Calendar

<< 2018/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

船長主催のサヨナラパーテイで盛り上がりました。

2014.08.21 (木)

http://blog.with2.net/link.php?720512
クリックをお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
さようなら・南極・ペンギン・素敵な生物たち。

言葉はいりません。
素晴らしい思い出に、人生の至福の最終章の
頁を大切に致します。

他の南極の写真をご覧になりたい方は、海外旅行
または、その他面白写真集をクリックして
南極の種々の写真をご覧ください。

ファイル 1285-1.jpg
アドベンチャ号の船長と光子

ファイル 1285-2.jpg
アドベンチャ号のクルーと読売旅行のスタッフたち。
天候に恵まれた素敵な南極の船旅でした。

ファイル 1285-3.jpg
私たちを見守ってくれた添乗員のお二人

                           
ファイル 1285-4.jpg
鷲宮町・久喜市・新白岡のお隣組
ご一緒に撮影させていただきました。
F夫妻・A夫妻・光子と私

ファイル 1285-5.jpg
F先生とご一緒に。私と光子の外人は陽気なクルーです。
でも、学者ですよ。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
もし、貴女がヨーロッパに行って、色々の形状の屋根瓦があって、色々の色彩があって、テンデンばらばらだったら幻滅を感じませんか。
美しい景観は、統一がある~のです。
ドナルドキーンが尾道の坂の風景を絶賛したかご存知ですか。
彼にとって、日本瓦の黒はヨーロッパの素焼きの赤と違って、
黒の素焼きのまだらが鮮烈に目に飛び込んできたのです。
京都、奈良は日本独特の風景なのです。
斑鳩の5重の塔は石の文化圏の人にとっては、赤と黒の対象の建造物は素敵に映るのです。
和瓦をもっと大切に致しましょう。

南極の知らざる風景

2014.08.19 (火)

連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301
久喜市・加須市・羽生市・杉戸町・宮代町・幸手市
白岡町・蓮田市の皆さん旅のブログも見てください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

  雨漏り奮闘記 さいたまの屋根屋のおっさん
驚きました。豊かな老後を楽しむためには、
老後の資金が60歳から85歳までの25年間で
1億4000万円かかるそうです。
ほんとかなという気もしますが。
1月466,000です。ないよ。そんなに。
時間が十分あって、海外旅行・温泉・趣味の生活・
孫たちにお子使い・入学祝・卒業式何かと物入りですね。
親の威厳は金だそうです。やっぱりかかるかなあ。
金がないと老いては子に従えになるのです。
新所帯ですと、お墓・御葬式で450万円が
平均的な費用ですって。
何でも金の世の中になってしまいましたね。 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
日本の都のお話をいたしましょう。

最初にできた藤原京は板葺の都と言われ、
桧の板で雨水をとる屋根の構造になっておりました。

710年藤原京から平城京に移り、百済の国から
4人の瓦博士が来日し、瓦の製造が始まったのです。
また、聖武天皇が東大寺をはじめ、国分寺・国分尼寺を
建立し、仏教による国民の安心出来る政治を行いました。

もちろん、東大寺、国分寺等の屋根は、瓦で葺かれたのです。

それから、794年、84年余りで都が京の遷都いたしました。

ところが、4人の瓦博士たちが帰国し、
瓦の製造・葺く工法の伝承がうまくいかず、いつの間にか
清水寺などの見られる、檜皮葺及び萱引きに戻ってしまい
瓦は消えようとしていたのです。

足利時代に入って、将軍職の力が弱まり、
応仁の乱をきっかけに世の中は戦国時代に突入します。

戦禍で焼けないように、城郭が瓦になって行ったのです。
また、加賀藩の金沢城の石川門のように、
非常のときに鉄砲に弾に鋳直すために鉛の瓦で
葺かれたことも有るのです。

また東京駅のように鉄平石で葺かれることも有ったのです。
石の屋根材は重いですが、明治村に行きますと
結構鉄平席で葺かれた屋根が多いのです。

最近はメデアの誤解が屋根材はは軽い方が良いと
思い込んでしまったのです。

メデアの力は恐ろしいです。

昭和20年8月初旬のポツダム宣言の受諾拒否と受け取れる
報道が8/14の熊谷市・岩国市・光市の
大空襲につながったのです。

メダアも間違いを信じないでください。
良い物は歴史の中で必ずのっこってゆきます。
歴史は正直です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
 
ファイル 1284-1.jpg
南極で生息する植物は苔カビ類だけです。

ファイル 1284-2.jpg
ゆったりと流れる雲と海の青さが印象的な
雪景色です。
この雪も、何千年の歳月が織りなしているのです。
この静かな雪の塊が海に押し出されたのが、
氷山となるのです。

ファイル 1284-3.jpg
氷河が切り立った峰の島々を形成しております。

ファイル 1284-4.jpg
南極の夏は、空の雲は秋の様そうです。
大陸の雪は冬です。
反対側の南アフリカ側の南極の山々では、
零下50度にもなるそうです。

こちらのアルゼンチン側は、5度~10度くらいの
快適な温度を形成します。

ファイル 1284-5.jpg
何百年の厳冬の繰り返しによっる歳月で、
岩に亀裂が走り、何千mの地底深くから、
吹き上げたマグマが黒く岩の隙間に入り込み、
御影石などの火成岩の形成を
マジかに見ることができて、南極の寒さの凄さを
肌で感じました。

埼玉の屋根屋のおっさん『ルーフ』

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
連絡先は埼玉久喜市
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

驚きの南極

2014.08.18 (月)

  http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
再生可能なエネルギーの買取りによって、電気料は高くなる、
屋根業界は軽い屋根材と片流れの屋根が増え、陶器瓦の
三州産地は、青色吐息。
日本の故郷の風景は消滅の危機にあるのです。
だからこそ、中山道の眞籠・妻籠宿に
行きたがるのでしょう。

また、企業に忠誠を尽くすために、勤務先の近くに
建売を買って、男の人は、妻・子供のために、
ローンを払い続ける、老後は、痴ほう症になって、
特別養護施設。こんなことって、幸せなのですか。
瓦は、素晴らしい。1400年の歴史に中で、
幼子の思い出に残る故郷を作ってきたのです。
瓦万歳。瓦の良さを大学で教えてください。
空気のような存在なのです。
旅に行って、しみじみと思うものではないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1283-1.jpg
イギリスの捕鯨船で、捕鯨用の火薬で自爆して、今は起き去りになっている捕鯨船です。

2度も自爆した捕鯨船です。鉄の塊、亡くなった捕鯨船の
乗組員の亡霊が漂っている感じです。
その甲板の営巣する極アジサシ。
美しいでしょう。

ファイル 1283-2.jpg
ギバナウの飛翔

ファイル 1283-3.jpg
ペンギンの天敵・トウゾクカモメです。
ペンギンの幼鳥や卵を食べるのです。
                           
ファイル 1283-4.jpg
イギリスの捕鯨船で、捕鯨用の火薬で自爆して、今は起き去りになっている捕鯨船です。

2度も自爆した捕鯨船です。鉄の塊、亡くなった捕鯨船の
乗組員の亡霊が漂っている感じです。

ファイル 1283-5.jpg
特別イベントです。
零下2度海にロープをつけて、飛び込みました。
20人ぐらいチャレンジしました。
心臓まひに備えて、ロープを結わえるのです。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

ナガスクジラのダイブ。

2014.08.15 (金)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

阿部総理大臣も北朝鮮の拉致問題に本気で取り組むようですね。
国家の正式な予算を計上してかかるようですね。

経済が良くなって、税収が上向いているせいでしょうね。
財政赤字をなくすには何年もっかかりますね。
1000兆円を越してしまいましたからね。

栃木県の竜巻被害に国が支援に乗り出しました。
竜巻、突風などの風の災害は瓦屋根の方が
復旧が簡単なこと知っていますか。

最近地震で瓦が避けられておりますが、
今の瓦は平らの平板瓦になって、
とっても軽くなっているんです。

また、3/11以降ガイドライン工法が
普及し始めて、地震でも、瓦の落下は
考えられなくなっております。

遠赤外線を発し、人にやさしく、耐用年数が長く
とってもお得な瓦をぜひ使用してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1282-1.jpg
氷山を背景にナガスクジラのダイブ。
尾びれの模様で、識別できるそうです。

ファイル 1282-2.jpg

ファイル 1282-3.jpg
ダイブをする前のウオーミングアップ

                           
ファイル 1282-4.jpg
シャチのような遊泳をします。

ファイル 1282-5.jpg
別のザトウクジラの尾びれの紋

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

くじらのダイナミックさ。

2014.08.15 (金)

http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
瓦の歴史は、今から1400年前に遡ります。
百済の国から4人の瓦博士を招聘した。
そして、そののち渡来人である蘇我馬子が飛鳥の地に飛鳥寺(法興寺)を建立し、その後聖武天皇が全国に国分寺・国分尼寺建立したのが始まりです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今日はポツダム宣言を受諾した日です。
日本兵は現神の天皇の受諾を武装解除と間違えて、
兵器を交戦国に引き渡したのです。

その結果、満州から北方4島になだれ込んだ
ソ連兵に無抵抗にしょっ引かれ、シベリヤに
抑留されてしまったのです。

実は、シベリヤだけでなくシルクロードのキルギスにも抑留されたのです。

発哺4島も、有無をいせず侵略されて、
70年の月日が、経ってしまったのです。
現状支配によって、100年になると時効が発生するのです。

ポツダム宣言受諾についても、新聞・ラジオの報道は、
受諾拒否を「笑止千万」の記事で煽ったのです。

そして、受諾の詔の争奪が始まったのです。
8/14はポツダム宣言の拒否と解釈した連合国は
熊谷市・光市・岩国市を焼夷弾だ焼き尽くしたのです。

そして、終戦、戦地から遺骨とともに舞鶴の港に
帰ってきたのです。

帰らぬ息子を待ちわびる「岸壁に母」の歌が作曲されたのです。

きょう8/15は各地で精霊流しが行われることでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1281-1.jpg
氷山の写真で涼をとってください。

ファイル 1281-2.jpg
海水を尾びれで流すザトウクジラ

ファイル 1281-3.jpg


                           
ファイル 1281-4.jpg
潮を吹くクジラ。
冷気のために潮が水蒸気になるのです。
沖縄ではこうなりません。

ファイル 1281-5.jpg
ダイナミックな背びれ。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

南極大陸上陸

2014.08.13 (水)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
埼玉の屋根工事店です。上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記・埼玉の屋根屋より。
いま、瓦の施工方法に全国瓦工事業連盟(全瓦連)の組合員が一丸となって「耐震・耐台風工法」(ガイドライン)に取り組み、
行政からの要請を受け、東日本の震災復興住宅に推奨されております。
和瓦の街並みがなくなる、ドナルド・キーンが愛した瀬戸内の尾道の風景が赤い瓦の街並みなってしまったら。
京都・奈良の和瓦がコロニアルになってしまったら。
そんなことを危惧する一人です。

今日からお盆様です。
故郷の母・父のもとへ、長い車の行列を作って
東京を脱出・民族大移動が始まりました。

最長の長さは、60kmにも及ぶそうです。

我が家でも、8/17息子・嫁・孫が8/17に集うのです。
他愛のない話で、親たちは過ごし、
孫たちは、久しぶりの再会に飛び跳ねはしゃぐのです。

それが、故郷の風景なのです。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
南極大陸は、幾多の人命を飲み込み今も何もなかったように
穏やかな表情で迎えてくれました。

ペンギン・オットセイもアザラシもクジラも歓迎してくれました。
ところがです、昨年の12月に行った写真家田村さんは、
天候に拒否され、船酔いの旅だったそうです。

我々は、ドレーク海峡で、ハリケーン並みの
台風に出合いましたが、1夜開けると波静かな
ネコハーバーが待っておりました。

眼下の南極海は波静かな入り江が広がっておりました。

パラダイス湾.デセプション島・ピータンマン諸島・
ポートロックロイみんな素敵な表情で迎えてくれました。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
                                                                     
ファイル 1280-1.jpg
ヤンキーハーバー上陸

ファイル 1280-2.jpg
パラダイス湾の山頂トレッキング

ファイル 1280-3.jpg
パラダイス湾の山頂トレッキングを終えほっとする光子

ファイル 1280-4.jpg
ポート・ロックロイの博物館とペンギンと3ショット

ファイル 1280-5.jpg
ピーターマン島のゼンツーペンギンの営巣地で
さいたまの屋根やのおっさん『ルーフ』
瓦は1400年の歴史があり、耐久性があって、メンテナンスが楽なのです。
3/11の東日本大震災でも復旧工事は早く、15か月くらいで
修復作業が完了したのです。
重いと思っている方もおると思うのです。
そうではないのです。建物のメンテナンスの問題なのです。
なぜ、歴史の中で消えなかったのか。
良いものは残る。ここなのです。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
エコは安いよ。住宅のメンテナンスはエコですよ。
連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

南極大陸上陸

2014.08.11 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512

台風11号は、三重・高知県及び各地に1年間以上の降水量と、
かって日本を縦断した台風17.18号のように
大被害を起し、55万人近くの避難民を出したのです。

当時の被害額は3700億円に達し、今回の台風被害も
それにもまして、現在北海道に達しております。

そして、関東地方でも、鹿沼・栃木・壬生市かけて、
463棟の竜巻被害を出して、東北・北海道の日本海を
北上して、熱帯性低気圧に変わったそうです。

今日は台風一過、早秋心地よい風を頬に浴びて、
秋雲たなびく、ちょっと暑い日になりそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
瓦はどうして不要な物の言い回しの「瓦礫」のようだと言われなければいけないのでしょう。
瓦には焼き物として、太陽光線が通過すときに、遠赤外線になるのです。
遠赤外線は体によく、金属・スレート系に屋根材に比べ、実験の結果ハツカネズミの生存率が長いのです。
まして、瓦は焼き物として、長寿命・耐候性・耐久性・遮音性・耐熱性に優れ1400年もの歴史があるのです。
健康を考えたら、瓦に勝る屋根材は存在しないのです。
また、瓦屋根は、地中海の赤瓦の景観、京都の町屋の家並み、
川越の蔵造りの景観、クールジャパンとして、海外からも厚い視線が注がれています。
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

sssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

南極の景観は、険しい岩壁の景観と、
汚れのない新雪のような雪をかぶり、
ペンギンの愛苦しい姿にほっとし、
ザトウクジラのダイビングあり、
郵便局・博物館・避難小屋が有ったり、
航海の為の燃料タンク群・あるいは遭難者の
十字架ありでした。

地球がどんな発達過程があったか我々に
語り掛けてくるのです。

南極にも春夏秋冬の訪れがあるのです。

ssssssssssssssssssssssssssssssssssss
ファイル 1279-1.jpg
波静かなパラダイス湾に囲まれた、アルゼンチンの南極基地です。
福地さんもアルゼンチンの交換留学生として、
プランクトンの研究をなされておりました。

ファイル 1279-2.jpg
ポート・ロックロイ島です。
イギリスの捕鯨基地です。
ここに郵便局と捕鯨に関する博物館があるのです。

ここから、友人たちに記念として、
ポストカードを送りました。
郵便局の周りにもペンギンが数十頭遊んでおり居りました。

博物館は、入場料がかかりません。
でも、だれが見るのでしょうか。

ファイル 1279-3.jpg
ポート・ロックロイ島です。
巨大なザトウクジラの骨が散乱しておりました。

                           
ファイル 1279-4.jpg
ヤンキーハーバーです。ここには、ゼンツウペンギン・
カニくいあざらし・オットセイの営巣地です。
私は、ここで、アザラシに追っかけられたのです。

ピータマン島の砂利海岸の裏側に回ると、苔類の緑が広がり、
流氷で削られた鋭い島々の景観です。

ファイル 1279-5.jpg
ポートロックロイ島です。
建物は、避難小屋です。

埼玉の屋根屋さん「住まいの基本は屋根にあり。屋根は文化だ。芸術だ。」
久喜市・加須市・白岡町・杉戸町・羽生市・古河市・熊谷市の皆さん応援してくださいね。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301

ページ移動