Calendar

<< 2018/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

最近では珍しくなった入母屋屋根です。

2010.12.29 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
 住所 茨城県坂東市(旧岩井市)
1.新築工事屋根材陶器瓦商品名 三州瓦 銀黒
2.瓦の特徴 A.断熱性に優れている B.高耐久性
C.赤外線か陶器かわらを通過することによって、健康に良い遠赤外線に変化します。
これは、意外と知られていない最大の特徴です。
ハツカネズミの実験では長生きすることが実証されています。

D.世界遺産で使用されている屋根材。世界遺産で使用されている建材は『石、ガラス、タイル、瓦、木材』この5しかありません
E.呼吸をする屋根材、結露を起こさない
E.高強度、150KG/C㎡あります。
Fデザイン性に優れている。和風.洋風.プロバンス風が有ります。長い歴史を持っています。1400年の歴史です。
G欠点はちょっと重いことかな。重量感ありますが。
3.一寸工夫の一言 社寺を手掛ける野田市でも有数の工務店さんです。
仕事は丁寧で、仕上げは繊細です。社寺建築の匠の技が随所に見られます。
数箇所が絡んでくる場所最新の注意で仕上げました。
4.こんな問題がありました。
 新築の現場でしたので、これといった問題はありませんでした。
                                     
ファイル 743-1.jpg
2階の屋根が美しく仕上がりました。
入母屋屋根は日本建築の粋ですね。

ファイル 743-2.jpg
1階の窓下の土居ノシと言う部分が完成いたしました。

ファイル 743-3.jpg
入母屋の部分と谷樋と降り棟の合わさる部分です。
何かと屋根において問題の発生するところです。
丹念に仕上げました。

ファイル 743-4.jpg
棟違いと言う部分で、雨漏りが発せしやすい部分です。
注意して仕上げました。

ファイル 743-5.jpg
1階・2回とも完成いたしました。
屋根がひときわ美しいです。
棟梁の匠の技が生きております。
次世代に引き継ぎたい技ですね。

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは

屋根の進化「和風から新和風へ」『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.11.19 (金)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
屋根の進化「和風から新和風へ」『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

平成22年11月上棟致しました野田市木間ケ瀬のK邸
2Fの部分桟木打ちが終了した時点で、現場の状況を確認に伺いました。

ところがです。
当社が工務店さんよりお話を聞いている屋根材は、三州マルスギの平板瓦でした。

お施主さんは、既存の家と同じかわらを使用するものと思っておりました。

話の食い違いです。
私も返答に困りました。
お施主さん、工務店さんどちらにも軍配を上げられません。
どちらも私にとって、大事なお客様です。

3人で御近所の屋根を見てまわりました。
今の新築はほとんどが平板がわらです。

外観の意匠性との兼ね合いで、工務店様は平板を推奨したのですが、

お施主様は、既存の住宅との接続にイメージがわきません。
特に大旦那さんは80歳近いご年齢に見受けられたからなおのことです。

私は、新和風のご提案をさせていただき、お施主さに納得させていただきました。

平板瓦に和瓦の棟を施工することです。
当社としても、初めての試みです。

でも、現代と未来志向でマッチするかと思います。
既存との釣り合いも悪くないと思います。

傑作、傑作、いいんじゃないですか。
竣工しましたら、もう一度撮影してきます。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 693-1.jpg
新築です。
三州の平板瓦に和風の棟瓦で施工致しました。
違和感を感じないでしょう

ファイル 693-2.jpg
1F部分のベランダの周りの状況です。
すっきりしてよいでしょう。

ファイル 693-3.jpg
降り棟付近の屋根の状況です。
GOODでしょう。

                           
ファイル 693-4.jpg
既存和瓦との接続部分の現況です。

ファイル 693-5.jpg
既存和瓦の部分です。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

2010.09.25 (土)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』瓦屋さん・雨漏り奮闘記

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

新築にはお施主さんの夢がぎっしり詰まっているの。
一生に1度の人が大部分です。
その夢の実現の中で、一所懸命働きがんばるのです。
私もそうでした。
私たちも、その夢の実現のお手伝いをさせていただき、夢を共有できる幸福を味わっております。

工事経歴の中で、たくさんの工事をさせていただきました。

此処の掲載させていただく工事は、どちらかと言えば、、
公共的な屋根工事を掲載致しました。

滋雲山 常繁寺本堂修理  日本瓦 茨城県猿島郡猿島町
斎興寺 埼玉県久喜市 三州日本瓦  はぶつ工務店
八幡神社 社殿 三州日本瓦 千葉県野田市 中村建業
金竜院 客殿 三州日本瓦 千葉県野田市関宿 野田建設
金竜院 庫裏 三州日本瓦 千葉県野田市関宿 野田建設
無量寺 鐘楼 三州日本瓦 茨城県 坂東市  無量寺
春日部展示場 コロニアル 埼玉県春日部市 ヤギ建設
割烹 如月  三州日本瓦 埼玉県越谷市蒲生 富士越住建
関宿城博物館 淡路阿万64版 千葉県野田市関宿 野田建設
キッコウ万 見学棟 三州いぶし銀 千葉県野田市 中村建設
高声寺 三州日本がわら  茨城県坂東市   翠雲堂
威徳院客殿 三州日本瓦  千葉県野田市 戸辺工務所
花光院 客殿・庫裏 三州日本瓦 千葉県野田市 戸辺工務所
春風館道場 三州日本瓦  千葉県野田市  山本建設工業

私たちは社寺・仏閣の屋根に乗って工事をさせていただくことは、
神や仏の頭上で仕事をさせていただくことなのです。

こんなたいそうなことは、なかなか経験できないことなのです。
特に、本堂など3階の屋根くらいの高さがあり、春は村雲、夏は照りつける真夏の太陽、秋は遠くの紅葉を愛で、冬は木枯らしに
身を震わせる仕事なのです。

素晴らしい、自然との対話が出来る最高の仕事で、しかも後世に残り、自分の孫たちにも誇れる仕事なのです。

サラリーマンにはない粋な仕事なのです。

ファイル 631-1.jpg
和瓦を使用して洋風に表現しました。
野田市関宿 I邸

ファイル 631-2.jpg
無量寺院 山門
右端に見える本堂も施工致しました。
野田市木間ケ瀬

ファイル 631-3.jpg
Sの字型のホワイト瓦です。施主様の思いで外壁も白に仕上がりました。
森の緑に浮かび上がります。
素敵でしょう。
千葉県野田市

                           
ファイル 631-4.jpg
千葉県立関宿城博物館 観月堂 千葉県野田市関宿

ファイル 631-5.jpg
松村医院 診療所&自宅
三州MS-117 と元旦断熱ビューティルーフ「音なし」
埼玉県加須市

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』屋根工事、こんなにやったんだよ。

2010.08.09 (月)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』屋根工事、こんなにやったんだよ。

ファイル 576-1.jpg

ファイル 576-2.jpg

ファイル 576-3.jpg


                           
ファイル 576-4.jpg

ファイル 576-5.jpg

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

屋根の工事こんな工事をやりました。

2010.08.08 (日)

ファイル 574-1.jpgファイル 574-2.jpgファイル 574-3.jpgファイル 574-4.jpgファイル 574-5.jpg

こんな工事をやりました。これはほんの一部に抜粋です。

香取神社社殿 三州日本瓦 ㈲久住工務店 千葉県野田市 H7.2
千葉ニュータウン  セキスイ・ブルック 平井建設㈱ 千葉県白井町  H7.5
田村本店   三州に本瓦 ㈱オオギヤ 埼玉県春日部市 H7.6
笠間稲荷 分社 稲荷様上屋
羽生書道教室  サイデング  羽生書道教室 埼玉県羽生市 H7.7
野田市花井集会所 陶器瓦 ㈲丸岡工務店 千葉県野田市 H7.8
野田市久保田酒造 陶器瓦 ㈲芳友建設 千葉県野田市  H7.8
焼き肉 大将 クボタ・コロニアル ㈱富士越住建 埼玉県越谷市 H7.9
大久保醤油 三州いぶし銀 大久保醤油 茨城県坂東市  H8.2
岩井市 無量寺 昭和瓦 ㈲戸辺工務所 茨城県坂東市  H8.3
坂東市長谷集会所 三州陶器瓦㈲滝本建設 茨城県坂東市 H8.10
守谷市雲天寺 三州日本瓦 ㈲戸辺工務所 茨城県守谷市 H8.10
守谷市 客殿 三州日本瓦 ㈲戸辺工務所 茨城県守谷市 H8.11
老人ホーム共愛会 シングル ㈱タナカ   埼玉県羽生市  H9.2
松村医院  元旦ビューティルーフ 松村医院 埼玉県加須市   H9.3
坂東市 観音寺 三州陶器瓦 植竹工務店 茨城県坂東市 H9.3
太陽光発電オープンハウス 太陽光 ㈲栗原工務店 千葉県野田市H9.4
野田市福寿院 三州陶器瓦 ㈲久住工務店 千葉県野田市 H9.4
スーパートミヤ   折板防熱工事 スーパートミヤ  茨城県古河市 H9.5
糸井建材  銅板屋根工事 糸井建材   埼玉県加須市 H9.6
行田市常光寺 三州日本瓦 ㈱タナカ  埼玉県行田市  H9.8
栗橋町香取神社 三州陶器瓦 ㈲源建築 埼玉県久喜市  H9.10
池沢病院 元旦ビューティ断熱ルーフ ㈱オオギヤ 埼玉県羽生市  H9.10
柿沼邸  三州日本瓦 ㈲丸信中島工務店 埼玉県久喜市 H9.12
松村医院診療所 三州陶器 松村医院  埼玉県加須市  H10.2
野田市消防小屋 金属瓦 平井建設㈱  千葉県野田市  H10.2

 儲かってんですね。菓子工房『オークウッド』太陽光発電の補助金をGETしてエコ・ライフをしよう。 

2010.07.08 (木)

 http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 儲かってんですね。菓子工房『オークウッド』太陽光発電の補助金をGETしてエコ・ライフをしよう。

オークウッドはすごいですね。2年で大改築。
儲かっているんですね。
広いエントラスを、少しつぶして、レストラン風に
つまみ食い的に食べられる休憩のレストルームを
増築したんです。

それも反半端でなくて、小さな一軒の店舗ぐらいの広さです。
さすがフランスで名をはせた菓子の匠だけはありますね。

我々も見鳴らせていただかなくちゃ。
レストルームの内部も、とっても瀟洒です。
次回お見せいたします。

一度お菓子を買いに来て下さいね。
クリスマスの時など売り切れ続出
それもよそより高くてですよ。
 
                                            
ファイル 547-1.jpg
増築部分の防水紙貼りが完了致しました。
見えない下地は念入りに施工しないといけません。
隠れる部分は念入りにがモットーです。

ファイル 547-2.jpg
屋根の傾斜が2/10です。
本来瓦施工する屋根勾配は4/10からです。
防水紙を3重に施工致しました。
絶対大丈夫です。

ファイル 547-3.jpg
既存屋根部分と取り合いに部分で、非常に重要な工事です。
気を抜くことは雨漏りにつながります。

                           
ファイル 547-4.jpg
既存屋根と傾斜(屋根勾配)が異なり、更に接続されるところです。
しかも、瓦の幅は決められた寸法で施工をしないと雨漏りの原因になります。
自然は容赦ありません。手抜きは禁物です。

ファイル 547-5.jpg
増築部分の屋根が完成いたしました。
次回は内部のレストルームをご紹介いたします。

太陽光を推進しよう会の「さいたまの屋根屋・新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は埼玉県
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

入りたくなるようなケーキ・ショップ『春日部のオーク・ウッド』 太陽光発電の補助金をGETしてエコ・ライフをしよう。

2010.07.08 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512

上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 入りたくなるようなケーキ・ショップ『春日部のオーク・ウッド』 太陽光発電の補助金をGETしてエコ・ライフをしよう。 

この「オークウッド」の菓子工房は、
今から5年ほど前、春日部の駅から歩いて10分ぐらいの
16号線から少し入った商店街と住宅街の混在たところにあります。

工房の店主はフランスパリでも、お菓子における有名な賞の
受賞者だそうです。

工房を経営しながら、お菓子の修行をする
学校みたいな存在で、お菓子の工房を夢見る
若い学生さんたちが、お菓子を練ったり、窯で焼いたり、
あるいはお客様の接待をしています。

話によると、授業料の代わりに、
教えて、お給料はあっても僅かばかりで、
しかも、他の御菓子工房より、価格もしっかりしておりました。

やっぱり頭のいい人は、腕のある人は
一味も、ふた味も違うのですね。

我々職人として頑張らなくちゃいけませんね 
                                            
ファイル 546-1.jpg
正面より望むオークウッド
粋な雰囲気を漂わせております。
お菓子工房と思えませんよね。

ファイル 546-2.jpg
豪邸のような佇まいを見せるお菓子工房『オークウッド』

ファイル 546-3.jpg
素敵なエントラスを演出する菓子工房『オークウッド』

                           
ファイル 546-4.jpg
焼いた枕木がシックさを演出する菓子工房『オークウッド』

ファイル 546-5.jpg
駐車場が側から撮影した菓子工房『オークウッド』

太陽光を推進しよう会の「さいたまの屋根屋・新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。

連絡先は埼玉県
FD 0120-58-9901 TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>