Calendar

<< 2018/4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

世界の瓦(屋根:ロシア)の話

2014.10.13 (月)

鹿児島上陸、列島東進へ=台風19号、暴風大雨警戒―早めに安全確保を・気象庁

 大型で強い台風19号は13日午前8時半ごろ、鹿児島県枕崎市付近に上陸した。九州が暴風域、沖縄本島と奄美地方、西日本が強風域に入った。19号は昼すぎにかけて九州を横断する見込み。気象庁は暴風や高波、大雨に厳重に警戒し、早めに安全を確保するよう呼び掛けている。(時事通信)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
『たかが瓦、されど瓦、世界遺産に使用されている資材だよ。』埼玉の瓦屋さん・雨漏り奮闘記
シルクロードに興味深い瓦が沢山ありました。
クロアチアでは、城壁の上から素晴らしい瓦屋根の街並みが
見渡せるように観光ルートが設定されていました。

今、我々業界でも瓦の再認識の機運があって、
クロアチアと同じ試みを実行にどう移すか
全瓦連で検討されております。

ドナルト・キーン博士は瀬戸内の鞆の浦の坂の上から見る
黒瓦の街並みにかれて、感動したのです。

埼玉県も、川越が蔵の街として、重厚な瓦の街並みを
観光資源として、大切のしております。

これがテンデンばらばらの屋根の色だったらどうでしょう。
観光客が見に来ませんよ。

何事も統一された美しさなのです。
だからこそ、私は花の咲き乱れる北のてっぺんの
「利尻・礼文島」心が引かれていってきたのです。
尾瀬ヶ原もそうでしょう。

日本人が愛する風景が「瓦屋根」にはあるのです。
瓦屋根を大切にしましょう。
TEL0480-58-0301

*****************************************************

ファイル 1325-1.jpg
ロシアのプーチン大統領の故郷「サンクト・ペテルグブルグ」の
「血の教会」の付近あった建物屋根です。
陶器瓦ですがちょっと変わった形にシャッターを切りました。

ところ変われば品替わるですね。

ファイル 1325-2.jpg
ロシアの州都の金色に輝く屋根です。
ロシア帝国の富を感じさせます。

ファイル 1325-3.jpg
サンクト・ペテルスブルグの交差点にあった金属屋根です。
雪止めがアングルで面白い形に施工してあります。

また、丸いドームの換気口なども粋なのでパチリを実行

                           
ファイル 1325-4.jpg
血の教会の玉ねぎの屋根です。
イスラムとキリストの合体です。
ロシア正教は十字の切り方が逆で右から左です。

イコンの天井画がすごいです。

ファイル 1325-5.jpg
赤の広場の玉ねぎの教会の屋根です。
赤の広場は天安門広場に次いで、2番目の広さがあります。

近衛兵による閲兵式が繰り広げられます。
この時のロシア高官たちの序列がわかります。

屋根の葺き替え工事のエキスパート「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
日本の風土に合った瓦が健康にも良いこと知っていますか。
全瓦連のホームページも見てください。
屋根の知識に素晴らしい情報が満載。
連絡先は埼玉県久喜市  ㈱オオギヤです。
FD 0120-58-9901 

新聞記事に見る瓦の話

2014.08.31 (日)

   http://blog.with2.net/link.php?720512                                       
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』
TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。
再生可能なエネルギーの買取りによって、電気料は高くなる、
屋根業界は軽い屋根材と片流れの屋根が増え、陶器瓦の
三州産地は、青色吐息。
日本の故郷の風景は消滅の危機にあるのでしょうか。
だからこそ、中山道の眞籠・妻籠宿に
行きたがるのでしょう。

また、企業に忠誠を尽くすために、勤務先の近くに
建売を買って、男の人は、妻・子供のために、
ローンを払い続ける、老後は、痴ほう症になって、
特別養護施設。こんなことって、幸せなのですか。
瓦は、素晴らしい。1400年の歴史に中で、
幼子の思い出に残り故郷を作ってきたのです。
瓦万歳。瓦の良さを大学で教えてください。
空気のような存在なのです。
旅に行って、しみじみと思うものではないのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファイル 1294-1.jpg
瀬戸内海の坂のある風景。
坂の上から日本の原風景の和瓦の屋根が連なる
美しい風景です。

ドナルド・キーンが愛し、宮崎駿監督が「崖の上のポニョ」の
構想を練り、映画の舞台になった和瓦の美しい
街並みです。

古くは900年前、平清盛が高倉上皇と厳島神社への
行幸に寄った古い港町です。

また、美しい日本の歴史風土100選にも選ばれております。
和瓦は、日本人の原風景なのです。

ファイル 1294-2.jpg
防災能登に掲載された、瓦の地震に対する
正確な情報。

ファイル 1294-3.jpg
瓦は歴史の生き証人として、たびたび登場いたします。

それは、軒先を飾る瓦頭という丸い巴瓦が、
時代時代に蓮の花を描いた蓮華紋が違うからです。

それを学者は、これは「白鳳時代」「天平時代「」鎌倉時代」と
区分しているのです。

もちろん、軒の唐草模様も時代考証になるのです。

この凄さは、ほかに見当たりません。
瓦は美の追求だけでなく、時代の考証にも役に立つのです。


                           
ファイル 1294-4.jpg
瓦が、美と格式に用いられた飛鳥時代の
迎賓館。

当時は板葺が主流でした。
しかし、中国の使節や朝鮮半島の使節団に
日本の技術水準を誇るために、迎賓館の門に
瓦が出土したことは、葺かれていた証なのです。

瓦は地中で腐朽することなく、当時のことを
証明するのです。

ファイル 1294-5.jpg
ネパールの神の館のくくり門の上の幻獣の彫刻。
恐ろしさと権力を現す胴体と足のない
蛇をくわえた、キールテイムカという幻獣です。

私はエベレストに行ったとき、帰りのカトマンズ観光のときに
この日本の鳥居と同じ意味を持つ「キールテイムカを
見て来ました。

この、キールテイムカは、日本の鬼瓦に変化していったのです。
源流はネパールだったのです。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
久喜市・杉戸町・白岡・蓮田・春日部・古河・幸手
羽生・加須のこともアップするよ。
FD 0120-58-9901 

新聞記事に見る屋根のお話。

2014.08.30 (土)

http://blog.with2.net/link.php?720512
埼玉の屋根工事店です。上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記・埼玉の屋根屋より。
いま、瓦の施工方法に全国瓦工事業連盟(全瓦連)の組合員が一丸となって「耐震・耐台風工法」(ガイドライン)に取り組み、
行政からの要請を受け、東日本の震災復興住宅に推奨されております。
和瓦の街並みがなくなる、ドナルド・キーンが愛した瀬戸内の尾道の風景が洋風の赤い瓦の街並みなってしまったら。
京都・奈良の和瓦がコロニアルになってしまったら。
そんなことを危惧する一人です。

故郷は幼いころの思い出の場所なのです。

里山に囲まれた、どっしりした和瓦の母屋の風景、
長屋や蔵の屋根瓦の甍の波、そんな思い出も
大切にしたいものです。

                                                                     
ファイル 1293-1.jpg
(株)オオギヤが屋根施工を担当した野田市民の
憩いの武道場。

かっては、キッコウマンの社員の為の武道場を
野田市が譲り受け、耐震工事を含め、改装した建物です。

ファイル 1293-2.jpg
石州瓦の産地「来待瓦」で有名です。
ここは、総理大臣「竹下 登」を輩出いたしました。
今は、弟の「竹下 亘」がおります。
ファイル 1293-3.jpg
真っ黒な光沢のある能登瓦が日本海に映えております。

日本の故郷には、それぞれの特徴のある、屋根瓦があります。
そして、故郷の風景を醸し出しておるのです。

ファイル 1293-4.jpg
瓦が人畜無害。
屋根から降ろされた役目を終わった瓦は、
クラッシャーという機械で細かく砕かれ、
造園・舗装材として、使用されます。

また、アンツーカーとしてテニスコートなどにも使用されます。
リサイクルの資材なのです。

また、瓦は、大きなかごに入れて、海に沈めれが、
瓦の漁礁にも利用されているのです。

また、お城などの雨水の排水口としても
利用されております。

ファイル 1293-5.jpg
ソフトクリームの看板が、屋根瓦の上に粋に
設置されているのもいいですね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

さいたまの屋根やのおっさん『ルーフ』
瓦は1400年の歴史があり、耐久性があって、メンテナンスが楽なのです。
3/11の東日本大震災でも復旧工事は早く、15か月くらいで
修復作業が完了したのです。
重いと思っている方もおると思うのです。
そうではないのです。建物のメンテナンスの問題なのです。
なぜ、歴史の中で消えなかったのか。
良いものは残る。ここなのです。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
エコは安いよ。住宅のメンテナンスはエコですよ。
連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

*****************************************************

新聞記事に見る瓦の話

2014.08.29 (金)

 http://blog.with2.net/link.php?720512
埼玉の屋根工事店です。上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。

連絡先は
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記・埼玉の屋根屋より。
いま、瓦の施工方法に全国瓦工事業連盟(全瓦連)の組合員が一丸となって「耐震・耐台風工法」(ガイドライン)に取り組み、
行政からの要請を受け、東日本の震災復興住宅に推奨されております。
和瓦の街並みがなくなる、ドナルド・キーンが愛した瀬戸内の尾道の風景が赤い瓦の街並みなってしまったら。
京都・奈良の和瓦がコロニアルになってしまったら。
そんなことを危惧する一人です。

                                                                     
ファイル 1292-1.jpg
静岡県・伊豆に見る元禄時代の庄屋の屋敷を今に伝える
風格の日本家屋の粋・黒光りの観光ホテルです。
1度行ってみたいですね。

屋根瓦の連なる囲われた一角は武家の郭を彷彿させます。
鞍には、伊豆が生んだ漆喰彫刻の第一人者、長八の手による
家紋の彫刻が施されております。

瓦の経年変化による美を映し出しております。
本葺き瓦の陰影のある風景もまた味わいがあります。

ファイル 1292-2.jpg
昔は神様は屋根に宿ると言われた「屋根神様」今は希少価値で、
新築のときに神様の居所がなくなるケースが多いそうです。

古い物を大切にする心を持ちたいものです。
そこの「温故知新」あるのです。
和瓦もその一つなのです。

ファイル 1292-3.jpg
ネパールの石の屋根です。分厚くて重いですよ。
でも、ネパールの山岳地帯の厳しい気候に耐えるのです。
また、石の厚さによって、屋根からの冷気を遮断するのです。

東京駅の屋根も3/11の東日本大震災で散逸した宮城産の
石の瓦で葺かれていることをご存知ですか。

ファイル 1292-4.jpg
鬼を面白く形度った杯です。
日本の屋根には、鬼瓦が家族を邪気などから守っております。
守り神は、屋根神様と同じく屋根の負わします。

今は鬼瓦のないお住まいが多くなってしまいました。

ファイル 1292-5.jpg
岡山県の閑谷学校は備前焼の瓦で葺かれた学校です。
池田光政公が、学校領として、運営に支障がない様に、
また、戦乱等によって破壊から免れるようにと
独立した行政区によって、明治政府からもおとがめなしとして、
440年以上の歴史建造物です。

烏賊に、池田公学問に熱い思いを持っておられたかわかります。
いまでも小学校として利用されております。

いかに備前焼の瓦がすぐれているか
お分かりいただけますか。

さいたまの屋根やのおっさん『ルーフ』
瓦は1400年の歴史があり、耐久性があって、メンテナンスが楽なのです。
3/11の東日本大震災でも復旧工事は早く、15か月くらいで
修復作業が完了したのです。
重いと思っている方もおると思うのです。
そうではないのです。建物のメンテナンスの問題なのです。
なぜ、歴史の中で消えなかったのか。
良いものは残る。ここなのです。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。
エコは安いよ。住宅のメンテナンスはエコですよ。
連絡先は埼玉県久喜市鷲宮中央1-19-10
FD0120-58-9901  TEL 0480-58-0301

*****************************************************

イタリアの瓦と日本の岩国地方の瓦似ていませんか。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2011.01.28 (金)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                         
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
イタリアの瓦と日本の岩国地方の瓦似ていませんか。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

今回イタリアの瓦と日本の瓦をビジュアルに比較してみました。
ヴァチカンやローマ市内に古くから施工されていた瓦と、山口県岩国地方の限定された地域に施工されたいた瓦があまりにも酷似しておりましたのでカメラの収めてきました。

山口県岩国地方の瓦は武士階級が本葺き瓦と言われる上丸、下丸の葺き方に対して、町人の豪商階級が江戸時代に開発された桟瓦を組み合わせたこの施工を、許可のいらない施工をして、財力の誇示をしたのだと聞いております。
この施工も、今は無くなってしまいました。
残念です。

イタリアの角平と上丸を組み合わせた、この施工も何か意味があるのだと思いましたが、いかんせん観光の添乗員に正すすべもありません。

もし、このブログをご覧になってご存知の方がおりましたら教えて下さい。

また、次の施工はイタリアでは、ごく一般的なのですが、2000年前のポンペイに現存していたことは驚かされました。

この春日部市のお菓子工房に施工されている「カパラス」と言う瓦は輸入瓦に対抗して制作されたものですから、オリジナルはイタリア辺りから輸入されたデザインを、真似して一体化したのがこの「カパラス」かもしれませんね。

古今の東西を問わず、同じような発想は国が違ってもするものなのですね。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 776-1.jpg
イタリアのヴァチカンの市街に多く施工されていた瓦

ファイル 776-2.jpg
山口県岩国の白蛇神社近在のに施工されていた豪商たちが財力誇示に施工したと言われる瓦

ファイル 776-3.jpg
幻の都と言われたポンペイで復元された瓦

                           
ファイル 776-4.jpg
当社が春日部市の菓子工房「オークウッド」に施工した「カパラス」と言う用が綿

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

たかが瓦、されど瓦

2009.08.03 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 たかが瓦、されど瓦
                                                                       
ファイル 270-1.jpg
中国西安の博物館で撮影してきた西周(紀元前1027~771)の瓦が創始された当時の瓦
「外双釘大板瓦」本葺き瓦」原型

ファイル 270-2.jpg
秦の始皇帝時代の瓦(西暦紀元221~206)
云紋瓦当(軒先の瓦に一部)

ファイル 270-3.jpg
秦時代の巴瓦

ファイル 270-4.jpg
古代の瓦当

ファイル 270-5.jpg
昭和43年はじめての海外旅行の韓国慶州にて購入し、釜山の税関で国外持ち出し禁止の出土品を免れた天平時代と思われる瓦当
現在韓国では見受けられなくなっているのだが?。

太陽光を推進しよう会の「 新瓦博士」

****************************************************

瓦にまつわる熟語はあまり良いものはない。
歴史に中で建造物の年代、あるいはどのような経路で
瓦が普及していったか。

そんな中で新聞等のメデアの歴史考証に
役立っているにもかかわらず、のけもの扱いされ
「瓦解」「瓦礫」、まずこの言葉が代表格だ。

おとぎ話の「花咲じいさん」で意地悪じいさん「ここ掘れワンワン」出てきた物は「瓦」の欠片・・・・・。

「瓦釜雷鳴」(がふらいめい)ぼんくらなのにおべっか使って
     重職についたような人を指すそうです。

「瓦裂」瓦が粉々になるように戦国時代のように乱世になる
    こと。
「瓦合」自分の考えを持たず、他人の考えに賛同し、童話の蝙蝠の    ような行動をとる人
「「瓦全」無駄な人生を送る人

どうしてこんな言葉しかないのだろう。
悔しくて仕方がない。
まして、最近は瓦は重くて、大地震の時 圧死するなんて
マスコミが囃し立てるものだから
我々業界人は、いま、瀕死の状態。

川口市の「たたら祭り」の埼玉県瓦工事業組合での
アンケート、「将来性がない」に○ついているの見たときには
がっかりしたね。
御世辞にも「そこまでこき下ろさなくても」・・・・・。

自分の孫たちがどう思っているか、心配だね。

日本でも瓦の歴史は蘇我馬子が建立した飛鳥寺が最初と言われ、
今の韓国、当時の百済から3人の瓦博士によって
伝来したのです。

現在、法隆寺などで現存しております。
古い話ですが、中国の西安に行ったときです。
秦の始皇帝が阿房宮を建立した前の西周の時代に
すでにあったことが「西安博物館」で撮影した写真からも
解ります。

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>