Calendar

<< 2019/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

昭和の横浜のとっておこの風景

2012.06.09 (土)
  • 3http://blog.with2.net/link.php?720512
  • 埼玉の屋根屋さん「住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。」
    屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
    上記アクセスをクリックしていただけるとブログつくりの
    励みになります。
    久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市の皆さん
    応援してくださいね。
    連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
    『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

    TEL0480-58-0301
    ご連絡お待ちしております。

    ファイル 864-1.jpg
    今は懐かしくなってしまった井戸、しかも、竹ざおでくみ上げる
    井戸が横浜の磯子区にあったのです。
    当時でも、井戸は珍しかったので撮影しときました。
    今でもあったらいいなあ。とひとり悦に入っています。

    ファイル 864-2.jpg
    京浜急行で横浜から特急で1つ目の駅の「上大岡」駅から歩いて5~7ぐらいの最戸町のの風景です。
    遠方に見えるビルはプラントメーカー大手の日揮です。
    拡出してご覧ください。看板に株式会社イセサキと読めますよ。
    今は横浜上大岡郵便局があってすごい発展です。
    子供がザリガニ釣りをしていた時代です。
    忘年会時期になると「日本ユニカー」の社員が大声で歌を歌ったり、吠えたり、叫んだりしてうっぷんを晴らせた時代でした。
    私が神奈川大学の夜間に通っていたころの風景です。
    50年も前の風景です。
    駅前はリオというカレー屋さんと床屋さんとパチンコ店があるぐらいでした。

    ファイル 864-3.jpg
    横浜中華街の風景です。
    ざわざわしている風景は似てますが、通行人の足元をよく見てください。
    サンダルを履いております。
    ビルらしいビルはありません。
    よく見ると、時代を反映しております。

                               
    ファイル 864-4.jpg
    東京オリンピックの2年前の、性風俗の自粛された一コマです。
    この頃は、赤線・青線などの言葉場も残り、外国向けに
    セックス産業が徹底的に締め付けられ、今の「前菅総理の恩師市川房江」が健在でした。
    私なんか、貧乏学生のせいもあって、40円のラーメンを頼んで
    女性のヌードを見に行ったものでした。
    4~5人のヌードの女性が、テーブルの通路を踊りながら、
    注文を取りに来て、ウエイトレス宜しく運んできました。
    鼻の下を長くして、1時間ぐらい粘って、寮に帰ったものでした。
    性のはけ口のなかった時代です。
    その後オリンピックが終わって半年ぐらいたって、「売春防止法」も緩和され、「トルコ風呂」が現れてきました。

    ファイル 864-5.jpg
    横浜港の写真です。
    確か、韓国に旅行に行ったとき、飛行機の窓から撮影したものです。
    まだ、日本の海の表玄関が閑散としていた時代です。
    八幡製鉄と富士製鉄が合併して新日鉄になり「稲山社長」が「鉄は国家なり」と豪語した時代です。
    まだ、三池炭鉱、石狩炭田、常磐炭鉱などがストライキで労働組合が力を持っていた時代です。

    太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
    当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
    クリックしましょう。
    屋根リフォーム・屋根修理の名人「新瓦博士」。

    連絡先は埼玉県久喜市
    FD 0120-58-9901 

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>