5.こんな工夫をしました。袖板金の部分がひずみが入るので、施様の要望で3.2mm鋼板で特注加工致しました。本体部分と多少色の色部分で違いました。                                                                   
ファイル 582-1.jpg
コロニアルの棟板金を撤去し、屋根面を平にします。

ファイル 582-2.jpg
3重のゴムアスシートを屋根面に施工し全面に貼りました。

ファイル 582-3.jpg
軒側より施工して雪止め金具を取り付ける。

ファイル 582-4.jpg
棟板金の固定用の笠木(防腐処理材)を施工

ファイル 582-5.jpg
セキスイMFが美しく仕上がりました。

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

セキスイかわらDeリフォームショップ「オオギヤ」からですよ。太陽光発電の補助金をGETしてエコ・ライフをしよう。 

2010.08.11 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 セキスイかわらDeリフォームショップ「オオギヤ」からですよ。太陽光発電の補助金をGETしてエコ・ライフをしよう。 
 
                                            
ファイル 580-1.jpg
セキスイSのグリーンは凝灰岩の石粒を圧着してあり非常に耐用年数があります。
30年は安心してしてご使用になれます。

ファイル 580-2.jpg
隅棟に隅棟スペサーと言う金属の固定部材を施工しました。

ファイル 580-3.jpg
棟スペサーに棟包という棟板金を施工致しました。


                           
ファイル 580-4.jpg
セキスイSのひときわ美しい仕上がりです。

ファイル 580-5.jpg
外観が素晴らしいお住まいに仕上がりました。
施主様に非常に満足されおほめの言葉を頂きました。

太陽光を推進しよう会の「さいたまの屋根屋・新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽の恵みは無尽蔵ですよ。ソーラーって素敵ですよ。
連絡先は埼玉県
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ページ移動