Calendar

<< 2019/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

夢であってほしい光景がそこにあった。

2013.05.07 (火)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記
シルクロードに興味深い瓦が沢山ありました。
クロアチアでは、城壁の上から素晴らしい瓦屋根の街並みが
見渡せるように観光ルートが設定されていました。
瓦屋根を大切にしましょう。
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

*****************************************************

国破れて山河あり。
しかし、自然の大地はもとのまま。
見渡せば、四季は必ずやってくる。

桜が咲き、小鳥がさえずり、
タンポポは白い綿毛をつけ
震災前とかわらずに空には
雲がゆったりと流れていた。

変わったのは人の営みと
形あるものの破壊でした。

昔から、形あるものは必ず壊れる。
形あるものは、再建できる。
しかし、人の命とうつろになった
時間は取り戻すことができない。

ある人は、唖然とし、うつろのまま時間が
過ぎて行った。
またある人は、家族を失い
悔悟の涙で過ごした。

そして、生活は破壊され、
自分の無力を想い知らされた。
神がなした業なのだろうか。

そんな中でも、朝日が一塁の
希望を抱かせ、明日に幸せを
求めて皆がんばっているのです。

*****************************************************

ファイル 986-1.jpg
奇跡の一本松
現在はやぐらを組んで向きを補正中。
1億2千万円かかるそうです。

ファイル 986-2.jpg
海岸に近いところにあった中学校
3階部分まで、津波が押し寄せました。

ファイル 986-3.jpg
駅通りの商店街です。
すべた破壊され、今は撤去され、
道路のみが残りました。

                           
ファイル 986-4.jpg
商店街のお米屋さんだっと思います。
3階近くまで津波にあったそうです。

ファイル 986-5.jpg
再建されたホテルから港に
投影された夕日。
夕日は震災前と変わらずに
海を照らしてました。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
日本の風土に合った瓦が健康にもよいこと知ってますか。
全瓦連のホームページも見てください。
屋根の知識に素晴らしい情報が満載。
連絡先は埼玉県久喜市  ㈱オオギヤです。
FD 0120-58-9901 
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。

 

自然の偉大さを感じました。

2013.05.06 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記
シルクロードに興味深い瓦が沢山ありました。
クロアチアでは、城壁の上から素晴らしい瓦屋根の街並みが
見渡せるように観光ルートが設定されていました。
瓦屋根を大切にしましょう。
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

*****************************************************

自然の力の前に、人間はなすすべもなく悲嘆にくれ、
涙を流し、復興への足取りも、重く、
20年の歳月を必要とするだろう。

日本が大東亜戦争から、立ち直り
世界の仲間入りを果たし
戦後を口にするようになったのは
確かオリンピックを境にしていたと思います。

昭和20年から昭和39年の19年かかったのです。
明治にしても、安政の大獄から西南戦争を経るまで、
1958年から1968年の20年を必要としたのです。

しかし、春は訪れ、桜は幼稚園の校庭に咲き誇っていました。
三陸海岸の北山﨑の海岸の景観は震災前と変わらなかった。

しかし、心の傷は、津波を体験した人々から
解放されることはないでしょう。

*****************************************************

ファイル 990-1.jpg
橋梁の残った橋げた。

ファイル 990-2.jpg
春は忘れじと桜は咲き誇っておりました。

ファイル 990-3.jpg
田野畑村の観光マップ

                           
ファイル 990-4.jpg
北山崎の景観

ファイル 990-5.jpg
長年の太平洋の荒波が作り出した美しい海岸線

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
日本の風土に合った瓦が健康にもよいこと知ってますか。
全瓦連のホームページも見てください。
屋根の知識に素晴らしい情報が満載。
連絡先は埼玉県久喜市  ㈱オオギヤです。
FD 0120-58-9901 
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>