Calendar

<< 2018/4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

霧島神宮から別府温泉に

2017.04.04 (火)

フイリッピン大統領ドッテルテが強権政治から抜け出せるかの記事が見えました。3000人近くの麻薬患者を有無を言わさず射殺して、議会を90%以上の支持率の前に議会も無視したのです。民主主義の恐ろしい反面です。

いま世界は、米国をはじめそんなポピュリズムに覆われそうとしております。ヒットラー然、スターリンしかりです。
行き過ぎた民主主義の悪弊です。

日本は、世界の先進国の中で失業率2.9%です。完全雇用が続いております。あまり不満の無い安定している社会が作られているのです。
ただ、長寿命というリスクの不安が漂っていることは確かです。
社会保障、子育ての不安です。工業化社会のひずみが来ているのです。

&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

ファイル 1693-1.jpg

日本で初めての新婚旅行を実行した竜馬とお竜の看板の前で。この時のお竜はどんな気持ちだったのでしょうか。
きっと霧島神宮に2人の幸せと竜馬の考えている明日の日本の姿を夢見ていたのでしょう。

ファイル 1693-2.jpg

霧島神宮の案内板

ファイル 1693-3.jpg
良い人生であります様に。招霊木の前で。

ファイル 1693-4.jpg
別府温泉の朝日

瓦は各地方の景観にも特徴があるのです。
例えば、岡山県は備前瓦と言って硬質で耐寒性に優れしかも耐用年数が
抜群にあります。来待瓦と言って赤い瓦で知られる島根県の石州瓦は、
千石船に乗って会津・庄内で有名な酒田等の屋根は来待瓦が街並みを
形成したのです。

霧島神宮は延喜式に見る官幣大社

2017.04.03 (月)

平成28年4月14日21時26分に熊本地震は起きた。
前震と呼ばれる地震に続き本震が国宝の熊本城の石垣、屋根の本葺きと言われる屋根瓦の棟、唐破風屋根などに甚大な被害を与えたのです。
外観を映像で見る限り、内部の壁、天井、梁などにも被害は出ていることでしょう。
今、みなさんにはご理解出来ないかもしれませんが、日本の文化を支えている和瓦、本葺き瓦屋根を施工できる瓦葺き師が年齢と後継者難でどんどん減っているのです。
軽くて安いものに屋根材が移行しているのです。

世界一建築戸数を誇るハウスメーカーがそうして自分たちの利益追求のためとも知らず、建て替えを進め、省エネ、バリヤフリーを求め、それで本当に健康な家だろうか。
この項については後で考察するとして、もし、和瓦、本葺き瓦の葺き師たちが消滅してしまったら、来訪の観光客は幻滅し、インバンド効果も薄れてしまうのです。

和瓦は日本の文化です。熊本城は国宝です。国宝の屋根は和瓦です。国宝を残すことは日本人の誇りです。
日本の瓦屋根。瓦万歳。 久喜・蓮田・白岡・幸手・加須・宮代・伊那・古河のみなさんよろしく。

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

ファイル 1692-1.jpg
霧島神宮の拝殿前にて。
彫刻をご覧ください。西の東照宮と言われるゆえんです。

ファイル 1692-2.jpg

霧島神宮の拝殿前にて。光子

ファイル 1692-3.jpg

霧島神宮の御才神
ファイル 1692-4.jpg
長い境内の森の深くに官幣大社「霧島神宮」が鎮座してます。
この霧島神宮は火山霧島の峰の懐・霧島の峰は、何度も霧島神宮を焼き尽くし、そのたびに島津家が再興を繰り返したのです。
また、この神宮の神楽の面にイラン人のような仮面があるのです。
奈良時代の前に何ら化で渡来し神楽面になったのでしょう。

ファイル 1692-5.jpg
永遠に栄へ続く天皇家の御代を謡ったさざれ石です。
千代に八千代に・・・・・。です。天孫降臨の地に逆鉾をこの地の峰に突き刺し、瓊瓊杵尊が降り立ち、その家来の一人が大伴家を起こし、同じ渡来人の蘇我氏と戦い、敗れ、後の藤原鎌足が光子の祖先なのです。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>