Calendar

<< 2018/2  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

記事一覧

FRPのカルカルーフは勾配が緩く、ベランダがあるところの屋根に最適な屋根材です。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

2010.12.30 (木)

 http://blog.with2.net/link.php?720512                                         
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
連絡は0120-58-9901 または0480-58-0301
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
FRPのカルカルーフは勾配が緩く、ベランダがあるところの屋根に最適な屋根材です。『久喜の瓦屋さん雨漏り奮闘記』太陽光発電(ソーラー)もやってるよ。

さいたま市浦和区
K・H邸
既存 瓦棒トタン屋根
勾配 1/10
ベランダあり。

カルカルーフ、すごいですよ。軽量でしかも乗用車が乗っても割れない強度、しかも、ビスで止めて、風速60m/秒のも耐えるのです。

もっとすごいことには、ベランダ下の既存雨押え板金に納めやすいことです。

どこに乗っても割れの心配がないのは、工事をする者にとって
楽な材料です。

特に、ベランダなどの重量物を載せるときはなおのことです。
しかも、波形の為断熱効果は満点です。
FRPの基材も、雨音を静かにしてくれます。
難点は少しお値段がよいことです。

でも、ベランダがあって、勾配が緩やかな時は、ほかの屋根材と相見積になっても強みを発揮します。

相対的に見て、安いという事につながります。
お客さんに取って、相対的に、価格、断熱、遮音、耐震性に優れているから選ばれるのです。

また、施工側にとっても、結局施工性がよくなることなのです。
結果は、屋根を選べば、価格的に見ても安いという事になります。

何が安くてよいかは、お客様の判断にゆだねるしかありません。
我々施工側が、どの屋根にはどの屋根材を使うか選択、提案して
理解を頂く。これが原点と思っております。

それには、商品知識、施工体制、供給体制の完備が問われるのです。

カルカルーフは軽い・耐震性の向上、遮音性、断熱性に優れた屋根材です。

TEL0480-58-0301
ご連絡お待ちしております。

ファイル 746-1.jpg
瓦棒金属屋根のカッパの芯木が結露の為腐食しております。

ファイル 746-2.jpg
瓦棒の芯木を新しいタルキと交換致しました。

ファイル 746-3.jpg
結露防止と金属の電蝕の反応を避けるため23kGの防水紙を全面に敷き込みました。


                           
ファイル 746-4.jpg
カルカルーフの軒先を施工している様子です。

ファイル 746-5.jpg
ベランダ下も楽々施工が出来ました。
工事完了です。

太陽光を推進しよう会の「新瓦博士」
当社ホームページはhttp://www.ogiya.co.jp です。
クリックしましょう。
太陽電池モジュールは寿命が長くて、お得ですよ。

連絡先は
FD 0120-58-9901 

N邸 埼玉県加須市 補修工事⑥

2010.02.01 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 
 N邸 住所埼玉県加須市 
1:修理工事概略 補修による対応(できる範囲) 
2:問題点 鬼瓦の落下、屋根の経年劣化、雨漏り、瓦棒屋根の錆、波板の劣化等
3;一寸工夫の一言 雨漏り箇所のみ葺き直しました。  
4:こんな驚きありました。 なし                                                                     
ファイル 363-1.jpg カルカルーフ本体瓦を施工後に面戸と防腐剤入り貫板を施工
ファイル 363-2.jpg 雨抑え板金を施工後に上屋の防水紙を延長

ファイル 363-3.jpg 上屋の陶器瓦を復帰
ファイル 363-4.jpg 完成

 

屋根工事職人ルーフ

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。

N邸 埼玉県加須市 補修工事⑤

2010.01.25 (月)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 
 N邸 住所埼玉県加須市 
1:修理工事概略 補修による対応(できる範囲) 
2:問題点 鬼瓦の落下、屋根の経年劣化、雨漏り、瓦棒屋根の錆、波板の劣化等
3;一寸工夫の一言 雨漏り箇所のみ葺き直しました。  
4:こんな驚きありました。 なし                                                                     
ファイル 357-1.jpg 既存瓦棒にかかった波板と垂木を撤去
ファイル 357-2.jpg 上屋の陶器瓦撤去

ファイル 357-3.jpg 防水紙を施工

ファイル 357-4.jpg カルカルーフ軒先瓦を施工

 

屋根工事職人ルーフ

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。

W邸 埼玉県加須市 カルカルーフ重ね葺き②

2009.12.30 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 
W邸 住所 埼玉県加須市
1.葺き替え工事商品名 カルカルーフ
2.瓦の特徴 A.断熱性に優れている B.高耐久性
C.世界遺産で使用されている屋根材
D.呼吸をする屋根材、結露を起こさない
E.高強度
Fデザイン性に優れている。和風.洋風.プロバンス風が有ります。
G欠点はちょっと重いことかな。重量感ありますが。
3.一寸工夫の一言 下屋の雨押え板金を施工するために、上屋の軒先瓦を取り外し及び復帰工事をしました。 
4.こんな問題がありました。 軒先の垂木が腐食していた為、約45cmの長さを交換しました。
                                     
ファイル 344-1.jpg
本体瓦を施工及び上屋の軒先瓦を撤去
ファイル 344-2.jpg
雨押え板金を施工

ファイル 344-3.jpg
上屋の軒先瓦を復帰

ファイル 344-4.jpg
完成

ファイル 344-5.jpg
軒天を張替え
屋根工事職人ルーフ

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。

W邸 埼玉県加須市 カルカルーフ重ね葺き

2009.12.30 (水)

http://blog.with2.net/link.php?720512
上記アクセスをクリックしていただけるとブログ掲載の励みに成ります。宜しくお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  雨漏り奮闘記 
W邸 住所 埼玉県加須市
1.葺き替え工事商品名 カルカルーフ
2.瓦の特徴 A.断熱性に優れている B.高耐久性
C.世界遺産で使用されている屋根材
D.呼吸をする屋根材、結露を起こさない
E.高強度
Fデザイン性に優れている。和風.洋風.プロバンス風が有ります。
G欠点はちょっと重いことかな。重量感ありますが。
3.一寸工夫の一言 下屋の雨押え板金を施工するために、上屋の軒先瓦を取り外し及び復帰工事をしました。 
4.こんな問題がありました。 軒先の垂木が腐食していた為、約45cmの長さを交換しました。
                                     
ファイル 343-1.jpgW邸 全景

ファイル 343-2.jpg軒先の垂木が腐食していました。

ファイル 343-3.jpg軒先の垂木を交換

ファイル 343-4.jpg防水紙(カットルーフィング)を施工

ファイル 343-5.jpg軒先瓦を施工
屋根工事職人ルーフ

当社ホームページは
http://www.ogiya.co.jp/です。
クリックしましょう。

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>