Calendar

<< 2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

長野北部地震でトタン(金属屋根)が多数倒壊

2014.11.26 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
今、東日本大震災で国民の意識が変化している。
1400年の瓦の歴史に、故郷の風景に、変調を感じるのは、私「屋根屋のおっさん」だけなのでしょうか。
瓦は1400年の歴史に中で、このままでは、技能者が育たない。瓦は震災。戦災。火災。多くの災難を乗り越えて、瓦が日本の街並みを支えたのです。そして今があるのです。
TEL0480-58-0301 瓦も軽量瓦がありますよ。
ご連絡お待ちしております。

今回の長野地震で軽いと合われた金属屋根の
家屋が多数倒壊し、震源地が浅いことも有って、
被災地は広範囲に及ばなかったのです。
長野という県民性で、死者は出なかったことが幸いでした。

皆さんに瓦が重い=地震に弱いはメデアが洗脳したことを
訴えたいのです。

瓦は歴史が古いだけに、絶対数が多く目に触れやすい。
メデアはいつも誰かを悪玉にして、自分たちのメデアを通じ
購読者を増やしたい意図があるのです。

今回の安倍内閣の突然の選挙も「大義がない」と
煽り立てておるのです。
ある元警視総監の秦野 章氏が「メデアは代3の凶器」と
言っていた本を読んだことがありました。

私たち、瓦の業界人は、報道されるたびに
消費離れが進んだのです。

橋本内閣の時に、瓦 力建設大臣が国会の中で
瓦は重いから阪神大震災の時被害が出たことを
否定してくださいました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ファイル 1347-1.jpg
1970年結婚したての頃、よちよち歩きの長男・次男を
連れて鳴門海峡に行ったときです。
もちろん海峡を渡る橋はありません。
観潮船があるのみです。
ホテルの部屋から美しい瓦の屋根が目に飛び込んできたので、
撮影いたしました。
いま、同じホテルに行っても見ることはできないでしょう。
遥か彼方に行ってしまった風景です。

ファイル 1347-2.jpg
私が24歳のとき撮影した一族の写真です。
8人故人になっております。44年の歳月はながっかったです。
母やすの力です。

ファイル 1347-3.jpg
私が24歳の時建てたマイホームです。
当時は、住宅ローンのない時代でした。
お金がなく、大きな家が欲しかったのです。
鉄骨で立て、アフリカの高床式の家をまねて作ったのです。
今から46年前の発想の逆転によってできた家です。
お金ができて、1階を建て増ししたのです。

                           
ファイル 1347-4.jpg
生まれ育った実家です。
雪の降った朝撮影いたしました。
1955年の写真です。

ファイル 1347-5.jpg
1965年円が360円のとき海外旅行に行き
初めて、飛行機に乗ったとき兼松江商の方に
撮影していただきました。男前でしょう。
ツアーも何もない時代です。
韓国1周かの旅で現在価格にすると140万円の費用でした。

久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

屋根のことならお任せ「新瓦博士」!
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

屋根葺きかえ提案者・屋根修理の名人「新瓦博士」
連絡先は埼玉県久喜市
FD 0120-58-9901 

三林裕己後援会パーテーに

2014.10.12 (日)

 来年度に入学する野球部員の受け入れを行わないことが判明した高校野球の名門・PL学園。野球指導が可能な後任監督が決まらず、昨秋の近畿大会から未経験の正井校長が監督登録でベンチ入りする状態が続いている。新監督が決まらない要因の一つに、学校側が候補とした指導者をPL教団が認めないことが挙げられる。

【写真】7月の全国高校野球選手権大阪大会決勝で敗れた正井監督と選手

 昨年、当時の河野有道監督が退任した同時期、短期間でプロ野球経験者が学生野球資格を回復できる新研修制度が始まった。学校サイドはOBを軸に複数の候補者を上申したが、教団が掲げた「教団への信仰心」という条件がネックとなり頓挫した。さらに、教団の信者数が減少し、特に金銭面で野球部を支える組織づくりができなかった。全盛期のような「後方支援」を期待できず、就任に難色を示す者は多かった。

 桑田、清原ら多くのプロ野球関係者が名を連ねるOB会も最近は教団と隔たりがあったという。新入部員の募集停止は学校の理事会で決まった事項で、鶴岡秀樹OB会会長は「新聞で初めて知った。学校が決めることに委ねるしかない。非常に残念。何とか部を存続してほしい」と話した。

^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^^O^

政治は人・国は政治で動き、政治は人で動く。
権力永く続かず、民意は長きに続く。

力は国民を統治するが、ほころびが出る。
不満はくすぶり、破裂する。

私の生きた過程で、1960年、人心は大きく揺れ動いた。
しかし長くは続かなかった。
それが安保だった。

安田講堂は、閉鎖され、大学の自治は敗れた。
樺 美智子さんは、今は忘れられ、
忘却の彼方に押しやられた。

なぜ、天皇家は2000年近い歳月の中で、
存続し、現在に至るか。

№1は、引きずりおろされるが、
№2は残るのです。

天皇家は、1500年の時空の中で、
自らナンバー1を下りてしまった。

それゆえに残ったのです。

http://blog.with2.net/link.php?720512
埼玉の屋根工事店です。上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記・埼玉の屋根屋より。
                                            
ファイル 1324-1.jpg

ファイル 1324-2.jpg

ファイル 1324-3.jpg

ファイル 1324-4.jpg

ファイル 1324-5.jpg
さいたまの屋根工事・葺きかえのアドバイザー・オオギヤです。
瓦は1400年の歴史があり、耐久性があって、メンテナンスが楽なのです。
3/11の東日本大震災でも復旧工事は早く、15か月くらいで
修復作業が完了したのです。
重いと思っている方もおると思うのです。
そうではないのです。建物のメンテナンスの問題なのです。
なぜ、歴史の中で消えなかったのか。
良いものは残る。ここなのです。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。

雨漏り奮闘記  屋根から下りた瓦達展 作品其の3

2009.06.13 (土)

雨漏り奮闘記  屋根から下りた瓦達展 作品其の3

 埼玉県小川町 埼玉伝統工芸会館に於いて

瓦、いつもいつも太陽に照らされている
雨の日は、冷たい雨、
失恋の想い出、楽しい出会いの雨
みんなみんな屋根の上から
君たちを見つめていた。

はるか1400年の昔から
その時の流れの中で
ある時は村中、燃え盛る炎の中で
熱い熱いと言いながら
歴史の一こまを
作ってきたのさ。

でも、ものすごく怖い時もあったよ
あの空襲、原爆、みんな見てきたよ

でも、やっと僕たちも、
みんなのおかげで、今日は家の中にいるんだよ。

いいね、家の中は、
快適だよ。

それに、いつもは、ちらっと見るだけで、
覚えていてもくれない
今日はじっくり見てくれるのがいい。
そして、話しかけるんだ。

すてきだね、面白いね
大変だったろうね。

今、僕は有頂天だよ。
こんなに大勢来てくれて、
「ありがとう」

これも、みんな、君たちの仲間の
葺き師や、屋根に携わる人たちが
僕らの特徴をつかんで
いろいろ訴えてくれているんだ。

僕らも、大手を振って威張れるよ。
それにうれしくなちゃうな
埼玉県の瓦組合のみんなが来てくれて
涙が出そうなくらい
うれしいよ。

今度は、東京の美術館で
展示されるんだって、
また、見に来てくれるね。

約束だよ。
指切りげんまんしてくれよ。
ありがとう。ありがとう。

やっと、僕も芸術家だね
素敵だね、かっこいいよ
うれしいね。

ファイル 234-1.jpg
小さい瓦の桟瓦(平部分に使用する瓦)断面及び棟に使用する瓦にて夏朱を表現
ファイル 234-2.jpg
古びたワイシャツ

ファイル 234-3.jpg
地下足袋

ファイル 234-4.jpg
軒瓦と軒巴を組み合わせ力強い作品

ファイル 234-5.jpg
桟瓦の断面を利用した斬新な作品

太陽光を推進しよう会の「 新瓦博士」

屋根を降りて 2月に菜の花が咲きました。

2009.03.03 (火)

屋根を降りて 2月に菜の花が咲きました。

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みになります。
宜しくお願い致します。

 埼玉県北葛飾郡鷲宮町で2月に菜の花が咲きました。

2月28日に会社の北側で流れる川の土手に菜の花が咲きました。

私が知る範囲では菜の花が2月に咲いたことがほとんど無く、珍しいと思い写真を撮りました。個人的なイメージですが、3月中旬ごろ咲き始めて、桜が咲く4月上旬頃に満開になると思っていました。幸手市にある権現堂の桜と菜の花をよく見に行くので、その印象があります。
よく、4月下旬に降る雨を菜種梅雨といいます。菜の花が散って菜種が出来る頃に降る雨を菜種梅雨と聞いたことがあります。地球の温暖化が菜の花の開花に現れているのかもしれません。ただ素直に春が来たと喜べないのは少し複雑な気持ちです。
ファイル 145-1.jpg川の土手に菜の花が咲います。

ファイル 145-2.jpg菜の花を拡大して撮りました。

ファイル 145-3.jpg別の角度から菜の花を拡大して撮りました。

 

屋根工事職人ルーフ

屋根を降りて 2月に河津桜と梅が咲きました。

2009.02.20 (金)

屋根を降りて 2月に河津桜と梅が咲きました。

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みになります。
宜しくお願い致します。

 埼玉県北葛飾郡鷲宮町で河津桜と梅が2月に咲きました。

2月19日に会社の北側で流れる川の土手に河津桜が咲きました。

私が気付いた時は昨日でしたが、よく咲いている木は3部咲きくらいでした。早ければ全国的に暑かった14日に咲いていたかも知れません。会社の近辺には河津桜が無いので、桜が咲いているのを見て、びっくりしました。
また、会社の庭にある白梅も開花しました。樹齢20年以上ありますが、日当たりが悪いので、毎年の開花が他の梅と比べて遅いようです。
梅と桜が同時に咲くと春が一足早く来たと感じました。

ファイル 135-1.jpg川の土手に河津桜が咲います。

ファイル 135-2.jpg桜を拡大して撮りました。

ファイル 135-3.jpg別の桜を拡大して撮りました。

ファイル 135-4.jpg会社の庭に白梅が咲います。

ファイル 135-5.jpg白梅を拡大して撮りました。

もし、この花が河津桜でなかったら、ごめんなさい。
 

屋根工事職人ルーフ

屋根から下りて 1月に百合が咲いていました。

2009.01.22 (木)

屋根から下りて 1月に百合が咲いていました。

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みになります。
宜しくお願い致します。

 埼玉県北葛飾郡鷲宮町で百合が1月に咲いていました。

会社の北側の道路に1月中旬から咲いていましたが、写真を撮る機会が無く、既に萎れ始めてしまいました。

百合の開花時期は6月初旬から8月末が一般的と聞きました。この百合が咲いたのは地球が温暖化している為でしょうか?余談ですが、去年の12月頃にも同じ場所で百合が咲いていました。

ファイル 106-1.jpg一輪の百合が咲いていました。

ファイル 106-2.jpg花を拡大して撮りました。

もし、この花が百合でなかったら、ごめんなさい。
 

屋根工事職人ルーフ

埼玉県北葛飾郡鷲宮町でごい鷺を見ました。

2009.01.09 (金)

http://blog.with2.net/link.php/151974

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みになります。
宜しくお願い致します。

平成20年12月27日に埼玉県北葛飾郡鷲宮町でごい鷺を見ました。

ファイル 89-1.jpg白鷺は良く見かけますが、ごい鷺はめったに見ないので写真を撮りました。

白鷺より一回り大きく、灰色の羽が印象的でした。

自分のカメラではこれ以上大きく撮影できなかったのが残念でした。

屋根工事職人ルーフ

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>