Calendar

<< 2019/7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

函館の夜景とハプニング

2019.07.06 (土)

 3度目の函館です。日本三大夜景の一つでです。藻岩山から見る夜景は、長崎、神戸、北九州市の夜景に比ではありません。
 すごい夜景を堪能し、バスに戻りました。しかし、N夫妻の姿がありません。30分ぐらい待ったでしょうか。戻ってきたのです。美しい夜景に時間の過ぎゆくのを忘れたのでしょう。ところがです、一緒に北海道の旅を楽しんでいたT夫妻の甲高い声だと思うのですが「土下座して謝りなさい」と言いすぎた声が飛んで、N夫妻はバス内で土下座して謝ったのです。どんな気持ちか推察するしかありません。悔しかったでしょう。

 今は、故人になっている靴屋の爺さん、Hさんです。昭和29年9月戦後最悪の洞爺丸海難事故の話です。彼は、殺人の罪でムショ帰りでした。
 戦争中は海軍に配属されて水泳は得意だそうです。台風の予測が外れた洞爺丸の船長は青空が出ていたので波は時化ていましたが5時間遅れで函館港を出港したのです。台風は時速100kで長万部近くを行ってると気象台の発表を信じたのです。ところが台風は、青函海峡にいたのです。
 洞爺丸を含め5隻の船舶が沈没、座礁で1500名近い死亡者を出したのです。洞爺丸だけで1155名の死者を出したのです。船内は地獄さながらとです。そんなニュースをラジオで聞いた記憶があります。

 函館の夜景は女性夜景デザイナーの作で一躍有名になったのです。
函館は、金森倉庫群の周辺の大通りが観光スポットで粋なお土産店がありウインドー・ショッピングに最高です。
 一度旅の夜風に吹かれるのも爽やかなです。
 

夜明け前「開陽丸」と最後の戊辰戦争(函館戦争)

2019.07.06 (土)

 榎本武揚は幕府の命を受けてオランダに留学し、国際的な海洋法規を学び帰国しました。海軍の必要性と軍艦建造を奏上したのでした。
 15代将軍鳥羽伏見の戦いで負けて江戸へ逃げ帰り、天皇に対して帰順の意志を示してしていたのです。
 それを不満とする奥州列藩同盟の伊達、上杉、津軽、会津は交戦の意志でした。交戦を好まぬ慶喜は、上野寛永寺で謹慎蟄居の身でした。

 それ以前に榎本武揚は、軍艦建造をアメリカに打診していましたが南北戦争の最中で其れどころでなく断られ、留学先のオランダに発注したのです。
その後の海戦では、開陽丸は艦砲射撃では薩長軍の艦砲射撃の2倍で3回の海戦で強さを発揮したのです。山形の戦いで敗北した幕府軍は、開陽丸で蝦夷地に向かい、折からの台風のシケで座礁したのです。
 松前藩を守備していた薩長軍の兵士を追い出し、抜け殻の西洋式五稜郭を最後の陣地として、当時蝦夷地に置かれていた領事館、大使館に対し、選挙で選ばれた榎本武揚を大統領とした、蝦夷共和国が出来たのですが、薩長軍は認めず函館戦争になったのです。

 函館政権は、総裁を榎本武揚、陸軍奉行を大鳥圭介、歩兵第4連隊長に土方歳三が任命されたのです。
 しかし、内部は一枚岩ではありませんでした。国名は蝦夷共和国と呼び、公用語は、日本語、アイヌ語を定めました。
 薩長軍は黒田清隆をトップに7か月及ぶ戦争終結し、土方歳三、大鳥圭介は激戦の末に討ち死にしたのです。榎本武揚も自決を覚悟し、敵将の黒田清隆に海上国際法の万国海律全書を送ったのです。
 黒田清隆は、武揚を明治政府の外相・逓信大臣・文部大臣などの要職につけたのです。また、榎本は飯田橋の地に東京農大設立したのです。榎本は1908.10月72歳で亡くなったのです。