Calendar

<< 2018/9  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事一覧

お伊勢参り

2017.03.22 (水)

自民党の東京都連は小池新党「都民ファースト」と対決姿勢を鮮明したのです。
小池のおばちゃん大将は何が何でも「石原前都知事」を悪者にしたんですね。
豊洲は科学的検証では地上部は安全宣言をしましたが、小池のおばさんは納得しませんね。地下が市場になるわけでないのですが、諮問機関は政治判断は別とふてくされておりますね。

瓦も同じで1400年の歴史があるのに重いというだけで、瓦はダメと同じですね。歴史にさらされ、100年後に見直されることでしょう。

++++++++++++++++++++++++++++++

屋根の施工・住まいの点検・鬼瓦の色々・世界の瓦屋根のフォット・ガイドイン工法・全国瓦工事連盟・埼玉瓦工事組合連合会の活動・見ても面白い写真集があります。ぜひご覧ください。
ファイル 1687-1.jpg
伊勢神宮;外宮の鳥居前で光子

ファイル 1687-2.jpg
伊勢神宮の外宮外観

ファイル 1687-3.jpg
奉納の弧も掛けのお酒

ファイル 1687-4.jpg
清めの水屋で手を清める光子

ファイル 1687-5.jpg
繁盛するおかげ横丁

氷雨降る熊野古道と最南端の潮岬と橋杭岩

2017.03.21 (火)

100条委員会、ストリーありきの感がして、百選錬磨の石原さんを攻めきれなかったですね。

卸売業者は過去より未来を見据えてくれ。そんな意見ですが、これだけ風評を悪化させては、問題があって、豊洲は難しいですね。

石原さんも、小池さんに不作為の問題を提起してます。オリンピックのカヌー競技場の問題も元のさやに納まり、これも、迅速さをを欠きました。

石原さんと小池さんは、選挙の因縁ですかね。オリンピックの選手村への道路、どうなるのでしょうか。
線も可委員会の結論は地上の市場は問題なしの結論ですが。科学根拠より政治問題ですね。

************************************************************

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

ファイル 1686-1.jpg
那智の滝と那智神社

ファイル 1686-2.jpg

雨の中の熊野古道

ファイル 1686-3.jpg
バス停付近の熊野古道。
杉木立でないと絵になりません。
平安時代から信仰の場所で神社と仏教の神仏混交です。

ファイル 1686-4.jpg
何も見えない風のすさぶ潮岬灯台。

ファイル 1686-5.jpg
どんより曇った橋杭岩。かってトルコ海軍が嵐に遭遇して、村人たちが必死になって乗組員を助け、オスマントルコまで届けたのです。

その恩返しに、イラン・イラク戦争状態になった時48時間以内にイラン在住外国人に対しフセインは48時間以内に国内退去命令を下したのですが、日本人は、自国民を助けるためにどこの国の飛行機も満員で乗ることができず、パニックになったのです。

日本尾官邸の危機管理の欠如で民間の航空会社は拒否、日本射特別機もなく万事休すの時のトルコ航空機が飛来し、1時間15分前にイラク国内を脱出、216名は救助されたのです。
100年前の恩返しを忘れなかったのです。
トルコの歴史の教科書には掲載され、トルコの国民は皆知っているのです。知らないのは日本人だけですって。

夜のイスタンブールの城壁を散歩しているときに日本人かと聞かれ「そうだ」と答えると歓迎され、光子と5人で野外パーテェイをして、親交を深めたのです。

弁恵像とナデシコJapan

2017.03.20 (月)

ファイル 1685-1.jpg

熊野三山のお土産店
元旦から7日経ってるからでしょうか、観光客がいませんでした。

ファイル 1685-2.jpg

この熊野で義経と逃亡中、兄頼朝の軍に敗れたそうな。
元々熊野の別当とか。でも、私たちは、平泉の北上川の古戦場で立ち往生のまま亡くなり、義経を逃亡させたと聞いていたのです、どっちが本当なんでしょうね。

吉野方に逃亡したことも聞いております。
謎が多いですね。昔のことは・・・・。

また、高貴な人は、逃亡の先々で庄屋が匿り、娘に褥を灯しさせた話なども読んだことがあります。

ファイル 1685-3.jpg
弁慶の話

ファイル 1685-4.jpg
今までナデシコジャパンは東京の熊野3社に祈願をしておりましたが、
今回は和歌山県の熊野3山と2神社を訪れ、祈願の効用があったのか優勝を果たしのです。そのためのモニュメントです。

ファイル 1685-5.jpg
山門より参道を望む。ヤタガラスの建て幕ですね。3本脚のアルカラスで、今ではサッカーの神様とか。

熊野3社神社の初詣

2017.03.19 (日)

かっての熊野への車で行くことはは難儀で、奈良からつづら折りの山岳道路を株式会社オオギヤの社員旅行で40年前へに言ったのです。

暗くなり熊野に行けず、途中、山間の旅館「十津川温泉」と思われる宿に泊まりました。何もなかったのですが腹が減って沢山ご飯をを食べ、、沢蟹のから揚げのおいしかったことが浮かんできました。

今は、どこに行っても、マグロの刺身と牛野焼き肉が出てきます。
旅の本当の味が無くなりました。

朝は、バイキングが定番になり代り映えが致しません。
だ日本を代表する姫路城が兵庫県瓦工事組合の団結によって、屋根の葺き替え工事が完工しました。そして、普段見ることができない瓦工事の職人さんたちの作業風景をタワーの中から見ることができたのです。そして、あの白鷺城のイメージになって、観光客が急増したのです。これが和瓦の持ついぶし銀と漆喰の白の融合なのです。空を飛ぶ白鷺のように優美な姿を取り戻したのです。そこには、瓦葺き師の職人さんたちと和瓦のコラボなのです。
和瓦が持つ日本文化の粋なのです。
日本の瓦屋根。瓦万歳。 久喜・蓮田・白岡・幸手・加須・宮代・伊那・古河のみなさんよろしく。

==============================

右側上の扇谷フォトアルバム「国内旅行」「海外旅行」もご覧ください。
素敵な写真が沢山ありますよ。

************************************************************

 本宮の主神は、家都美御子大神(けつみみこのおおかみ。家都御子大神(けつみこのおおかみ)とも)。
 新宮の主神は、熊野速玉大神(くまのはやたまのおおかみ)と熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ)の2神。
 那智の主神は、熊野夫須美大神。

 新宮と那智の主神である熊野夫須美大神は、熊野牟須美大神(くまのむすびのおおかみ。「牟須美」は「結」とも書かれます)ともいいます。

 家都美御子大神・熊野速玉大神・熊野夫須美大神。この三神を熊野三所権現といい、熊野三山のいずれの社もこの三神を祀っています。
 それぞれの主神を相互に祀りあうことによって、三社は連帯関係を結び、熊野三山となったのでしょう。

 熊野の祭神の史料上の初見は、『新抄格勅符抄(しんしょうきゃくちょくふしょう)』に載せられた大同元年(806。平安時代初め)の文書だそうです。そこには奈良時代の天平神護2年(766)に、速玉神と熊野牟須美神にそれぞれ4戸の封戸(ふこ)が与えられたと記されてあるそうです。
 封戸とは国が貴族や寺社に与えた俸禄で、指定された戸が負担する租の半分と庸調のすべてが貴族や寺社の収入となりました。

 速玉神が新宮の主神であることは明らかですが、問題は熊野牟須美神。

 平安時代中期の全国の主要な神社を列記した『延喜式神名帳(えんぎしき・しんめいちょう or じんみょうちょう。これに記載された神社を式内社(しきないしゃ)と呼びます)』に、本宮は熊野坐神社(くまのにますじんじゃ)として、新宮は熊野速玉神社として記載されていますが、那智の名はありません。
 『延喜式神名帳』に名のない那智は奈良時代や平安時代初期には、おそらく神社ではなく、山岳宗教の行場として認識されていたのでしょう。

 そう考えると、この記事は、新宮(熊野速玉神社)の主神である速玉神と熊野牟須美神のそれぞれに4戸の封戸が与えられた(つまり合わせて8戸の封戸が新宮に与えられた)と読むことができると思います。

 上記の説の他に、新宮の主神と那智の主神にそれぞれ4戸の封戸が与えられたのだとする説や、熊野牟須美神はじつは本宮の主神で、新宮の主神と本宮の主神にそれぞれ4戸の封戸が与えられたのだとする説もありますが、私は先に述べた新宮の二神にそれぞれ4戸の封戸が与えられたのだとする説がもっとも妥当だと思っています

ファイル 1684-1.jpg
熊野速玉神社

ファイル 1684-2.jpg
日本全国の熊野神社の双元締めの熊野本宮

ファイル 1684-3.jpg
熊野権現

ファイル 1684-4.jpg
熊野権現社で光子 

ファイル 1684-5.jpg
熊野権現者社で私

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>