Calendar

<< 2018/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

仁徳陵は巨大建造物ですね。

2015.01.19 (月)

連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

***************************************************

一瞬にして神戸・淡路の都市の街並みを破壊した、直下型都市災害の恐ろしさをTV番組か「20年目のシリーズ」で放映しておりました。

私も剣も、晋も視察に行きました。
長田町の火災の後は、焼夷弾で焼きつくされた、東京をもいだしました。

母といった、高田の馬場の泉家の周りは戦後昭和26年当時も
原っぱでした。今の東京の高層ビルは想像もできませんでした。
そんな光景が広がっておりました。
作業衣を着て、カメラを懐に隠し、撮影してきました。
これについては、「扇谷フォトアルバム・屋根に関する施工例・写真集」でアップしてあります。ご覧ください。

当時、神戸に降り立ったときは、新大阪の駅前と違い
すごい光景が飛び込んできました。
驚きの一語です。天災は忘れたころにやってくる。
まさにその通リですね。
それからが大変。新潟地震・能登半島地震・玄界灘地震
東日本大震災・長野地震。
これでもか、これでもかと日本列島を沈没させるように、
地震が続いたのです。
瓦の使用量が激減。業界は青色吐息です。
日本から瓦職人が消えてしまいそうです。

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

瓦屋根を大切にしましょう。
TEL0480-58-0301

*****************************************************

ファイル 1368-1.jpg
仁徳天皇陵の百舌鳥古墳群

ファイル 1368-2.jpg
堺市役所の高層ビルの展望台から仁徳天皇陵見学

ファイル 1368-3.jpg
貿易で繁栄を極めた堺の街並みの屏風絵
南蛮人も見受けられます。

                           
ファイル 1368-4.jpg
堺といえば鉄砲・鉄砲といえば織田信長
信長は完全勝利した長篠の戦
その鉄砲が展示してありました。
1丁45万円ぐらいだったそうです。

ファイル 1368-5.jpg
堺衆の一人、茶の湯を極めた千利休像

屋根の葺き替え工事のエキスパート「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
日本の風土に合った瓦が健康にも良いこと知っていますか。
全瓦連のホームページも見てください。
屋根の知識に素晴らしい情報が満載。
連絡先は埼玉県久喜市  ㈱オオギヤです。
FD 0120-58-9901 

魅惑の宝塚歌劇団

2015.01.14 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
再生可能なエネルギーの買取りによって、電気料は高くなる、円安によって瓦の釉薬・流通コストの上昇、
瓦屋根業界は軽い屋根材と片流れの屋根が増え、陶器瓦の
三州産地は、青色吐息。
日本の故郷の風景は消滅の危機にあるのでしょうか。
その中で、外国人による和瓦の再評価が進んできていることは
皮肉な現象と言わなければなりません。

また、企業に忠誠を尽くすために、勤務先の近くに
建売を買って、男の人は、妻・子供のために、
ローンを払い続ける、老後は、痴ほう症になって、
特別養護施設。こんなことって、幸せなのですか。
瓦は、素晴らしい。1400年の歴史に中で、
幼子の思い出に残り、故郷を作ってきたのです。
瓦万歳。瓦の良さを大学で教えてください。
空気のような存在なのです。
旅に行って、しみじみと思うものではないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
瓦業界は団結がないのです。
ハウスメーカーの言いなりになり、職人の生きがいと
誇りを捨ててしまったのです。

職人は学者より伝統の名がで培った業こそ素晴らしいのです。
もっと誇りを持って、日本の住環境を守っていきましょう。

宝塚だって、小林一三が大きく育てたのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1365-1.jpg
電飾版でもこんなに素晴らしく撮れるのです。

ファイル 1365-2.jpg
ルパン三世の看板の前で。

ファイル 1365-3.jpg
ベルばらのミニ銅像の前でツーショット

                           
ファイル 1365-4.jpg
宝塚歌劇団100年オンパレードでした。

ファイル 1365-5.jpg
100周年、宝塚歌劇団・愛と人生

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

宝塚温泉の宝塚歌劇(100周年記念公演)

2015.01.14 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
クリックをお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
宝塚歌劇100年記念公演。
何と小気味の良い響きではありませんか。
何処か女の園の美しいエンターテイメントを想像しませんか。

ところが宝塚歌劇の歴史は宝塚温泉の地方の女歌劇から始まったのです。

最初は2座あったそうです。そして1座が潰れ、宝塚歌劇団が残ったのです。

そこに、阪急・東宝グループを創設した小林一三がいたのです。
明治.大正期は、交通が不便で初詣さえも鉄道が品川まで敷設されるに至り、川崎大師詣でが盛んになり、京成線ができると
成田山新勝寺が初詣でにぎわったそうです。

小林一三も鉄道を敷設することによって、宝塚歌劇団と
温泉が反映すと着目し阪急電鉄の駅を歌劇団の徒歩3分繰りのところに作ったのです。

それと歌劇団員の切磋琢磨が歌劇団を盛り上げ、鉄道を起点とする都市開発・流通事業と手を広げ、東京のど真ん中に東京宝塚の
文化事業の手を広げ、私鉄経営のモデルを作ったのです。

そんな中で、宙組・星組・雪組・花組を拡大させ、歌劇団の学校まで創り上げたのです。

今でも宝塚歌劇団のトップスターは芸能界のと龍門的存在です。

ファイル 1364-1.jpg
宝塚劇場の入り口で撮影

ファイル 1364-2.jpg
宝塚歌劇団の入り口
イベント商品も大変売られておりました。
ベルばらなどの衣装付けて撮影する写真館も繁盛しておりました。

ファイル 1364-3.jpg
電飾版から撮影
                           
ファイル 1364-4.jpg
電飾版から撮影

ファイル 1364-5.jpg
内部は撮影禁止の為電飾版を利用して臨場感を出しました。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
もし、貴女がヨーロッパに行って、色々の形状の屋根瓦があって、色々の色彩があって、テンデンばらばらだったら幻滅を感じませんか。
美しい景観は、統一がある~のです。
ドナルドキーンが尾道の坂の風景を絶賛したかご存知ですか。
彼にとって、日本瓦の黒はヨーロッパの素焼きの赤と違って、
黒の素焼きのまだらが鮮烈に目に飛び込んできたのです。
京都、奈良は日本独特の風景なのです。
斑鳩の5重の塔は石の文化圏の人にとっては、赤と黒の対象の建造物は素敵に映るのです。
和瓦をもっと大切に致しましょう。I

埼玉の屋根屋さん「住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。」
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。

宝塚の鉄腕アトムミュ-ジアム

2015.01.13 (火)

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。

*********************************************************

鉄腕アトム。60年の歴史のあるマンガです。
確か私が小学校4年生の時、青函連絡船の沈没の話が
ラジオで流れていたとこのころでした。

1000人以上の犠牲者をだし、函館港から500m位のところで、
汽車の格納庫に海水が入り、列車が横転し沈没したのです。

タイタニック号につく海難事故としてニュ―スが流れました。
TVはあったのですが、今の価格にすれば1000万円ぐらいの
価格だったのでしょうか。

鉄腕アトムは天馬博士の子どもが自動車事故で亡くなり
子煩悩の天馬博士が作り出したのです。

しかし、何年たてたっても大きくならず、怒ってしまい
サーカスに売ってしまったのです。

しばらくして、それを見たお茶の水博士が買い戻し、育てたのです。

当時、サザエさん・のら黒三銃士・小松崎茂の空想宇宙絵画(現在のスペースシャトル・人工衛星)ターザン・少年王者そんな時代でした。

マンガ本を隣の久喜市の温古堂まで買いに行った記憶がよみがえりました。

ターザン・少年王者・サザエさんを除いて現実になんてしまったのです。

最後は人間がロボットに使われるかもしれませんね。

鉄腕アトムのミユ-ジアムは、宝塚劇場の100m先にあるのです。
きっと、入れ替えの待ち時間を効率よく使ってお金落とさせようと考えだされたのですね。.

HTTP://BLOG.WITH2.NET/LINK.PHP?720512
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
瓦はどうして不要な物の言い回しの「瓦礫」のようだと言われなければいけないのでしょう。
瓦には焼き物として、太陽光線が通過すときに、遠赤外線になるのです。
遠赤外線は体によく、金属・スレート系に屋根材に比べ、実験の結果ハツカネズミの生存率が長いのです。
まして、瓦は焼き物として、長寿命・耐候性・耐久性・遮音性・耐熱性に優れ1400年もの歴史があるのです。
健康を考えたら、瓦に勝る屋根材は存在しないのです。
また、瓦屋根は、地中海の赤瓦の景観、京都の町屋の家並み、
川越の蔵造りの景観、クールジャパンとして、海外からも厚い視線が注がれています。
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 1363-1.jpg
明治か大正時代の宝塚温泉の様子の写真です。

ファイル 1363-2.jpg
手塚治虫と当時漫画家を志した常磐壮の仲間たちのサインです。

ファイル 1363-3.jpg
ジャングル大帝のポスターの前で。

                           
ファイル 1363-4.jpg
手塚治虫か連載したマンガのキャラクター数々

ファイル 1363-5.jpg
手塚治虫のマンガ本

埼玉の屋根屋さん。屋根屋は瓦・樋・金属屋根。OKです。
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

阪神大震災から20年を迎える鎮魂のセミナリオ

2015.01.12 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
今、東日本大震災で国民の意識が変化している。
1400年の瓦の歴史に、故郷の風景に、変調を感じるのは、私「屋根屋のおっさん」だけなのでしょうか。
瓦は1400年の歴史に中で、このままでは、技能者が育たない。瓦は震災。戦災。火災。多くの災難を乗り越えて、瓦が日本の街並みを支えたのです。そして今があるのです。
TEL0480-58-0301 瓦も軽量瓦がありますよ。
ご連絡お待ちしております。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今、海外から円安とビザの発行緩和によって、観光客の急増が
期待されております。

その一部が京と奈良のいぶし銀の屋根瓦の街並みを見て、
驚いているのです。
美濃和紙・小川の細川和紙が世界文化遺産になったのです。
瓦が作る街並みも捨てたものではありません。

東大寺・平安神宮・高台寺・京の町屋、また田舎に行くほど
瓦の街並みは美しいのです。

それが、観光資源そのものなのです。
日本人には見慣れた風景も文化が変われば、素晴らしい価値があるのです。

おもてなしだけが日本の和ではないのです。
着物・下駄・草履・蛇の目傘・手ぬぐいのどの身近なものが
和のおもてなしに続くのです。

和瓦をなくして、和風住宅はあり得ないのです。
業界紙ですが、国交省の木造住宅振興室長が年頭所感で
述べておりました。

このままでは、日本の林業と和瓦は廃れてしまう。
木造拡大へ基準整備を急ぐと述べております。
そして、和の文化PR機運を高めようと年頭所感で述べております。

業界では、このチャンスを生かし和瓦の復権と世界文化遺産登録に
がんばろうではありませんか。

ファイル 1362-1.jpg
噴水のある公園を囲んでのセミナリオ

ファイル 1362-2.jpg
20年前の震災で亡くなられた6000人を超える人々の
霊を前に行列を作って鎮魂の鐘を鳴らす子供ずれのお母さん

ファイル 1362-3.jpg
外国人も加わってセミナリオを盛り上げておりました。

                           
ファイル 1362-4.jpg
元町商店街のセミナリオの荘厳なイルミネーション
500m位の光の回廊でした。

ファイル 1362-5.jpg
まだ震災の苦しみに立ち上がれぬ人人のために若者が
寄付を募っておりました。
もちろん寄付をさせていただきました。

久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

屋根葺きかえ提案者・屋根修理の名人「新瓦博士」
連絡先は埼玉県久喜市
FD 0120-58-9901 

阪神・淡路大震災の鎮魂のセミナリオ20年の歩み

2015.01.10 (土)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
埼玉の屋根工事店です。上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記・埼玉の屋根屋より。
いま、瓦の施工方法に全国瓦工事業連盟(全瓦連)の組合員が一丸となって「耐震・耐台風工法」(ガイドライン)に取り組み、
行政からの要請を受け、東日本の震災復興住宅に推奨されております。
和瓦の街並みがなくなる、ドナルド・キーンが愛した瀬戸内の尾道の風景が赤い瓦の街並みなってしまったら。
京都・奈良の和瓦がコロニアルになってしまったら。
そんなことを危惧する一人です。

今回、平成7年1月17日早朝に起きた夢のような出来事、
阪神淡路大震災。
今でも続く、鎮魂の行事、神戸元町のセミナリオ。
そして、宝塚100周年記念公演のツアーに申し込んだのです。

私は、あの大震災が起きた、3月自分の目で、体で体感しなければ、瓦の工事はなくなってしまう焦燥感にかられ、
のぞみの最終列車に乗って、新大阪に行ったのです。

新大阪に降り立ったときは、あのTVで見た光景はなく、
宿泊設備がなく、困ったことを思い出しました。

今は、その時の面影はなく、市内は喧騒と光り輝いておりました。
私たちは海の見える高層階のシャラトンホテルに宿泊し、眼前に広がる景観と温泉に体を癒しておりました。

眼下に延びるモノレールに子供たちが、小学生時代「ポートピア」きて遊び、また、ホテルになかなかつかない思い出に
苦笑いしながら当時の光景を思い出しておりました。

その息子たちも今は、家族をしょって立つ父親になり、
自分たちも老いを感じる年になったことを妻と語らっておりました。

                                                                     
ファイル 1361-1.jpg
淡路・阪神大震災から20年、甚大な被害の面影が微塵にも感じられない現在の神戸。
高層住宅がひしめき合っておりました。
もちろん耐震ビルです。

ファイル 1361-2.jpg
新開地から見る神戸港

ファイル 1361-3.jpg
神戸市の中華街

ファイル 1361-4.jpg
かっての元町の外国人闊歩した居留地を表示する
粋な表示盤

ファイル 1361-5.jpg
セミナリをの点灯をカメラを持って待つ観光客。
私もその中の一人でした。

さいたまの屋根工事・葺きかえのアドバイザー・オオギヤです。
瓦は1400年の歴史があり、耐久性があって、メンテナンスが楽なのです。
3/11の東日本大震災でも復旧工事は早く、15か月くらいで
修復作業が完了したのです。
重いと思っている方もおると思うのです。
そうではないのです。建物のメンテナンスの問題なのです。
なぜ、歴史の中で消えなかったのか。
良いものは残る。ここなのです。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
エコは安いよ。住宅のメンテナンスはエコですよ。
連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

*****************************************************

無題

2014.11.20 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
再生可能なエネルギーの買取りによって、電気料は高くなる、
屋根業界は軽い屋根材と片流れの屋根が増え、陶器瓦の
三州産地は、青色吐息。
日本の故郷の風景は消滅の危機にあるのでしょうか。
だからこそ、中山道の眞籠・妻籠宿に
行きたがるのでしょう。

また、企業に忠誠を尽くすために、勤務先の近くに
建売を買って、男の人は、妻・子供のために、
ローンを払い続ける、老後は、痴ほう症になって、
特別養護施設。こんなことって、幸せなのですか。
瓦は、素晴らしい。1400年の歴史に中で、
幼子の思い出に残り故郷を作ってきたのです。
瓦万歳。瓦の良さを大学で教えてください。
空気のような存在なのです。
旅に行って、しみじみと思うものではないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
住まいとは、人間が不安抱くことなく、健康で
楽しい人生を送れる安住の場所なのです。

瓦が重い、そんなことありません。
耐久性があって、暖かく、快適でなくてはならないのです。

ところが失われた20年のデフレによって、給料が下がって
しまったのです。
どうせ、子供は一緒に住まない、自分たち夫婦で終わり。
大切な住まいがどうしてこんなにも
軽くなってしまったんだろう。

男はただの働き蜂。最後は見捨てられてしまう。
だから、価値観が安かろう悪かろうでも良いのです。

本当ですか。良い物は、多少高いのです。
東京駅を見てください。銅板から宮城産の玄昌石の石の瓦のです。

良い物は残るのです。人間も同じです。
「転生輪廻」世の中は回って自分に返ってくるのです。
良い行いは、自分とって経済的負担はありますが、
良いことが次々とチャンスが訪れるから不思議なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1342-1.jpg
少々早い紅葉を鑑賞。
赤松とモミジの庭園

ファイル 1342-2.jpg
裏山を借景した広大な庭園風景。

ファイル 1342-3.jpg
菊花石を彷彿させる木炭の小口も素敵ですね。
周りを覆う苔の美しさにほれ込みました。

                           
ファイル 1342-4.jpg
瓦には置き瓦と言って伽藍建築には、屋根の上に
わざと瓦を置く慣習があるのです。
これは伽藍建築が、またその信者たちに魔が差さないように
魔の抜けた仕事をすることが職人技なのです。
「知恩院の忘れ傘」そのいい例なのです。

この庭園光景を私は置き瓦と見たのです。
皆さんの身に魔が差さないように瓦を置き
苔むした庭園を作庭したのです。

ファイル 1342-5.jpg
まさに陰陽の庭です。
光陰をうまく使い素敵な松と苔のコラボです。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

ページ移動