Calendar

<< 2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

大切なお住まいを大事に使って60年大事に使ってください。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.30 (火)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                         
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
大切なお住まいを大事に使って60年大事に使ってください。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

最初にご紹介する蔵造りは江戸の末期、坂本竜馬が活躍した時代です。
蔵だからでしょう。と言われかもしれませんが、
見えない所なので、余り手入れされていませんが160年以上たっているのです。

建物は、お住まいになっている方が、愛着を持っているか、そうでないかで耐用年数が違ってくるのです。

たとえ、痛んでも愛着を持って接してやれば、建物は答えてくれます。

ほんの少しずつ、手を加え、長く使用することが、経済的にゆとりが出てくるのです。

昔のお大尽と言われる人々は、そうやって、住まいを親から子に、子から孫につないで行ったのです。
やっと、3代目に建替えたのです。

私の話をして、申し訳ありませんが、私は結婚のとき、妻が賢かったせいか、
新婚旅行を節約して、家を結婚と同時に建築致しました。
安普請ですが。
26歳の若造です。
サラリーマンをやめて、2年目です。
実家は倒産寸前でした。

半年間、無給で働きました。
食事は近くの兄の家に行って、飢えをしのぎました。
私が持っていたお金も、全部会社の為に使っておりました。

ただ、家を建築するという事で、無利子で返してもらい、
そのお金と、妻の貯金をはたいて、110万のお金で
家を建築したのです。
坪あたり36000円の家です。

想像できないくらい安普請です。
でも、自分たちが貯めた尊いおカネ、
しかも全財産です。

当時はローンはありませんでした。
鉄骨で2階のみしか仕上げる事が出来ませんでした。

それでも、私と妻にとっては、夢の館です。
外壁は薄い角波鉄板です。断熱材はない。冬になると
隙間風は入る。それでも、今から思えば、自分たちにとっては
豪邸だったんです。

日本間でさへ、左官仕上げが出来ず、プリント合板の壁でした。
それでも、建築会社にクレームは付けられません、

お金がないんですから。
テレビも替えずに、3~4年ぐらい我慢をしました。

家を、新築したものですから、NHKの方が料金を徴収にきました。
「家はTVはありません。」と家内が告げましたら
失礼なことを言ってしまったとすごすご帰ったそうです。

家計も苦しく1日800円の生活費でした。
妻が言っていました。
あのころを思うと惨めだった。と振り返ることがあります。

こんな安普請でも、私と、妻と子供たちにとっては
思い出の住まいです。

もう42年も住み続けています。
建てつけは、悪いですが、夫婦が閻魔さまに呼ばれるまで
住むつもりです。

私にとっては、愛着があって、建て替える気はしません。
皆さんも、リフォームしながらお住まいを守って下さい。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 712-1.jpg
B級グルメゼリーフライで有名な行田市の今津印刷所の蔵です。
御主人のお話では愛着があって壊せないそうです。
しかし、今はパソコンに取って代わられた印刷業も不況で手入れもできないそうです。
お金のかからない手入れをしようと思っていますとのことです。

ファイル 712-2.jpg
スガルという屋根の部分ですが、仕上がりに問題があり、
3枚目の写真のように無残な状況になってしまいました。
もう少し早くきずいて、屋根診断を依頼しておったならば、こんな状態にならなっかたはずです。
早めの屋根診断を依頼しよう。
早めの診断であれば、コーキング処理と、板金の挿入で済んでいたと思います。

セキスイの屋根診断に依頼することをお勧め致します。

ファイル 712-3.jpg
スガル部分の仕上げの不具合が引き起こした、結果です。
破風板が欠落して、大ごとになりました。

                           
ファイル 712-4.jpg
降り棟の瓦がずれによって不具合を引き起こしています。
鬼の落下などがなく、まだ、軽微の状況と思って下さい。
良かったですね。

ファイル 712-5.jpg
水平棟が、たび重なる地震によって蛇行しております。
この程度であれば、補修工事で済みます。
これからは、早めの点検を心がけましょう。

早めの点検が大切なお住まいを守る秘訣です。
早め早めに、セキスイの屋根診断士を呼びましょう。

無料ですから、遠慮は禁物です。
想いったら今すぐ電話をしよう。

0120-012-6636 無料・無料・見るのは無料と覚えて下さい。
セキスイに電話がかかります。

当社は 0120-58-9901
 当社いつも、リフォーム救急1番と覚えて下さい。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

大切な住まいを守る知恵教えます。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.11.28 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
大切な住まいを守る知恵教えます。『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

日本の住宅は、ほとんどが木造住宅です。
木造の.欠点は雨、湿気に弱く、シロアリ被害を受ける事、何度かお話し致しました。

欠点だけでなく、木造は加工がしやすく、軽く、柔軟性があった地震に強く、しかも、耐久性がある上に廉価だという優れた特徴を兼ね備えております。

こんな優れた建材は、そんなにあるものではありません。
法隆寺しかり、東大寺しかりです。

そんなおおそれた建物でなくても、各地方の民俗村に残る建物をご覧になっても分かります。

年末に始まる「坂の上の雲」に出てくる「松江城」の天守閣の階段を登って右側を見て下さい。

一般住宅で使用されるような柱を。確か4本合わせて造っています。

それでも、国宝です。

大切な住宅に、湿気は禁物。
しっかりと頭の中に刻んで下さい。

雨漏りさせない。白蟻の被害を寄せ付けない。
この2点に付きます。

この2点について日ごろから注意して、大切なお住まいを管理して下さい。

以下については、写真、絵によって説明を加えて行きます。
レッツゴー!

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 709-1.jpg
蔦のからまった、一見レトロで良いように見えますが、
こわい、怖い、恐ろしいことです。
蔦が植生していることは、常時湿気があることです。
建物に湿気。禁物です。

ファイル 709-2.jpg
家の中に洗濯もの。
何の気にも止めませんね。
でも、住まいは乾燥室ではありません。
お風呂乾燥機の設置、又は、梅雨時は、コインランドリーを
使用することをお勧め致します。
家じゅうが、湿度90%以上になって、
壁の間で、結露がすすんでいます。
シロアリがニッコとしてますよ。
怪談より怖いお話です。大切な住まいにとって。

幸手市であった話です。
雨漏りがすると呼ばれました。
雨漏りしそうなところを探しました。
ありませんでした。エアコンに冷やされた空気が
湿気となって、電気の傘に雨水のようになって水が
溜まっていました。結露だったんですね。

ファイル 709-3.jpg
お風呂タイムはストレス解消に最適。
お子さんと入ることは、なを楽しい。

しかし、お風呂の換気扇を回す事を忘れないで下さい。
建物の壁の間に入った、湿気が断熱材をびしょびしょにして、
シロアリ、腐朽菌を繁殖させ、建物は癌にかかってしまいます。

経験で、坂東市であった話です。
土台の水切りから、寒い冬だったので氷柱が立っていました。

怖いお話なんです。
これは。

                           
ファイル 709-4.jpg
トップライト。明るくていいですね。
しかし、意外と雨水の侵入しやすいところなんです。

10数年たって、カバー工法で金属屋根材、特に波型形状を施工すると、雨漏りの発生率が非常に高くなって、80%以上の確率で、屋根の不具合を引き起こします。

怖い話ですね。
いいことの裏に、欠点があるのです。

ファイル 709-5.jpg
鉄製の階段、鉄製のベランダ、構造材は一見丈夫に見えます。
しかし、欠点はさびる事です。

いとおしんで、時々塗装をしてあげましょう。
素人の工事でも大丈夫ですよ。ちょっとうまく塗れませんが、
仕方ないですね。
そのうち習うより慣れろ。でうまくなりますよ。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

大切なお住まいを守る知恵教えます。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.25 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
大切なお住まいを守る知恵教えます。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

大切なお住まいも、長年住み続け、リフォームをせずに、経年変化の傷みをそのままに、放置しておりますと悪い意味でも悲鳴をあげて、少しずつ建物が傷んできます。

また、知らず知らずの内に痛めてしまっているケースもあります。
不用意な施工がそう致します。

チョットの予算を惜しんだ結果、大切な住まいを痛めているケースもあります。

今回、これは何だという写真、これは昨年の今頃、私はがんとの闘病に苦しんでおりました。

癌も同じで、早期診断、早期発見、これが癌との戦いに必要なことなのです。

住まいも、同じで、早期の無料診断を受ける事によって、軽い症状の時に対処すれば、予算的にも軽微で済むのです。

また、私の癌との闘病を掲載した意味は、甥の和夫の肺がんの手術が可能になった事もあります。

人間も、お住まいも早期の診断が大切です。
お気を止めて下さい。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 703-1.jpg
TVアンテナの支線の張り方に問題があります。
台風の時に、軒瓦が最初の飛ばされ、次々とめくられることは、多々あります。
こんなときでも、瓦が飛ぶと瓦屋のせいになってしまうのです。
本当の犯人はTVアンテナを設置した人なのですが。
どう思いますか。

ファイル 703-2.jpg
エアコンの配管の接続に不具合が生じ、天井にしみが出来てしまいました。
雨漏りと勘違いした例です。
お施主様の雨漏りは色々あります。

ファイル 703-3.jpg
廊下の柱の横の敷居がシロアリにやられています。
シロアリが部屋にまで被害を及ぼした例です。
シロアリは床下だけではありません。
後日、シロアリが屋根にまで上がって被害を出した例も、掲載する予定です。
シロアリは怖いですよ。

                           
ファイル 703-4.jpg
これぞ白アリ被害。床下の点検は5年が限度です。
防蟻工事も行政の指導で、弱い薬剤になっておりますので、
5年ごとの床下診断を行って下さい。
弊社も床下診断賜っております。
宜しくお願い致します。

ファイル 703-5.jpg
昨年の今頃、私もがんの闘病で苦しんでおりました。
人間も同じです。
毎年の定期検診、早期手当、癌との戦いも、お住まいと同じなのです。
定期の健康診断を受けて下さい。
建物も人もです。
私が身を持って体験致しました。
宜しく。

無料屋根診断、床下診断、耐震診断、弊社で全て可能です。
宜しくお願い致します。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

日本の住宅の耐用年数は、なぜ、20年なんだ。200年住宅の提言(政府)『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.23 (火)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
日本の住宅の耐用年数は、なぜ、20年なんだ。200年住宅の提言(政府)『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

大切なお住まいを長きにわたって住み続ける為には、建物が悲鳴を上げる前に、色々な症状を表します。

その悲鳴を聞いて、症状を早めに察知して、手当てしてあげましょう。

そんな例題を挙げてみました。
また、やってはいけないことも掲載してみました。
お心当たりの方は、すぐに中止してあげて下さい。

住まいは、大切にお使いになれば、どんな建物でも、60年~80年は住み続けられます。

建物は、いとおしんでお住まいになれば、ちゃんと答えてくれるものです。

昔は、建物は親子3代、100年住むのが当たり前でした。
建物を新築致しますと、家の北側に杉の木の苗を3本植えたものでした。

100年たつと、成木になって伐採する。
製材して、住宅の構造材として使用しました。
そのサイクルが、長きにわたって続けられたのです。

ところが、核家族化によって、そのサイクルが断ち切られてしまいました。

そして、親から子に、営々と引き継がれてきた、家守(イエモリ)の
秘訣まで断ち切られたのです。

ほんのちょっとした知恵によって家は長持ち致します。
住まいを長持ちさせる事が本当なエコなのです。

住まいを解体して、建て替える。こんな不合理なこと、
ハウスメーカーの考える事です。

ハウスメーカーはどんどんスクラップ&ビルトを繰り返してくれないと社員の給料が払えなくなるのです。

日本の住宅を、大型消費財にしてしまったのです。
大切なお住まい、長く住み続けましょうよ。
いとおしみ、愛着を持って、わが子のように!

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 700-1.jpg
基礎にクラック(ヒビ)が入っております。
ステンレス鋼板で補強致しましょう。
当社でも、耐震補強工事を施工しております。
HPをご覧になって下さい。

ファイル 700-2.jpg
危険な植木の水やりです。
玄関のポーチ柱が腐食しております。
無造作に水やりしてませんか。
植木も大切です。建物からもう少し離して下さい。
建物が悲鳴をあげてます。
ポーチ柱を根っこの所で、つがないとなりません。
当社でも施工致しております。

ファイル 700-3.jpg
和風住宅の玄関ポーチ柱が泣き始めました。
クリアコーキングで根元をシーリングして下さい。


                           
ファイル 700-4.jpg
瓦屋根の降り棟に草が生えてしまいました。
植物は生き物です。
生き物は水分がないと生存できません。
植生しているという事は、水分を屋根が保水しているという事です。
屋根野地が常時補修していることは、屋根のとって悲鳴を上げた、
住まいのSOSを発信している証拠です。
自分で処理するのは危険です。
餅屋はモチ屋に任せましょう。
屋根の事は屋根の専門家、瓦さんを呼んで下さい。
安心、住まいの長寿が一番安く付きますよ。

ファイル 700-5.jpg
コロニアルの屋根の棟板金が赤く錆ています。
金属の欠点は、錆に弱いことです。
ペンキを塗って下さい。
塗装屋さんを呼んでも、屋根屋さんを呼んで対処出来ますよ。
しかし、よくご覧下さい。棟板金を、固定しているステンレスの
釘が浮いています。

この釘が浮いている事は、次のことが考えられます。
棟板金の内側で、結露と言う自然現象が発生し、固定の貫板いう
木材が腐食して、屋根が、乙女のようにしくしくと泣いています。
早く行って肩をそっと抱いてあげましょう。

乙女は涙を止め、笑顔になるかもしれません。
それと同じで、釘の打ち増し+シーリング固定をするか、
釘の打ち増しで、反応が少なかったら、固定の貫板を、防腐処理材の貫板か、最近開発された、『タフモック』という化学的に製造された人工の棟固定用の屋根資材を使用されると永久使用が可能になります。

当社でも、タフモックによる、棟板金の施工を賜っております。
ぜひ、御用目頂ければと思っております。

今なら、ボーナスキャンペーンもやっております。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

大切な住まい、セキスイの屋根診断士に相談しよう。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.22 (月)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
大切なお住まいを守る知恵を教えます。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

建物寿命は「雨漏りをさせない。白蟻に侵入を許さない。」
この2点を常に心がけていて下されば、建物の寿命は格段に向上致します。

日本の建物は、木造建築です。
また、日本には梅雨の季節と秋の長雨、台風、降雪。
どれをとっても建物は悲鳴を上げております。

そして、その悲鳴が、まず、雨樋の管理によって、お住まいにとって良い条件を少しでも作ってやる。これしかないのです。

樋にとって、ゴミ、落ち葉、ボールの玉、バトミントンの羽、漆喰の破片のつまり、スズメ、ムクドリの巣作りの小枝、枯葉。
これが致命傷になるのです。

最近では、中国の工業化の発展に伴って、酸性雨もまた建物を傷める原因を造っております。

もちろん、みなさんには、どうにもならないことが沢山あると思います。

そんなときに、セキスイの屋根診断士にご相談下さい。
そして、有料のチョットしたお手入れをして頂くことです。

人間と同じく、かかりつけのお医者様が必要なのです。
そうすることで、大切なお住まいの長寿命化を図ることが出来るのです。

また、少ない費用でお手入れが出来ます。
当社でも、毎年お伺いしているお客様が4件ほどおります。

建物は、建てて終わりではありません。
いつ何時病気をするか分かりません。
建康診断、いや、住宅の予防診断が大切なんです。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 699-1.jpg
雪害によって軒先の雨樋が金具と共に変形し、雨水が垂れ流しになってしまいます。
早めの補修が必要です。
塗装屋さんの甘言に、乗ってしまった結果かな?

ファイル 699-2.jpg
集水器にゴミがたまって、つまりを引き起こしております。
枯れていますが、草も生えております。

ファイル 699-3.jpg
谷樋(大谷)に落ち葉が詰まっております。
谷樋の板金を腐食させ、錆の原因になります。
金属は錆には弱いものです。


                           
ファイル 699-4.jpg
最近は中国の近代化の躍進で、日本にまで酸性雨を降らせます。
銅版の樋、屋根を腐食させます。
雨のたれ流しは建物にとって大敵です。
早めの交換が、大切な住まいを長持ちさせます。

ファイル 699-5.jpg
軒樋の中に草が生えております。
樋の雨水の流れを止めてしまいます。
雨水を的確に排出させることが、住まいを守ることです。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

大切なお住まいを守る屋根の話。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.11.21 (日)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
大切なお住まいを守る屋根の話。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

大切な建物にとって雨水は大敵です。
雨水をコントロール・管理しなければなりません。

雨水をどれだけ早く、建物から遠さけるかが必要です。
雨水・湿気は建物にとって、腐敗菌・シロアリを繁殖させ、
建物を病人のように弱せてゆく。

人間と同じように、定期の健康診断が必要です。
そして、必要に応じて、薬を飲む、いや、手入れをしなければいけません。

毎年、それが出来なければ、2年おきでも建康診断を受け、住まいの健康を維持しましょう。

ところがです。皆さんはキッチン、バスルーム、トイレは目に入ります。
また、クロスの傷み気にかかります。

特に奥様方は、フアッションには気を使います。
しかし、腰の痛み、肩の痛みは我慢をしてしまいます。

とくに、傷みの無い癌はそうです。
自覚症状が出てからでは遅いと思いませんか。

住まいも同じなんです。
身体と同じく、見えないところが非常に重要なんです。

屋根診断、耐震診断士、シロアリの定期診断が必要なんです。

特に、目に見える雨水の管理は雨樋がになっているのです。
雨樋を、軽視しますとお住まいの寿命を、10年縮めます。

雨樋は、建物にとって、非常に大事な役割を実行しております。

「雨樋のはずれ、つまり、蛇行・変形は、住まいが悲鳴をあげてます。
 雨樋を、いつも見守り、かわいいわが子のように、手を差し伸べて下さい。」

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 697-1.jpg
雨樋(縦樋)のはずれに依って雨漏りの発生を引き起こします。
雨漏りは、住まいの寿命を短縮します。
チョットしたことが建物を守ります。
大切な住まいは悲鳴を上げる前に、屋根診断士をお呼び下さい。

当社はセキスイ屋根診断士のお店です。
安心の『セキスイかわらDEリフォームショップ」とご用命ください。

ファイル 697-2.jpg
風で雨樋が外れてしまいました。
元の位置に戻りたいと雨樋が叫んでいますよ。
建物が悲鳴を上げる前に『屋根診断士」を呼ぼう。

ファイル 697-3.jpg
雨樋にコケが発生しております。
川もせき止められると氾濫をおこし、大水になります。
大水になると被害甚大です。
少しの樋詰まりも、見過ごしてはいけません。

特に、お子さんのいる家庭では、ボール、バトミントンの羽なども
つまりの原因です。

奥様に苦言を一つ、ベランダに洗濯ものを干しますよね。
その時、洗濯バサミを落とさないように。
洗濯バサミの樋詰まりも、建物を痛め、多大な出費になりますからね。
知らぬが仏。怖いお話なんですよ。

素敵なツーピースが洗濯バサミひとつ、落すことで、すっ飛びますよ!

                           
ファイル 697-4.jpg
軒樋の蛇行です。2階の雪止付いていますか。
コロニアルに塗装を塗って、滑りやすくなっています。
塗装屋さんは何も言いません。
自分たちの仕事を探し、売上を上げることに血眼です。
「塗装をすると建物が長持ちします。」
甘い言葉と値段の勝負に負けていませんか。

人間も同じで、お化粧だけでは、内面的な美人になれませんね。
読書が大切なんです。
住まいもチョットしたメンテナンス費用をかけてください。

安心の『セキスイ屋根診断士』に、気楽に相談してみましょう
セキスイかわらDEリフォームショップ・・・安心です。

ファイル 697-5.jpg
雨樋のはずれ、蛇行、つまりで不具合発生。
その結果、建物(外壁)を劣化させ、大切な住まいの寿命を
短縮させています。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>