Calendar

<< 2018/4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

さようなら。グリーンランド。氷山の町「イルリサット」

2012.04.24 (火)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
雨漏りNO宣言。
連絡先は埼玉県久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
久喜市・幸手市・杉戸町・羽生市・加須市・宮代町の
ブログを見てください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
もう帰りか。そんな思いで
トランクを整理し、未知の極北「グリーンランド」の回想に
ふけっています。

見たこともない風景と事象に思いをはせています。
見たくて仕方がなかった氷山も
思い切り堪能し、
毎や夜空を飾る「オーロラ」に驚き
少年の輝く目で
目を見張りました。

驚くことに、電気自動車が走り、ポンコツの
EV車が早朝から充電され
600人しかいない小さな町に
ホテルがあって、飛行場があって 
ロンドンから1時間十五分
パリから2時間弱のところなんです。

ホテルの窓から見る景色は
朝起きると、昨日とは違い
素敵な笑顔で出迎えてくれる。

話によると、クジラが氷山の間を
おっとりと泳ぐ姿も見られ、
10年に一度くらいシロクマが訪れる

一角獣が岸辺に泳ぎ着き
助けを求める。
のどかな風景が繰り広げられる
イルリサット。そんな街なのです。                                    
ファイル 847-1.jpg氷山の町「イルリサット」
電気が通電してない住まいが多く、自家発電でしょうか。

ファイル 847-2.jpg瀟洒な住まいと氷山の町、イルリサット

ファイル 847-3.jpg充電している様子がわかるEV車

ファイル 847-4.jpg氷に閉じ込められた小舟と氷山

ファイル 847-5.jpg意味不明ですが、ちょっと興味があった
撮影してみました。
埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』
瓦の特徴 A.断熱性に優れている B.高耐久性
C.赤外線か陶器かわらを通過することによって、健康に良い遠赤外線に変化します。
これは、意外と知られていない最大の特徴です。
ハツカネズミの実験では長生きすることが実証されています。

D.世界遺産で使用されている屋根材。世界遺産で使用されている建材は『石、ガラス、タイル、瓦、木材』この5しかありません
E.呼吸をする屋根材、結露を起こさない
E.高強度、150KG/C㎡あります。
Fデザイン性に優れている。和風.洋風.プロバンス風が有ります。長い歴史を持っています。1400年の歴史です。
G欠点はちょっと重いことかな。重量感ありますが。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

輝く海・グリーンランド

2012.04.23 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
埼玉の屋根屋さん「住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。」
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

朝日が昇る。
フューヨルドが目覚める。
小高い山々が、暖かい靄の真綿に包まれる。

何もかもが目覚め
極寒の地に、春の息吹を感じる。
朝日のぬくもりのすごさを感じる。
太陽と北風の童話が思い起こされる。

ありがとう。グリーンランドの
遅い春の訪れを垣間見ました。
やっぱり春は温いです。

ファイル 846-1.jpg

ファイル 846-2.jpg

ファイル 846-3.jpg


                           
ファイル 846-4.jpg

ファイル 846-5.jpg

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
屋根リフォーム・屋根修理の名人「新瓦博士」。

連絡先は埼玉県久喜市
FD 0120-58-9901 
「雨漏りはいやですね。」お電話ください。

雲と.靄の描く幻想の世界

2012.04.22 (日)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
雨漏りNO宣言。
連絡先は埼玉県久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
久喜市・幸手市・杉戸町・羽生市・加須市・宮代町の方
ブログを見てください。

$$$$$$$$$$$$$$&&&&&&%%%%%%%%

世界遺産、氷山の町に、後ろ髪ひかれる思いで
機上の人となった。
真っ赤なグリーンランド航空の赤いプロペラ機が
朝日に輝いて、一層の赤を鮮明にし、
真っ白の世界が眼下にあらわれた。

真白い世界の中に、あさひに暖められた
靄が雲になり、幻想の世界を作り出した。

真っ白の世界に、うっすらと雲がたなびき
流氷で削り取られた入り江が、小高い丘が
幾重にも重なり、雪原と雲の絶妙なる
日本画の世界を、窓の外に
表現していた。

幻想の世界をお楽しみください。  
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
2.瓦の特徴 A.断熱性に優れている B.高耐久性
C.赤外線か陶器かわらを通過することによって、健康に良い遠赤外線に変化します。
これは、意外と知られていない最大の特徴です。
ハツカネズミの実験では長生きすることが実証されています。

D.世界遺産で使用されている屋根材。世界遺産で使用されている建材は『石、ガラス、タイル、瓦、木材』この5しかありません
E.呼吸をする屋根材、結露を起こさない
E.高強度、150KG/C㎡あります。
Fデザイン性に優れている。和風.洋風.プロバンス風が有ります。長い歴史を持っています。1400年の歴史です。
G欠点はちょっと重いことかな。重量感ありますが。

                                 
ファイル 845-1.jpg遠くの海が朝日に染まり、 
入り江が冷たく無表情のまま、雲はあたたく包み込んでおります。

ファイル 845-2.jpg上昇気流が上り始めた朝の風景。

ファイル 845-3.jpg点在する入り江が、遠くで光を見せています。

ファイル 845-4.jpg凍てついた山々に、朝もやがおはようと
そっと頬を撫ぜていくようですね。
ファイル 845-5.jpg早春の温もりの水面を靄が立ち込めております。
当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

極北のこれぞ景観。内陸氷床

2012.04.19 (木)

 
 http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
            
ファイル 843-1.jpg氷の針状の内陸氷床

ファイル 843-2.jpgどこまでも続くこの内陸氷床に圧倒されます。

ファイル 843-3.jpg降雪から年数の浅い穏やかな景観の内陸氷床

ファイル 843-4.jpgご想像ください

ファイル 843-5.jpg米軍機をそのまま残す極北の地、グリーンランド
埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

内陸氷床

2012.04.18 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。
屋根材と外観の材料選びで『素敵』が違う。
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

###############@@@@@@@@@@@**********:::::::::::::::::%%%%%

内陸氷床・すごい景色です。
60,000前の降雪が雪の重みで氷になり、
自重の重みで、亀裂が入り、夏になってそのかすかな亀裂に
氷の水がすごい速さで、氷に表面を駆け抜け、
亀裂を大きくして、クレパスを作り、
クレパスが氷の水を生み出してゆくのです。

そして氷の針の山の景観を作り出すのです。
そのクレパスが海に流れ出し、氷塊を作り
氷塊が氷山になるのです。

長い長い時を刻んで、景観を作り、氷山の町の景観を作っているのです。

内陸にあっては、内陸氷床を何百キロに及ぶ
恐ろしいような景観を作り出したのです。

ファイル 842-1.jpg何百キロも続く内陸氷床に大型4輪駆動車で
行きました。

ファイル 842-2.jpg空気が凍り、凍った空気に太陽光線が当たり
日輪の輪を作るグリーンランドの太陽。

ファイル 842-3.jpg内陸氷床をバックに強きはおばちゃん連合の
ツアー客。男性は添乗員のお兄さんの久保さんです。


                           
ファイル 842-4.jpg内陸氷床を眺めながら、氷の上をステックをつきながら
歩くおばちゃんたちです。

ファイル 842-5.jpg6万年前に降った雪が雪の重さで、内陸氷床を
作り、夏になってとけだし、湖を作りました。
春3月中旬です。
湖の氷は厚く、野生動物の足跡が点在してました。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は埼玉県久喜市
FD 0120-58-9901 

内陸氷床の巨大クレパス

2012.04.14 (土)

上記 http://blog.with2.net/link.php?720512
アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は埼玉県
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

雨樋・雨漏り・外装工事・屋根葺き替え工事「ブログを見てね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
夢は大きく、旅の思い出を綴ります。

マッキンレーで登山家植村直己さんを飲み込んだのは
このクレパスなんです。

新雪に覆われ、姿を隠すクレパスなんです。
彼は用心に、背中に真竹を括り付け
クレパスに対処したのです。

青白い美しい氷の谷が美しくもあり、不気味でもあるのです。
グリーンブルーというのか、美しさに見ほとれるときは
それは夢のようです。

牙をむき出すと、それは魔物です。
この素晴らしいクレパスが何百、何千あるのです。
信じられますか。                                                                     
ファイル 841-1.jpg人間の背丈と比べてください。
巨大さのわかるクレパスです。

ファイル 841-2.jpg氷の割れる不気味な音が、クレパスのグリーンブルーに
反響して、こわごわとクレパスの下部に立つ、自分です。

ファイル 841-3.jpgクラパスの上部の巨大な氷柱の前にて撮影
妻の光子

埼玉の屋根屋のおっさん『太陽光』とりつかれて

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉県久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

極北の野生動物たち

2012.04.13 (金)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリック下さい。
屋根リフォームの粋なおっさん

連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

*********☆☆************UUUUUUUU

雨漏り・屋根・瓦・漆喰・雨樋・屋根塗装の気なる方は
メール、TEL・FAXなんでも相談OKです。
たかが屋根・されど屋根、奥が深い、美学も有ります。

極寒の地といえども、多くの野生の動物たちが
しのぎを削り、生きている。

内陸部は夜ともなればマイナス70度もなるという。
この内陸氷床の存在する氷の山脈の大地で生きているのだ。

小型の野生動物は真っ白になって身を隠し、
大型獣は、ふさふさした毛皮をまとい、
少ない食料を奪い合って、生きているのだ。ジャコウ牛は
バイソンのように全身をたくましく。
しかし、バイソンと違うところは
単独で身が軽いことだ。

それぞれの特性を生かして
極北の地で生きているって
素晴らしく、驚きに値する。

ファイル 840-1.jpgかわいい姿を見せる北極狐

ファイル 840-2.jpg威風堂々の王者、麝香牛

ファイル 840-3.jpg珍客を珍しがるトナカイの雌
ファイル 840-4.jpg灌木に身を隠すライチョウ
ファイル 840-5.jpgわれ関せず。雄のトナカイ

さいたまの太陽光発電につかれた粋なおっさん

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10  扇谷 芳雄
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
待ってます。

ページ移動